seven-urawaza

24時間営業ということもあり、立ち寄りやすいコンビニエンスストア。数百円の商品を毎日のように買い続けていれば、年間で見るとかなりの額になったりします。小額決済だから…と思って現金でレジでの支払いを済ませてしまう方も多いと思いますが、現金ではなんのポイントも貰えないので、ここはやはり現金払いは卒業し、クレジットカードを活用したいところです。そして今回は、「セブンイレブンでもっともお得な支払い方法は何か?」という点にスポットをあててみました。

セブンイレブンで利用できるクレジットカードは、アイワイカード、JCB、VISA、Master、アメックス、ダイナース、セゾン、UCです。支払い回数は1回払いのみの受付で、1万円以下の会計についてはサインが不要なので、スムーズに会計が出来ます。またセブンイレブンではクレジットカード以外にも電子マネーが利用できます。

seven-ic

セブンイレブンといえば、やはり電子マネーnanacoを思い浮かべるかもしれません。nanaco の還元率は100円=1ポイント(1%)。しかし nanaco以外で1%以上のポイントを貰える方法もありますので、そちらを選んだほうがお得です。またnanacoの使い方を一工夫するだけで、驚くほど還元率が向上する裏技も存在します。頻繁にセブンイレブンで買い物をするという方は必見です。

200円利用=3Pもらえるセブンカードとセブンカード・プラス

seven-sevencard

セブン&アイグループの発行しているクレジットカードに「セブンカード」「セブンカードプラス」という二種類のクレジットカードがあります。セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループのお店で利用するとポイントアップするという特典をもっています。どちらもnanacoポイントを貯めて、貯めたポイントはnanacoマネーに変えて nanaco加盟店で現金の代わりに使うことができます。(セブンカードはアイワイポイントからnanacoポイントに交換が必要)

どちらのカードも、セブンイレブンでは200円利用につき3ポイント付与です。セブンでの還元率は1.5%ですね。ビックカメラSuicaと同じ還元率です。ただ、セブン&アイグループ以外のお店でセブンカード(プラス)を使ってショッピングすると、還元率は0.5%まで下がります。普段使いは1%以上の還元率を持つクレカを利用し、セブンやヨーカドーで買い物をする時だけセブンカードを利用する、といった「使い分け」をしたいところですね。

セブンカードもしくはセブンカードプラスを持っていると、イトーヨーカドーで毎月8のつく日に5%オフの優待を受けることができます。どちらのカードも年会費は500円で、年間のクレジットショッピング支払合計額が5万円以上の場合は、次の年の年会費が無料になります。セブンカードやセブンカードプラスは、セブンイレブンとヨーカドーに頻繁に行く方ならお財布に一枚入れておいてもいいカードです。逆にセブン&アイグループのお店にあまり行くことがなく、セブンイレブンでたまに買い物をする程度という方なら、SuicaにオートチャージできるビックカメラSuicaが向いているかもしれません。

 セブンカード・プラス

セブンイレブンでANAカード決済するとポイントと同時にマイル貰える!

ANAカードをお持ちの方に知っておいてもらいたいのが、セブンイレブンでANAカード決済をするとクレジットポイントとは別に200円毎に1マイルが貰えるという点です。

ANAカードには「ANAカードマイルプラス」というサービスがあり、ANAカードマイルプラス対象加盟店でANAカードを使ってお買い物をすると、クレジットで貰えるポイントとは別にマイルが加算される仕組みになっています。ポイントとマイルが同時に貯まるので、二重でお得です。

セブンイレブンはANAカードマイルプラス対象店であり、クレジット決済200円ごとに1マイルが付与されます。つまり、1,000円分のお買い物をANAカードで決済すれば、1,000円でクレジットマイルが10マイル(ANAカードの10マイルコースを選んでいた場合)、更にANAカードマイルプラスのマイルが5マイル加算され、合計で15マイル貰える計算になります。この場合、還元率は1.5%にもなりますね。ANAマイラーの方、またANAカードをお持ちの方は、セブンイレブンのお買い物でマイルが加算される、ということをぜひ覚えておいてくださいね。

セブンイレブンとヨーカードーはANAマイル陣営!

