SuMi TRUST CLUB プラチナカードには、「外貨盗難補償保険」という保険が付帯されています。海外旅行害保険やショッピング保険などはよく目にしますが、この外貨盗難補償保険という文字は、なかなか他のカードではお目にかかれないサービスですね。

外貨盗難補償保険とはその名のとおり、SuMi TRUST CLUB プラチナカードの会員が海外旅行のために日本を出国してから海外より入国するまでのあいだ(出国日から90日目の午後12:00までが限度)に、会員がもっている外貨通貨が盗難にあった場合、そのお金を三井住友トラストクラブが補償してくれる……という保険のことを指します。この保険はカードの会員であれば自動的に適用されるので、旅行に行く前になにか特別な手続きをしておく必要はありません。保険が適用される期間は毎年7月1日から翌年6月30日までなので、このあいだに海外旅行に行くのであれば問題ありません。

なおこの外貨盗難補償保険の補償限度額は10万円、自己負担額は5千円です。補償の対象はあくまで外貨通貨のみなので、日本円やトラベラーズチェックは除外となります。保険の対象とならないケースは、会員の故意で外貨を失くした場合、また戦争や暴動に起因する損害、国または公権力の行使に起因する損害、紛失または置き忘れ、火災地震噴火といった災害による損害、詐欺または横領に関する損害です。

外貨を盗まれた場合の保険金の請求方法ですが、保険の対象となる事故が発生したら、会員は帰国後すみやかに東京海上日動事故受付デスクに電話し、事故にあったことを連絡しましょう。後日、保険会社より保険金請求書が送られてくるので、保険金請求に必要な書類(保険金請求書、盗難届出証明書、その他の関係書類)を同封して返送しましょう。(警察で盗難届出証明書を発行してもらっていない場合は盗難届受理番号が必要となります)

海外旅行に行くときは、クレジットカードをメインで利用している方でも、やはり多少の現金はお財布に入れて持っておくケースが多いと思われます。日本に比べて海外は圧倒的にスリや盗難の被害が多いので、油断していると大事なお金を奪われてしまいかねません。現金の盗難は証明が難しいので、万一事故に遭ったさいも諦めて泣き寝入りしてしまう方もいるでしょう。しかし、この保険があれば、たとえ10万円近いお金を盗まれてしまったとしても、5千円の自己負担のみで残りのお金がすべて返ってきます。海外旅行に頻繁に行く方にとっては、非常に心強い保険ではないでしょうか?

この外貨盗難補償保険だけではなく、SuMi TRUST CLUB プラチナカードには、海外旅行の「もしも」の事態をしっかりサポートしてくれる「緊急アシスタントサービス」なども付帯されています。現地での緊急事態に海外主要51都市対応のネットワーク網でサポートしてくれるこのサービスは、不慮の事故やケガや病気、携行品の紛失・盗難などのトラブル、現地警察や医療機関への取り次ぎなどをカード会社の方でやってくれます。なので、たとえトラブルにあってしまい、英語が喋れず警察などにうまく状況や被害を説明できなくても、アシスタントサービスに連絡をすれば安心です。すべてがっちりサポートしてくれることでしょう。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード 詳しくはこちら

至高のサービスが備わるプラチナカードのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリの至高のサービスが備わるプラチナカードが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

今週の人気記事TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!