ふるさと納税を利用して「好きな自治体」に寄付をすると、その地域の特産品や商品などがもらえます。旅行で行った好きな地域、あるいは被災地を応援したいなど、好きな自治体に寄付できる点が大きなポイントです。

ふるさと納税は具体的にどう節税に役立つの?

それだけでは単なる「寄付と返礼」の仕組みですが、実際には、寄付金は翌年の住民税(市町村民税、都道府県民税)や所得税から差し引かれ控除されます。つまり「節税に大変役立つ制度」ということです。

ただし寄付金は全額が控除の対象ではありません。2,000円のみ自己負担で、それ以外に払った寄付金は翌年の住民税・所得税から差し引かれます。具体的には、14,000円を寄付した場合では「12,000円」(14,000円 − 自己負担2,000円)が還付されることになります。しかしながら「自己負担2,000円以上の金額の商品を貰えるケース」もあるのでお得であり、実際にとても人気がある制度なのです。

自己負担2,000円で20キロのお米がもらえる!ふるさと納税のすごい点

「ふるさと納税って具体的になにがもらえるの?」「本当にお得なの?」初心者の方が1番知りたいのは、ズバリこれでしょう。やはり、具体的に何がもらえるのかをご覧頂いたほうが早いはず。以下、2017年のランキングで人気の返礼品(お礼の品)の一部です。

・【山形県上山市】28年産米(はえぬき)20kg:寄付金額10,000円
・【佐賀県嬉野市】佐賀牛 切り落とし1Kg:寄付金額10,000円
・【長野県高森町】桃(あかつき、白鳳)5kg:寄付金額10,000円
・【静岡県吉田町】国産うなぎ蒲焼 2尾セット:寄付金額10,000円
・【佐賀県唐津市】佐賀牛 ももスライス 1kg:寄付金額10,000円

たとえば、山形県上山市にふるさと納税すると、10,000円の寄付で20kgのお米を貰えます。自己負担2,000円でこのキロ数と考えれば、まさに価格以上と言えます。ふるさと納税の返礼は食べ物以外にもありますが、やはり、地域の食材が人気です。節税のついでに、価格以上のグルメを堪能……ということで、大きなメリットが感じられることでしょう。

確定申告に不慣れな人、面倒くさい人でもカンタンに申告できる「ワンストップ特例制度」

これまで、ふるさと納税したら確定申告をする必要がありました。しかし、2015年4月からワンストップ特例政府度がスタート。条件を満たせば確定申告不要で控除を受けられますから、カンタンで、確定申告が面倒くさい人・慣れていない人にうってつけと言えます。もちろん、特例申請書を書く必要はありますが、確定申告書類の提出に比べれば、遙かに手間は少ないです。

具体的には…

・寄付をした年度の所得の「確定申告が不要」な方
・年間のふるさと納税納付先が「5つの自治体まで」の方

この2点を満たしていれば、ワンストップ特例制度に申請できます。申請書類とともに「マイナンバー&本人確認書類の写しのコピー」を同封してください。なお、申告はいつまでにすればいいのかについては「翌年の1月10日まで」です。例えば、2017年の4月にふるさと納税に申し込んだ場合なら「2018年1月10日まで」に申請書を送ればOKとなります。すでに今年のふるさと納税を利用したけれど「確定申告どうしよう?」と悩んでいた方でも余裕をもって申請できますね。

低所得者でもふるさと納税はできる!

「ふるさと納税は節税の手段」と聞くと「低所得者の私には関係ないんでしょ」と考えてしまうかもしれません。しかし、それは間違いです。年収によって納税できる額の範囲が変わりますが、低所得者でもふるさと納税はできますし、そのメリットを享受することも期待できます。たとえば「年収150万円で15%の社会保険料を払っている方」の場合、「7,000円」を損しない寄付金上限と設定可能です。具体的には、自分の収入状況と照らし合わせて確認できる計算サイトの簡単シミュレーションをご利用ください。ふるさと納税で、たまには美味しい食材に舌つづみ、なんていうのも良いでしょう。

ふるさと納税でANAマイルがもらえる!?

