2017年1月4日より、国税がインターネットで納付できるようになりました。クレジットカードで各種税金の支払いができる「国税クレジットカードお支払いサイト」は、GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)とトヨタファイナンスが提携して作った決済処理サービスです。サービス開始は2017年1月4日8時30分からとなっています。

ネット納税ではクレジットカードを利用するため、支払い額に合わせてポイントの付与が期待できます。しかし一方で、決済手数料など注意すべき点もあります。そこで今回は、注目のサービス「国税クレジットカード支払いサイト」についてどこよりも詳しく解説したいと思います!

「Yahoo!公金支払い」よりも広く対応、払える税金も多い

ネットの利便性を活かした支払いサービスはすでに存在します。たとえば「Yahoo!公金支払い」では自動車税、軽自動車税、固定資産税、住民税など一部の税金が払えます。ただし対応しているのは主に地方公共団体の支払いです。

しかし「国税クレジットカードお支払いサイト」はほぼすべての税目に対応!

限定的な支払いしかできない「Yahoo!公金支払い」に対して「国税クレジットカードお支払いサイト」ならほぼすべての税目が支払いに利用できます。「申告所得税(および復興特別所得税)」をはじめ「法人税」「消費税及び地方消費税」「贈与税」「酒税」なども含まれます。

ただし「源泉所得税(および復興特別所得税)の告知分以外」と「源泉所得税の告知分以外」については、2017年6月からスタート予定ですので、ご注意ください。

(告知分とは、国税通則法第36条の規定により、税務署長が行う納税の告知を指します。たとえば不納付の源泉所得税に加算税や延滞税を加え、税務署長が納期限を定めた通知をすることが「告知」です。つまり納期限内の納付は自主納付分といって告知分ではないということです)

「国税クレジットカードお支払いサイト」で支払える税目
申告所得税及び復興特別所得税
消費税及び地方消費税
法人税
地方法人税
相続税
贈与税
源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
 源泉所得税(告知分のみ)
申告所得税
復興特別法人税
消費税
酒税
たばこ税
たばこ税およびたばこ特別税
石油税
石油石炭税
電源開発促進税
 揮発油税及び地方道路税
 揮発油税及び地方揮発油税
石油ガス税
航空機燃料税
登録免許税
自動車重量税
印紙税


なお、ほぼ全てのクレジットカードが使えます。具体的には、Visa、JCB、マスターカード、アメックス(American Express)、ダイナース、TS CUBIC CARDなど主要国際ブランドが網羅されています。これらのクレジットカードで1,000万円未満まで納付が可能です。

「国税クレジットカードお支払いサイト」から税金を払うメリット

・自宅で税金が支払える!

「国税クレジットカードお支払いサイト」を利用すれば、納税のために銀行やコンビニに足を運ぶ必要がありません。無駄な時間をはぶけます。

・税金額に合わせてカードのポイントが付く!

クレジットカードを使えば、納税額に応じたポイントが付与されます。この点は陸マイラーの方(カードによるショッピングなどでマイルを貯める方)などにも嬉しい点です。

・分割払いやリボ払いができる!

「国税クレジットカードお支払いサイト」を利用すれば、クレジットカードの「分割払い」や「リボ払い」も利用できます。金利手数料がかかるためおすすめしませんが、財政が厳しいときなどにこういった支払い方法が選択できる点はメリットのひとつです。

決済手数料は税額1万円まで82円。税額が1万円増えるごとに82円加算!

「国税クレジットカードお支払いサイト」は便利なサービスです。しかし「決済手数料」がかかることを忘れてはいけません。サイトを利用して納税すると「1万円で税込82円(0.82%)」の手数料がかかり、税額が1万円増えるごとに82円加算されます。

つまり還元率1%のクレジットカードで支払うと、実際の還元率は「0.18%程度」(1%—0.82%)となるのです。仮に100ポイント獲得しても手数料で82円分持って行かれてしまいます。還元率0.5%のカードで支払うと、もらえるポイントより手数料が高くなってしまいます。

