rakuten-01

楽天が運営している巨大オンラインショッピングサイト「楽天市場」。登録すれば誰でも簡単に楽天ポイントを貯めることができるサービスです。この楽天市場での決済に皆さん主にクレジットカードを利用していると思いますが、楽天市場での利用で一番お得なカードとは一体どのカードなのでしょうか?

「楽天市場で使うならそりゃ楽天カードが一番お得でしょ!」という答えが多いかもしれませんが、実は、一概にそうとも言い切れないのです。楽天カードは年会費無料で常に還元率1%という持ちやすいカードで、実際に筆者も楽天市場で通販するときに愛用しています。しかし最近は、年会費無料で還元率1%以上のカードが続々と登場し、楽天市場での利用に関して楽天カードがもっともお得!とは言い切れなくなりました。

またよく「楽天カードなら楽天でポイント2倍!」という広告を目にしますが、この文には少しトリックがあります。ここで言うポイント2倍というのは、カードのクレジットポイントが2倍になるわけではなく「カード利用分1%+楽天市場利用分1%」という内訳で2倍という言葉を使っています。つまり、別に楽天カードを使わず他のカードを使ったときでも楽天市場利用分1%は貯まるので他カードでも2倍は簡単に実現できるわけです。

そのため楽天市場で楽天ポイントを有利に稼ぐ方法のひとつとして、今回は「楽天カード以外の還元率1%以上のカードでも楽天市場でお得にポイントをゲットできる」という方法を紹介していきます。すでに楽天カードを持っていても、もう1枚カードを組み合わせることによってお得の幅はぐんぐん広がっていきますのでぜひ目を通してみて下さい。

楽天市場での利用におすすめ還元率1%以上のカード

rakuten-02

まずは楽天市場での利用におすすめの高還元率カードを以下に並べていきます。持ちやすいカードはやはり年会費無料のものですが、年間利用額によっては有料を選んだほうがお得なケースもあります。

年会費無料で1.2%還元!リクルートカード

リクルートカードは年会費無料で常に1.2%還元という高還元率カードです。それだけでも充分魅力的ですが、さらにその魅力を倍増させる素晴らしい特長があります。それは、nanacoチャージ(JCBブランドのみ)とEdyチャージ(VISAブランドのみ)におけるチャージ利用分にもポイントを満額付与している、という点です。またリクルートポイントはポンタポイントに移行できるので、ローソンなどで現金代わりに使うこともできます。

  • 年会費無料でいつでもどこでも1.2%還元。
  • 貯まるのはリクルートポイントだが、ポンタポイントなどに移行できる。
  • JCBブランドならnanacoチャージポイントが貯まり、VISAブランドならEdyチャージポイントが貯まる。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • 最高200万円のショッピング保険が付く。

 リクルートカード

貯まったポイントはキャッシュバック!1.25%還元のREX CARD Lite

年会費無料カードの中ではトップの1.25%という還元率を実現したREX CARD Lite。年会費有料とREX CARDに付帯している旅行傷害保険と同じサービスが、REX CARD Lite にも付いています。また、貯まったポイントはJデポといってカード請求額からキャッシュバックとして引かれる仕組みになっているので、とても便利です。

  • 年会費無料でいつでもどこでも1.25%還元。
  • 1,500ポイントごとに1,500円のキャッシュバック。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • 「モバイルSuica」と「SMART ICOCA」のチャージで1.25%還元。
  • カード到着後三ヶ月内の利用額に合わせて最高3,000円分のJデポがプレゼントされる。

 REX CARD Lite

1.5%還元!年間50万利用で年会費無料のREX CARD

REX CARDはいつでもどこでも基本還元率1.5%。現在のクレジットカード業界で最高水準です。年会費は初年度無料で、翌年度からは2,500円+税となっています。ただし、年間50万円以上の利用があれば2年目以降も年会費は無料となります。REX CARDでは「2,000円の利用ごとに30ポイント付与」なので、1,500ポイント貯めるには、有効期限2年以内に10万円分のカード利用をすればいいという計算になります。

  • 年会費2,500円+税でいつでもどこでも1.75%還元。
  • 年間50万円利用すれば翌年の年会費無料。
  • 1,500ポイントごとに1,500円のキャッシュバック。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • カード到着後三ヶ月内の利用額に合わせて最高3,000円分のJデポがプレゼントされる。

 REX CARD

リクルートカードとレックスカードライトはともに年会費無料なので持ちやすく、さらに還元率は楽天カード以上です。ポイントは沢山欲しいけどカードに年会費は払いたくない!という方向けです。

またREXカードは、還元率こそずば抜けて高いですが年会費ありです。しかし、REXカードに関しては年間で50万円、つまり月に4万1,700円ほど利用すれば次年度無料になります。ハードルは決して高くありません。年間50万円以上利用が確実な方にとっては有力な候補です。

また1年のショッピング利用額が10万円以下なら年会費無料のリクルートカードのほうが向いています。

このように、楽天カード以外でも還元率の高いカードは複数存在します。では、これらを楽天市場で使ったときの還元率の差を見てみましょう。

還元率1%以上のクレカ+もらえるモールが最強にお得

rakuten-03

楽天市場でお買い物をするとき、ただログインして決済するだけでは勿体無いです。実は楽天には「もらえるモール」というオンラインモールがあり、ここを経由するだけで還元率を1.2%もアップさせることができます。

sanjyu3

具体的に説明すると、「もらえるモールを経由して楽天市場にアクセス(1.2%)」→「楽天市場でカードを使って買い物(1%+そのクレカのポイント)」→3%以上ポイントが貯まる!という流れになります。