ANAのふるさと納税」では、100円の寄付ごとに1マイルが貰えます。寄付は「カード決済のみ」となっていますが、別にANAカードで支払うなどの条件はありません。ただし最低限「ANAマイレージクラブ会員」になっておく必要があります。ANAマイレージクラブ会員は無料で会員になれますので、損することはありません。もちろん「ANAのふるさと納税」のサイトを利用して貯めたマイルは、通常のマイルと同じですから、ANAの特典航空券などと交換できます。

つまり「ANAのふるさと納税」のサイトを利用するだけで「クレジットカードのポイント」「ANAマイル」「寄付の贈答品」を、トリプルで貰うことができるのです!

これは「マイルが少し足りないとき」にも、役立てることができます。たとえば、航空券の交換にあと少し満たず、マイルが失効を迎えてしまいそう…。そんなときにこそ「ANAのふるさと納税」に寄付して、足りないマイルを補うという使い方もできます。還元率(最も割のいい交換比率)で考えた場合、マイルは基本的に、特典航空券に交換することのがベストです。せっかくのマイルを無理に必要ない商品に交換しなくて良い点は、大きなメリットですね。

JALのふるさと納税は航空券のクーポンとも交換できる

JALもふるさと納税のホームページを設けていますが、ANAと異なる点があります。それは、JALのふるさと納税を利用しても、マイルが貯まらないのです。しかし、好きな自治体を選んで寄付するとその地域の特産物などと交換できるポイントがもらえますが、そのポイントを「JAL航空券やツアーパックのクーポン」と交換することができます。これが「JALふるさとへ帰ろう航空券」です。

具体的には、「ふるぽ」というサイトを通じて、寄附額に応じたポイント(*1年間の有効期間あり)と謝礼品カタログが届けられます。なお「ポイントの付与率」については、自治体によって異なりますので、きちんと確認してください。さらに、ここで得たクーポン(1ポイント=1円)を航空券に使用する場合は、電話で便の予約をする必要があります。予約後の変更やキャンセルはできません。また、航空券は配送ではなく「JAL e-チケットお客さま控」として発行されますので、この点もご注意ください。

ふるさと納税のデメリットはある?

ふるさと納税の仕組みをよく理解していれば、大きなデメリットはありません。しかし「本当に還付されているかどうか解りにくい」「申し込みに手続きが必要になる」「人によっては確定申告も必要」といった点は、特に初心者の方ですとデメリットと感じられるケースがあるかもしれません。

ふるさと納税は「払ったお金が還付で差し引かれるだけ」であり、あくまでも自己負担2,000円を考えると、実際に払う税金が減るわけではありません。(なお、仮に寄付金が2,000円以下だと、寄附金控除を受けることができません)

つまり、ふるさと納税で狙うべきは「2,000円以上の価値がある商品を貰って得をすること」と言えます。はじめは面倒かもしれませんが、ここを間違えない限り「大きなデメリットはない」と言えるでしょう。

税金を払っていない人はふるさと納税で得はしない!

ふるさと納税のもう1つのデメリットと言えますが、税金(所得税・住民税)を支払っていない方、あるいは、そのどちらだけ払っているという方では「ふるさと納税を利用しても得をしない」可能性があります。

もちろん寄付は可能ですが、税金を払っていないと「全て自己負担」になってしまうのです。そもそも、ふるさと納税の仕組みが「住民税や所得税からの差し引きで還付になる」というものなので、利用者としては「税金(所得税・住民税)を支払っていること」が最低条件となります。

ふるさと納税はカード決済が基本!