ちなみにセブンイレブンで貯まるnanacoポイントは、「ANAマイレージ」と相互交換することもできます。以下が交換レートです。

ANA10,000マイル→nanaco10,000ポイント
nanaco500ポイント→ANA250マイル
nanaco500ポイント→400ANA SKYコイン

マイルからnanacoに変えるのは少しもったいないですね。マイルはマイルで使う。nanaco は nanaco で使うのがベストですが、この相互交換システムはいざというときには重宝しそうです。

ANAカード お申込みの前に必見!カード比較

ビックカメラSuicaならセブンで1.5%還元!他コンビニでもSuica払い!

seven-suica

セブンイレブンはもちろんのこと、コンビニ全般の決済に相性がいいのはSuicaが搭載されたビューカード、「ビックカメラSuicaカード」です。セブンイレブンでは、北海道から九州までの全国の店舗でSuicaが使えます。

正確にいうとクレジットカードで支払うのではなく、ビックカメラSuicaに付いている Suica を使って決済をします。ビックカメラSuicaはSuicaへのチャージでサンクスポイントが3倍になるという特徴をもっています。通常1,000円=2ポイントがチャージすることにより1,000円=6ポイントにアップ。金額にして15円相当、つまり還元率は1.5%です!コンビニで決済する前に、ビックカメラSuicaを使ってSuicaにお金をチャージします。そしてチャージが終わった後に、そのSuicaを使って支払いを済ませます。 nanaco だけで払うよりもお得な方法ですね。

またビックカメラSuicaは定期券や切符の購入でもポイント3倍になります。貯めたポイントはSuicaに再チャージでき、駅構内やコンビニで現金の代わりとして使えるので、ポイントの使い道も自由度が高いです。おまけにビックカメラのポイントカードとしても機能するので、ビューサンクスポイントと同時にビックポイントが貯まります。通常のショッピング利用に関しては1,000円=5ポイント付与の0.5%還元ですが、クレジット利用ではなくSuicaチャージで利用するぶんにはかなりの高還元率になりますので、Suica用として使うことをおすすめします。なお、年会費は500円ですが、年に一回でもカードを利用すれば次の年が無料になるので、実質年会費無料カードと言えます。

 ビックカメラSuicaカード

リクルートカード+nanaco払いが還元率最強3%!

nanaco-saikyou

「QUOカード(クオカード)」とは、色々な店で現金の代わりに利用できるプリペイドカードのことです。セブンイレブンで1万円券を買うと、180円のプレミアムが付いてきます。つまり10,000円券は10,180円まで使えるので還元率は1.8%!既にこの時点でセブンカードよりもビックカメラSuicaよりも還元率が上です。

実はこのQUOカード、nanaco払いで購入できることはご存じですか?

QUOカードを購入する際に、クレジットカードからチャージしたnanacoで支払えば、さらに還元率を上げることができます。秘訣は nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードからチャージすることです。

▼ nanacoチャージでポイントが付与されるカード
カード名 年会費 還元率
リクルートカード 無料 1.2%
Yahoo! JAPANカード
(JCBブランドのみ)
無料 1%
ファミマTカード 無料 0.5%
セブンカードプラス 500円+税(初年度無料)
※年間5万円以上利用で次年度無料
0.5%
Tカードプラス 500円+税(初年度無料)
※年間5万円以上利用で次年度無料
0.5%
(JMB)ローソンPontaVISAカード 無料 0.5%
ライフカード 無料 0.25%
漢方スタイルクラブカード 1,500円+税(初年度無料) 0.25%

※(P-one WIZなど)ポケットカードの電子マネーチャージ利用分の1%OFF特典およびポケット・ポイント特典は2016年11月6日利用分をもって終了しました
※リーダーズカード・漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードの新規入会受付は現在停止しています。
※楽天カードは2017年10月31日利用分をもってnanacoチャージでのポイント付与を終了しました。

ほとんどのカードが0.5%~1%付与の中、「リクルートカード」は、nanacoチャージ分に対して1.2%のポイントを付与しています。リクルートカードはいつでもどこでも常に還元率が1.2%という驚くべき高還元率カードだからです。つまりリクルートカードからnanacoにチャージし(+1.2%) 、セブンイレブンで10,000円のQUOカードをnanacoで購入すると(+1.8%) 、合計でなんと還元率は3%まで跳ね上がることになります!!

リクルートカードは常に1.2%還元なので、nanacoチャージだけでなく、メインカードとして利用するのにふさわしいカードです。日常でもセブン-イレブンでもリクルートカードを活用することをおすすめします。

 リクルートカード

結局セブンイレブンで一番お得な支払い方法は?

以上がセブン-イレブンでのお得な支払い方法です。還元率的に見れば、「リクルートカードからチャージしたnanacoで購入したQUOカード払い」の3%が最強といえます。

「実質年会費無料のカードでセブン-イレブンでポイントもらいたい!」という方は、ビックカメラSuica かセブンカードが1.5%です。ビックカメラSuica は年一回の利用があれば年会費無料になります。近所にイトーヨーカドーがある方で、年間5万円以上カードを利用して年会費を無料にできる方なら、セブンカードもよいでしょう。


リクルートカード
「リクルートカード」は年会費無料カードで業界最高水準の還元率1.2% / nanacoチャージでも Edy チャージでも 1.2%還元 / 「じゃらん」の旅行代にポイントが使える / 100ポイント単位でPontaポイントに交換可能! / Pontaポイントとの相互交換開始でPontaポイント貯める最有力カードに浮上!

ポイントのお得な貯め方・使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
リクルートカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加