  年会費 カード
還元率
もらえるモール経由で楽天市場決済した場合の合計還元率 ポイント還元

楽天カード
永年無料 1% 3.2% 楽天ポイント

リクルートカード
1.2% 3.4% リクルートポイント

REX DARD Lite
1.25% 3.45% Jデポ

REX CARD
2,500円+税
(年間50万円利用で無料)
1.5% 3.7% Jデポ

  

こうして比較すると、年会費無料クレカの中ではREX CARD Liteの還元率が最も高いことがわかります。年会費を払いたくないという方にはこのカードがベストでしょう。ただ、REX CARD Liteで貯まるREXポイントには2年間の有効期限があり、Jデポ(カード請求額からキャッシュバック)への交換が1,500ポイントからという決まりがあります。2年以内に1,500ポイントを貯めないと失効してしまうので、その点は注意が必要です。とはいえ2年で10万円利用すればいいので、ハードルは低いといえるでしょう。

また、リクルートカードのリクルートポイントは加算されるたびに有効期限が延びるため永続的に貯め続けることができ、Pontaポイントに移行してローソンなどで現金の代わりに利用できます。REX CARD Liteより0.5%分低いですが、nanacoチャージポイント(JCBブランド)やEdyチャージポイント(VISAブランド)を貯めることもできるので、nanacoやEdyを利用している方にはリクルートカードもおすすめです。

年会費有料カードですが、REX CARDは楽天市場で常に3.7%という還元率でお買い物をすることができます。還元率だけでいえば REX CARD が最強ですが、年会費2,500円がかかるので、年間利用額50万円以上の方向けです。。

 リクルートカード
 REX CARD Lite

楽天カードはこういう時に使おう!

rakuten-04

楽天カードよりも還元率で有利なカードを楽天市場で活用する方法を紹介してきましたが、かといって楽天カードが不必要になったというわけではありません。楽天カードを持っていれば、楽天カード会員限定の特典を受けることができるので、やはり保有しておきたい一枚です。以下に、楽天カード会員しか使えない楽天でのサービスを紹介していきます。

楽天カードの「ポイント加盟店サービス」が利用できる!

楽天では楽天カード保有者向けに用意されたポイント加盟店サービス(http://p-store.rakuten.co.jp/)があります。ここに記載されているポイント加盟店で楽天カードを利用すれば最大でポイントが3倍で付与されます。加盟店数はそれほど多くありませんが、大きな所だとエネオス、コナカ、アリさんマークの引越しセンターなどでこの特典を活用できます。エントリーなども不要で、加盟店でカードを利用するだけで自動で最大3倍になります。

ダイヤモンド会員になる権利は楽天カード保有者のみ

楽天カードを保有していて、なおかつ楽天市場でのランク制度における条件を満たしていれば「ダイヤモンド会員」になることができます。シルバー、ゴールド、プラチナランクには楽天カードを持っていなくてもなれますが、ダイヤモンド会員だけは楽天カードを持っていなければなれないランクです。

ちなみにダイヤモンド会員になるには過去6ヶ月の獲得ポイント数が4,000ポイント、かつカード利用回数30回という条件を満たすことが必要です。しかしダイヤモンド会員になれば、誕生月に700ポイントが貰えたり、ダイヤモンド会員専用の優待クーポンが毎月配布されたりします。ダイヤモンドランクを一年キープすれば、抽選でプレゼントが当たる企画も用意されています。

ポンカンキャンペーンでポイントアップ!

楽天では、楽天カード会員が楽天系列のサービスを2か月で3つ以上利用すると、ポイントが倍増する「ポン!カン!!キャンペーン」を常時行っています。対象は「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」「楽天GORA」「ケータイ版楽天市場」の5サービス。2か月の間に、これらのサービスのうち3サービスを利用すると、楽天グループの買い物時にもらえる「通常獲得ポイント」(100円につき1ポイント)が2倍の2ポイント(2円相当)になり、これにカード利用時の1ポイントを足すと、100円につき合計3ポイント(3円相当)もらえることになります。さらに4サービスの利用で3倍、5サービス全ての利用で4倍になります。倍になる対象は、期間中に各サービスの利用で得たポイントのすべてです。

このように、楽天カードを持っていれば楽天カード会員限定の特典を利用できるので、楽天市場利用者はやはり楽天カードを持っておくと色々とお得です。

楽天カードと高還元カードを2枚持ちで使い分ける

rakuten-05

結局何が言いたいかというと、楽天市場での決済は楽天カードにこだわらず他の還元率1%以上のクレカで行ったほうがお得な場合もある、ということです。使い方としては「楽天カード会員向けの倍率アップ特典の時には楽天カードで決済し、それ以外の時は還元率1%以上のカードで決済する」という方法が一番効率的だといえます。

また楽天カードはETCカードの年会費が有料(525円)なので、ETCを利用するなら年会費のかからないETCカードを作ることをおすすめします。


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加