楽天が運営している巨大オンラインショッピングサイト「楽天市場」。登録すれば誰でも簡単に楽天ポイントを貯めることができるサービスです。この楽天市場での決済に皆さん主にクレジットカードを利用していると思いますが、楽天市場での利用で一番お得なカードとは一体どのカードなのでしょうか?

楽天といえばやはり「楽天カード」の名前をよく耳にしますよね。楽天カードは年会費無料で常に還元率1%という持ちやすいカードで、実際に筆者も楽天市場で通販するときに愛用しています。
しかし、まだ楽天カードを持っていない方にとっては「本当にそんなにお得なの?」と疑問に思う方もいるでしょう。今回は楽天カードがなぜ楽天市場での利用において最強のカードと呼ばれているのか、その人気の理由をわかりやすく解説していきます。

楽天市場ではつねに4ポイント還元、最高で7ポイント還元!?

2016年から、楽天では「スーパーポイントアッププログラム」というキャンペーンを実施しています。これは、エントリー不要で、全会員・全ショップが対象となり最大7倍の楽天スーパーポイント付与を受けることができるという内容です。

楽天カードを持っている人はポイント+3倍なので、つねに4%還元となります。
還元率1%のカードで支払った場合は、カードのポイント(1%と仮定)と楽天市場のポイントが二重でもらえることになりますが、それとくらべても、やはりもらえるポイントの量の差は歴然です。

さらに、楽天アプリをダウンロードして、アプリ経由で買い物をすれば+1倍で5%還元、楽天モバイルを利用しているなら+1%で6%還元、楽天プレミアムゴールドカード会員ならそこに+1%でトータルで最大7%還元までアップさせることができます。

このことから、楽天市場内や楽天系列での決済においては楽天カードの右に出るものはない、まさに最強のカードだと断言できます。

SPUについてはこちらでも詳しく触れていますので、最高7%還元についてもっと詳しく知りたい方はこちら(楽天市場では最低でも4%還元になる楽天カードがやはり最強です)をどうぞ。

楽天カードはこういう時に使おう!

rakuten-04

楽天カードの魅力は楽天市場内でのポイント還元率が高いという点だけではありません。楽天カードを持っていれば、楽天カード会員限定の特典を受けることができるのです。以下に、楽天カード会員しか使えない楽天でのサービスを紹介していきます。

楽天カードの「ポイント加盟店サービス」が利用できる!

楽天では楽天カード保有者向けに用意されたポイント加盟店サービスがあります。ここに記載されているポイント加盟店で楽天カードを利用すれば最大でポイントが3倍で付与されます。加盟店数はそれほど多くありませんが、大きな所だとエネオス、コナカ、アリさんマークの引越しセンターなどでこの特典を活用できます。エントリーなども不要です。

ダイヤモンド会員になる権利は楽天カード保有者のみ

楽天カードを保有していて、なおかつ楽天市場でのランク制度における条件を満たしていれば「ダイヤモンド会員」になることができます。シルバー、ゴールド、プラチナランクには楽天カードを持っていなくてもなれますが、ダイヤモンド会員だけは楽天カードを持っていなければなれないランクです。

ちなみにダイヤモンド会員になるには過去6ヶ月の獲得ポイント数が4,000ポイント、かつカード利用回数30回という条件を満たすことが必要です。しかしダイヤモンド会員になれば、誕生月に700ポイントが貰えたり、ダイヤモンド会員専用の優待クーポンが毎月配布されたりします。ダイヤモンドランクを一年キープすれば、抽選でプレゼントが当たる企画も用意されています。

ポンカンキャンペーンでポイントアップ!

楽天では、楽天カード会員が楽天系列のサービスを2か月で3つ以上利用すると、ポイントが倍増する「ポン!カン!!キャンペーン」を常時行っています。対象は「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」「楽天GORA」「ケータイ版楽天市場」の5サービス。2か月の間に、これらのサービスのうち3サービスを利用すると、楽天グループの買い物時にもらえる「通常獲得ポイント」(100円につき1ポイント)が2倍の2ポイント(2円相当)になり、これに楽天カード利用時の特典3ポイントを足すと、100円につき合計5ポイント(4円相当)もらえることになります。さらに4サービスの利用で3倍、5サービス全ての利用で4倍になります。倍になる対象は、期間中に各サービスの利用で得たポイントのすべてです。

このように、楽天カードを持っていれば楽天カード会員限定の特典を利用できるので、楽天市場利用者はやはり楽天カードを持っておくと色々とお得です。

楽天カードと高還元カードを2枚持ちで使い分ける

rakuten-05

楽天カードは楽天内で使うぶんにはまず間違いなく最強です。しかし、楽天以外でのお買い物では最強というわけではありません。基本1%還元なので決して低くありませんのでメインカードとして使ってもなんら問題はありませんが、楽天市場以外での決済は楽天カードにこだわらず他の還元率1%以上のクレカで行ったほうがお得な面もあります。使い方としては「楽天市場などの楽天系列では楽天カードで決済し、それ以外の時は還元率1%以上のカードで決済する」という方法が一番効率的だといえます。

また楽天カードはETCカードの年会費が有料(525円)なので、ETCを利用するなら年会費のかからないETCカードを作ることをおすすめします。

楽天市場以外での利用におすすめ還元率1%以上のカード

楽天市場以外での利用におすすめの高還元率カードを以下に並べていきます。持ちやすいカードはやはり年会費無料のものですが、年間利用額によっては有料を選んだほうがお得なケースもあります。

年会費無料で1.2%還元!リクルートカード

リクルートカードは年会費無料で常に1.2%還元という高還元率カードです。それだけでも充分魅力的ですが、さらにその魅力を倍増させる素晴らしい特長があります。それは、nanacoチャージ(JCB、VISA、MasterCard)とEdyチャージ(VISA、MasterCard)におけるチャージ利用分にもポイントを満額付与している、という点です。またリクルートポイントはポンタポイントに移行できるので、ローソンなどで現金代わりに使うこともできます。

  • 年会費無料でいつでもどこでも1.2%還元。
  • 貯まるのはリクルートポイントだが、ポンタポイントなどに移行できる。
  • B、VISA、MasterCardならnanacoチャージポイントが貯まり、VISA、MasterCardならEdyチャージポイントが貯まる。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • 最高200万円のショッピング保険が付く。

 リクルートカード

1.25%還元!年会費無料のREX CARD

REX CARDはいつでもどこでも基本還元率1.25%。年会費は無料です。REX CARDでは「2,000円の利用ごとに30ポイント付与」なので、1,500ポイント貯めるには、有効期限2年以内に10万円分のカード利用をすればいいという計算になります。

  • 年会費無料でいつでもどこでも1.25%還元。
  • 1,500ポイントごとに1,500円のキャッシュバック。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • カード到着後三ヶ月内の利用額に合わせて最高3,000円分のJデポがプレゼントされる。

 REX CARD

リクルートカードとREX CARDはともに年会費無料なので持ちやすく、さらに還元率は楽天カード以上です。ポイントは沢山欲しいけどカードに年会費は払いたくない!という方向けです。

またREXカードは、還元率こそずば抜けて高いですが年会費ありです。しかし、REXカードに関しては年間で50万円、つまり月に4万1,700円ほど利用すれば次年度無料になります。ハードルは決して高くありません。年間50万円以上利用が確実な方にとっては有力な候補です。

また1年のショッピング利用額が10万円以下なら年会費無料のリクルートカードのほうが向いています。

楽天では楽天カード、それ以外は還元率1%以上のカードと使い分けて、できる範囲の高還元をキープしたポイントを無駄なく収集していきましょう。


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加