「国税クレジットカードお支払いサイト」を利用する際は、必ず「還元率が1%以上のクレジットカード」を使いましょう。

「国税クレジットカードお支払サイト」利用上の注意点

・納付はインターネット上のみ

「国税クレジットカードお支払サイト」という名前通り、国税のクレジットカード納付はインターネット上のみで可能です。金融機関やコンビニエンスストア、税務署の窓口でカード納付ができるわけではありません。すでに口座振替で納付手続きされている方は「口座振替の解除手続」も必要です。

・領収証・納税証明書に注意

「国税クレジットカードお支払サイト」の利用では、領収証書は発行されません。一方、納税証明書はクレジットカード納付で納付済となってから発行可能となります。ただし、発行可能となるまで3週間程度と長めの時間がかかる場合もあります。

・納付手続きの取消し不可

「国税クレジットカードお支払サイト」は、一度納付手続きが完了すると「手続きの取消し」ができません。「やっぱり口座振替に変えたい!」と思っても、手続き後では不可能ですので、ご注意ください。

1%以上の還元率を持つカードで払えばメリットあり

「国税クレジットカードお支払サイト」のメリットは「還元率1%以上のカード」を利用することで得られます。

1万円で82円(0.82%)の手数料が取られますので、還元率1%以上のカードは最低限用意したいと言えるでしょう。実際に納税で付与されるポイントが少ないカードもあるので注意が必要です。一例として「ダイナースクラブカード」は納税に対する還元率を0.5%(2016年8月以降)にしています。「アメリカン・エキスプレス・カード」(アメックス発行全券種。提携カードは除く)も200円につき1ポイント(0.5%還元)です

一方「還元率1.5%以上のカード」のような「高還元のクレジットカード」なら、手数料を差し引いても多くのポイントが手に入ります。現金よりもカード払いのメリットが高いケースです。

たとえば楽天市場に強い「楽天カード」、Yahoo!ショッピングに強い「Yahoo!JAPANカード」、Amazonに強い「Orico Card THE POINT」などは還元率が常に1%の人気の高いカードです。「だけど、年会費がかかれば結局損なのでは?」…そう思う方もいらっしゃることでしょう。しかし「年会費無料」で「還元率1%超」のカードもあります。リクルートカード」「REXカードライト」などは年会費無料にも関わらずなんとつねに「1.2%」もの高還元率を実現しています。

決済手数料がかからないnanaco払いが有利

固定資産税・自動車税など「コンビニ収納代行」で支払える税金は電子マネー「nanaco」でも決済できます。WAONは「200円の利用で1ポイント」ですが、nanacoなら「100円の利用で1ポイント」貯まります。ただし、nanacoには制約があります。

nanacoのチャージ上限は5万円、一カ月のクレジットチャージの限度額は20万円となります。一回の支払いで5万円までしか決済できないことになります。この方法を使えばnanaco一枚で10万円まで支払えるようになります

またセブンイレブンで支払える収納代行は30万円までと決められています。それ以上の金額は、役所(税務署、都道府県、市区町村などの窓口)で納付書を分割してもらう必要があります。

税金が数百万円になる高額納税の方には、nanacoでの支払い方は、納付書の分割やnanacoへの何度かにわたるチャージをするという手間と時間がそれなりにかかるので、高額納税の方はサイトを利用したほうが効率的ではありますが、30万円以下の納税で手間をいとわないなら「国税クレジットカードお支払いサイト」を使うよりnanacoで税金を払ったほうが多くポイントを得られます。

なお、nanaco入会からクレジットチャージ可能になるまで最短で11日かかります。nanacoに入会してから、すぐに多額の税金が支払えるわけでは無い点には注意しましょう。

*詳しくは「nanacoで5万円以上の税金も支払える!さらにクレジットチャージでポイントもらえて得する方法!」 「WAONで税金払える!収納代行でポイントもらう方法!」もチェックしてください。

高額納税は限度額がネックになる

「国税クレジットカードお支払サイト」は、1,000万円まで支払いに対応してします。ただし、1,000万円まで支払いをおこなうには限度額1,000万円のクレジットカードを持っておく必要があります。

年会費無料カードはほぼ全て「限度額が低い」のがネック。高額納税者で「国税クレジットカードお支払サイト」を利用される方は「ゴールドカード」「プラチナカード」が必要とお考えください。

また与信枠が足りない場合は「デポジット(前入金)ができるクレジットカード」を選ぶと良いでしょう。一例では「アメリカン・エキスプレス・カード」(アメックス発行)や「楽天カード」が対応しています。

JAL派に向いているカードはこれ!

納税で貯めるポイントは高ければ高いほどうれしいですが、そのポイントの使い道によって選ぶカードが変わってきます。

とくに「JALマイル」を集めている方は多いでしょう。そこでおすすめなのが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」です。このカードはビジネスカードですが誰でも申し込んで持つことができます。

ショッピング1,000円につき10マイルが貯まり(セゾンマイルクラブに登録した場合/無料)、さらにセゾンマイルクラブ優遇サービスとして「2,000円利用につき永久不滅ポイント・1ポイント」が貯まります。つまり、ダブルで効率よくポイントを貯めることができるので、1,000円利用でトータル11.25マイルももらえる計算になります。実際にデスクに電話をして確認をとったところ、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードを使って国税クレジットカードお支払いサイトで税金を支払えばポイントは満額で付与される」との答えを頂きました。

また、世界の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」に無料登録できます!通常は399米ドルの年会費がかかる「プレステージ会員」に無料でなれるのですから、出張の多い方にとってはかなり魅力的な特典でしょう。年会費は20,000円(税抜)ですが年間200万円利用すれば半額の10,000円まで下がります。JALマイル還元率が高くリーズナブルな年会費でプライオリティパス付き、JALマイルが欲しい方におすすめの一枚です。

ANA派に向いているカードはこれ!

納税でANAマイルが貯まりやすいクレジットカードは「エクストリームカード&ソラチカカード」となります。エクストリームカードはつねに1.5%還元(Gポイント交換時)になるカードです。ショッピング1,000円ごとに10ポイントが付与され、貯まったポイントはJデポかGポイントに交換でき、Gポイントを選ぶと還元率1.5%(2,000ポイント→3,000Gポイント)になる仕組みになっています。ジャックスのデスクに電話確認をしたところ「エクストリームカードで「国税クレジットカード支払サイト」を使うとポイントは満額付与される」とのことです。

エクストリームカードで交換したGポイントをさらにメトロポイントに交換、そのあと「ソラチカカード」でANAマイルに交換します。ソラチカカードではメトロポイントを100メトロポイント→ANAマイル90マイルのレートで交換することができます。手数料もありません。これでANAマイル還元率1.35%です。

エクストリームカードは年会費3,000円(税抜)ですが、前年にカードを30万円利用すれば次年度は年会費無料、ソラチカカードの年会費は2,000円(税抜)です。

(※リーダーズカード・漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードの新規入会受付は現在停止しています)

LINE Payで国税クレジットカードお支払サイトから税金を支払うと2%還元される?

つねに2%還元という驚異の還元率を持つLINE Payカード。このLINE Payで「国税クレジットカードお支払サイト」で税金を支払えば、かなりのポイントが獲得できることになりますが、実際に税金分に対してもポイントが満額で付与されるかどうかはまだはっきりと公式で発表されていません。

LINE Payは電話での問い合わせを受け付けていないため、カード発行元のJCBに電話して確認をしてみたのですが「税金を払った分に対するポイントが付与されるかどうかの詳細はまだわからない」との返答がありました。とはいえ、実際にLINE Payでふるさと納税をしてみてポイントが付与されたという方の声もよく耳にしますので、高確率で付与されることが予想されます。断定はできませんが、もし本当に付与されるなら高額納税での2%還元ですから、LINE Payの利便性がまた上がることになりますね。

(詳細がわかり次第、更新します)

まとめ

納税によってポイントが欲しいのかマイルが欲しいのか、それとも利便性を第一に考えるのか。出口に合わせたカード選びが重要になってきます。とくにマイルに利用価値を感じない方は、還元率が1%以上のカードで支払えば手数料以上のメリットが得られる手堅い選択になります。

収納代行で納められる「小額納税」は nanaco払いのほうが有利にポイントが獲得できるので nanaco で、納税額が高額な方は「国税クレジットカードお支払サイト」が便利です。

なお、地方税を電子マネーを使わずにクレジットカードで払いたい場合は、都道府県別 支払いサイト一覧 (自動車税・軽自動車税・固定資産税・住民税・個人事業税・不動産取得税)にサイトをまとめてあります。


クレジットカードであれも払えるこれも払える

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加