できます。むしろキャッシングを使わない方は、トラブル防止のために「キャッシング機能を無効」にしておいても良いでしょう。

そもそも「キャッシング機能」とは、クレジットカードに付帯した「ATMからお金を借りる機能」。よく分からないけれど、はじめから付いていたというケースも多いかもしれませんが、設定した「キャッシング枠」の上限まで、お金を借りることができます。

そんなカードをもしも落としてしまったら・・・悪い人に拾われれば即座に「キャッシング枠」の上限額(30万円、50万円…)まで引き出され、盗まれてしまうかもしれません。

もちろん「暗証番号」が分からないとキャッシングは出来ません。しかし万が一、暗証番号がばれて借りられてしまった場合には「盗難保険ではカバーできないケース」もあります。これはとても恐ろしいですね。

さて、キャッシング機能はとても簡単に無効にできます。クレジットカード会社に電話をして「キャッシング枠を無効にしたい」と伝えてください。たったこれだけなので、キャッシング機能を使わない方はぜひやってみてください。

なお、新規カード発行時に「キャッシング枠 0円」が選べる場合はこちらを選択しておきましょう。そうすれば、キャッシング枠を無効にするために電話をかける手間も省けます。

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第22回 三井住友VISAデビュープラスカード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード