yachin01

毎月の固定費の中でも大きな割合を占める家賃。現金で払っている方が多いと思いますが、家賃をクレジットカード払いにすれば毎月銀行に行く手間も省けますし、なにより毎月家賃分のクレジットカードのポイント(orマイル)が貰えるので、かなりお得です。たとえば月10万円家賃を支払っている方なら、一年トータルで120万円。これを還元率1%のクレジットカードで支払えばなんと1万2千円相当のポイントが貰えることになります。それを10年続ければ10万2千円、ポイント還元されたお金で旅行にだって行けてしまいます。家賃を現金払いしても何も得られないので、カードで払えるものは必ずカード払いにしたいところです。


しかし実際に家賃をクレジットカード払いできる物件はそれほど多くありません。家賃は無理でも「敷金」や「礼金」などの初期費用だけをクレジットカード払いOKにしている物件も増えています。初期費用だけとはいえその額は結構大きいので、クレジットカード払いができればお財布的にもかなりありがたいですよね。これから引越しを考えている方は、自分の気に入った物件が賃料やその他の手数料をクレカ払いに対応しているかどうかも事前にチェックしておくといいかと思います。

カード払い対応かどうかは物件検索サイトで調べられる!

yachin03

物件を紹介している検索サイトは沢山あります。その中でも「クレカ払いに対応している物件」という項目で絞って検索できる便利なサイトがあります。家にいながら住宅探しができ、なおかつ自分の生活スタイルや条件に沿った希望の物件をとても見つけやすいので、こういった賃貸物件検索サイトを利用している方はとても多いです。

早速、クレカ支払い対応の物件を検索できるサイトを調べて以下に並べてみました。

物件検索サイト名
大東建託いい部屋ネット
ホームアドパーク
アパマンショップ
スターツピタットハウス
お部屋探し支援センター
丸井お部屋探しネット
レオパレス21

 

家賃をクレジットカード払いにすることができる大手の不動産仲介業者は多数存在しました。チェックボックスで希望の条件をクリックするだけで、その希望に近い物件がずらっと表示されるので時間のない方にはありがたいシステムですね。全ての紹介物件でクレジットカード払いが可能というわけではありませんが、クレジットカード払い可能な物件が多数紹介されていますし、参考にしてみるといいでしょう。

レオパレス21はJALカードのみ決済OK

レオパレス21では、JALカードのみカード決済を受け付けています。JALカードがあれば、家賃・共益費・環境維持費・駐車場料金・トランクルーム料金などをカードで払うことができます。ショッピングマイル・プレミアムに入会している場合は100円=2マイル、ショッピングマイル・プレミアムに入会していない場合は200円=2マイルで付与されます)

※ 家賃保証契約をされている場合は「JALカード」での口座振替は取扱いしていない

ピタットハウスは「夢なびVISAカード」のみ対応

「スターツピタットハウス」では、家賃のクレジットカード払いができるカードは「夢なびVISAカード」のみになります。クレジットカードの年会費は年に一回利用すれば次の年無料、実質年会費無料となっています。貯まったポイントはANAのマイルに移行したり、iDやEdyといった電子マネーに交換したり、ギフトカードや各種景品に交換することもできます。

丸井のお部屋探しネットは物件契約で5,000エポスポイント!

丸井のお部屋探しnetでは、首都圏約5万軒の物件情報が載っています。サイトを見て物件を契約した場合、それだけで5,000エポスポイントがもらえるようです。エポスカード会員が対象ですが、エポスカードは年会費無料のため会員になることもそれほど難しくありません。エポスポイントはマルイでのお買い物時に、1ポイント=1円として使うことができます。

またお部屋探しnetでは家賃のカード払いサービスとして「Room iD」というプランを展開しています。このプランに申し込めば、家賃をエポスカードで支払い、家賃分のポイントを貰うことができます。しかし実はこのプランには「保証料」が存在し、クレカ払いをするためには一年に8,000円(家賃によって違う)ほどの保証料金を払わなければいけまないので、その点は考慮が必要です。結局クレカのポイントも保証料で相殺されてしまうと、あまり魅力的とはいえませんね。

家賃保証システムとは?

yachin05

いくつかのカード会社で「家賃保証システム」が提供されています。では、家賃保証システムとは一体なんなのでしょうか?これは、入居期間中に何らかの理由で家賃の滞納があった場合、カード会社がその家賃を入居者に代わって不動産会社あるいはオーナーに立替えするシステムのことで、家賃の回収不能を避けたい大家向けのシステムですが、入居者にもメリットはあります。

通常、部屋を借りるときには保証人が必要になりますが、引越しのたびに身内に保証人を頼むのが面倒だったり、気が引ける方にとっては、カード会社が保証人になってくれるこのシステムはとても魅力的です。以下に、保証システム&家賃カード払いを同時に展開しているカード会社を紹介しておきます。

ジャックスの家賃保証システム

ジャックス家賃保証システムを利用している物件の家賃のみ、ジャックスの発行している「JACCS CARD ADVANCE」を持つことによって支払うことができます。家賃の利用金額1,000円ごとに5ポイント付与、カードポイント ショッピング利用額100円ごとに1ポイントが付与されます。貯まったポイントは 3,000 ポイントごとに 3,000 円分の J デポに自動交換されカード請求額から値引きされます。Webから申し込めますが、ジャックスと提携している不動産管理会社の店頭で家賃保証システムと 本カードの同時申し込みを 1 枚の申込用紙で完結させる受付方法もあります。

JACCS CARD ADVANCEは最初の一年は無料ですが、次の年からは前年度利用額が 10 万円以上の場合のみ無料。前年利用額が10 万円未満の場合は年会費 1,250円+税が請求されます。注意するべきは、家賃支払い分はJACCS CARD ADVANCEの利用額としてカウントされないという点です。純粋なショッピング額のみで10万円以上、という点になります。

ライフカードの「ライフあんしんプラス」

CMでおなじみのライフカードにも「ライフあんしんプラス」という家賃保証システムが存在します。ライフあんしんプラスに加入すると家賃保証付きのライフカードが発行され、このカードで一回以上ショッピングを利用すると家賃分のサンクスポイントが付与されます。家賃保証付きライフカードの年会費は最初の一年が無料、二年目より有料(1,312円)ですが、家賃以外に1回以上のショッピング利用すれば次の年から年会費はずっと無料になります。
貸し倉庫・トランクルーム・レンタルボックスなどを貸している「S-CUBE」や、などもこのライスあんしんシステムを導入しています。

オリコの「住まいるパートナー」

オリコの「住まいるパートナー」は、家賃の滞納があった場合、オリコが入居者に代わって最長6カ月まで家賃を支払うシステムになっています。オリコと提携している不動産賃貸会社の家賃をオリコカードで払うと、1,000円につき1スマイルポイントが貯まります。最低200スマイルから商品と交換可能です。

今すでに住んでいる物件もクレカ払いに切り替えられる?

すでに部屋を借りており、家賃を現金払いしている方でも、後からクレカ払いに切り替えることができるのか?という疑問がありまでしょう。契約している不動産会社毎に異なるので、直接確認してみてください。

たとえば大東建託では「カード払いできるのは2014年11月1日以降に賃貸契約を新規で申しこんだ人のみがカード払い可能」と明記されているので、それ以前に契約した方はカード払いに切り替えることはできません。

分譲住宅でも管理費のみカード払いできる場合も

三井不動産の住宅は管理費・修繕積立金をすまいLOOP VISAカード払い可能

yachin04

首都圏一都三県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の三井不動産グループの住宅に住んでいる方なら、三井のすまいLOOP VISAカードで管理費・修繕積立金・駐車場使用料をカード払いにすることができます。1,000円につき1ポイント付与、還元率は0.5%です。

すでに住宅に住んでいる方でも、後から登録することによってカード払いに切り替えられます。管理費をカード払いにするためにはまず三井の運営している「三井のずまいLOOP」サイトで会員登録をする必要があります。年会費や入会金は無料で、webから簡単に申し込めます。入会すると三井のすまいLOOP VISAカードが送られてくるので、これで管理費を支払えます。また入会するとリフォーム代が3%割引になったり、ビックカメラの3%割引チケットが貰えたり、カーテンのクリーニング代が安くなったりなどと、さまざまな会員特典が用意されています。三井不動産グループにお住まいの方ならまず登録しておきたいサービスですね。なお三井のすまいLOOP VISAカードは、最初の一年は年会費無料、次の年からは前年に一回でもカードを利用すれば年会費無料、となっています。

家賃カード払いで注意したいこと!

yachin02

家賃カード払いはメリットだらけに見えますし、実際ポイントを貰えるわけなので得をしていることに間違いはないのですが、実は家賃にカード払いの手数料が上乗せされている可能性もあります。

たとえば物件サイトでカード払いOKの物件を探したとき、ほとんど同じ条件で出てきたふたつの物件のうちカード払いじゃない物件のほうが若干安く、またカード払いに対応しているほうが若干高いのであれば、それは手数料が上乗せされているからかもしれませんね。逆に、もし同じ条件、同じ額でカード払いと現金払いの物件がある場合なら、間違いなくカード払いを選んだほうがいいでしょう。

家賃もカード払いできます!と謳っていても、実際よく調べてみたら「カードは使えても家賃支払い分にはポイントを付与しない」というなかなか厳しい制約をつけているカードもいくつかありました。家賃カード払い対応と書いてあっても、後でやはりポイントが付かなくてがっかりするという事態にならないために家賃の支払いに対応したカードについてもきちんと頭に入れておくことが必要です。

家賃の支払いには還元率の高いカードがおすすめ!

yachin06

いろいろ調べた結果、家賃をクレジットカードで払える物件は増えてきているものの、まだ多くないのが現状です。しかしながら今後はカード払いができる物件は増えていくでしょう。人口減少する流れの中で空室が増える一方、入居者募集の際に競合に対して差別化するために、クレジット払いを導入するオーナーや管理会社が増えるからです。

そして、家賃を支払えるのであれば還元率の高いクレジットカードで決済をしたほうがいいですね。決済用のカードが決められている不動産会社だと入居者側でカードを選べませんが、決められていないなら、家賃分に対してもポイントを1%以上還元してくれるカードを家賃決済用にするといいでしょう。

0.5%と1%、たった0.5%分の差でも、家賃という高額な支払いをするとなるとかなり差が出ます。月10万円の家賃の場合、1%還元なら1年で12,000ポイント付与ですが、0.5%還元のカードでは半分の6,000ポイントしか貰うことができません。

還元率1%以上のカードとしてで持ちやすいところは楽天カードやリクルートカード、REXカードなどがあります。こちらで高還元カードを紹介していますので、還元率の高いカードに興味のある方は参考にしてみてください。

家賃は毎月必ず支払わなければならないお金だからこそ、少しでもお得になる方法で払っていきたいですね。

公共料金の支払いはクレジットカードで。手間なくポイント貯める方法


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加