「税金(所得税・住民税)を支払っている方」は、ふるさと納税をぜひとも検討する価値があると言えるでしょう。そして、どうせふるさと納税するならば、きちんと得したいですよね。そこで着目したいのが「寄付の方法」。寄付の方法には「銀行振り込み」「窓口での支払い」など様々ありますが、やはり「ポイントが貯まるカード決済」がベストな方法と言えます。

ふるさと納税に使いたい高還元率クレジットカード

ふるさと納税をクレジットカードで支払えば、ポイントが貯まることはすでにお伝えしました。例えば「還元率1%のカード」で50,000円のふるさと納税をした場合、500円のキャッシュバックがあるのと同じです。もちろん、還元率1%以上のカードは存在しますので「出来るだけ高還元率のカード」で支払うのがベストでしょう。

さて、それでは具体的にどんなカードが良いのでしょうか?例えば「年会費無料で持ちやすい高還元率なカード」としてこのようなカードが挙げられます。

年会費無料で1.2%還元!リクルートカード

いつでもどこでも1.2%ポイント還元のリクルートカードは、ふるさと納税だけではなく、日常のメインカードとしても最適です。常に1.2%還元、しかも年会費無料なのでとても持ちやすいカードです。また、リクルートカードで貯まるリクルートポイントはpontaポイントと同率で交換できます。コンビニのローソン、ケンタッキー・フライド・チキン、ゲオなどpontaポイントが使えるお店で1ポイント1円としてお買い物時に利用できます。(注:ローソンで、リクルートポイントを使うことはできません。リクルートカードのインターネット会員サービス「Ponta Web」でリクルートポイントをPontaポイントに交換する必要があります)

  • 年会費無料でいつでもどこでも1.2%還元。
  • 貯まるのはリクルートポイントだが、ポンタポイントなどに移行できる。
  • JCB、VISA、MasterCardならnanaco、モバイルSuicaへのチャージでポイントが貯まり、VISA、MasterCardなら楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージでポイントが貯まる。
  • 最高2,000万円の海外旅行障害保険、最高1,000万の国内旅行傷害保険が付く。
  • 最高200万円のショッピング保険が付く。

 リクルートカード

楽天カードは年会費無料で1%還元の人気カード

楽天カードは年会費無料で常に1%還元という高還元率カードです。楽天グループの楽天カード株式会社が発行する「楽天カード」は、無料のクレジットカードの中では、ダントツのポイント還元率の高さです。国内最大のネット通販「楽天市場」で楽天カードを使うと、100円ごとに4ポイントを獲得できます。

楽天カードの魅力は何といっても楽天スーパーポイントの貯まりやすさ。楽天市場で買い物をすると楽天カード以外のカードでも100円あたり1ポイントもらえますが、楽天カードなら、さらに3ポイントがもらえます。つまり、100円の買い物で楽天スーパーポイントが4ポイントもらえるのです。

  • 年会費無料でいつでもどこでも1%還元。
  • 楽天ポイント加盟店で100円ごとに2~3円分
  • ENEOSでポイント2倍(2%)
  • 楽天市場でのお買い物でポイント4倍(通常ポイント1+楽天カード利用ポイント3)
  • 楽天市場スーパーポイントアッププログラム(SPU)を活用すれば、5%以上のポイントがもらえる
  • 楽天市場の一部の店舗や商品が、期間限定でポイント2~10倍になる

 楽天カード

ふるさと納税でマイルを効率的に貯める方法

ふるさと納税はどこで申し込むかによって違いはある?

「ふるさと納税」のしくみは1つですが、申し込みを受け付けているサイトは1つではなく、たくさんあります。すでに、ANAやJALのサイトをご紹介しましたね。このほか「ふるなび」「さとふる」「ふるさとチョイス」などがメジャーです。サイトによって掲載されている自治体や商品数も違うので、よく比較して選んでください。素敵な返礼品が見つかるといいですね!

なお大型ショッピングサイト「楽天市場」でおなじみの楽天も、ふるさと納税サイトをやっています。楽天会員情報をそのまま使えて、楽天市場と同じ感覚で品物を選べます。もちろん、楽天ポイントでの支払いもできますし、楽天ポイントも「100円利用=1ポイント」が貯まります。楽天会員の方は、こちらのサイト利用も検討すべきと言えるでしょう。

【楽天市場】ふるさと納税|納付先の自治体、寄附金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!

クレジットカードであれも払えるこれも払える

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加