hikaku-p

最近巷で注目を浴びているリクルートカードですが、このカード、何がそんなに凄いのでしょうか?

一言でいえば、還元率の高さです。リクルートカードは、「年会費無料なのに還元率が1.2%」という、ものすごいカードなのです。年会費無料クレジットカードの還元率は0.5%に設定している会社が圧倒的に多く、また高くても1%ほどです。しかしリクルートカードは1.2%!これは年会費無料カードの中では最高水準といっても過言ではありません。

しかし、どんなにポイントが貯まりやすいカードと言っても、その貯めたポイントの使い道や使い方がはっきりしていないとあまり意味がありません。無為にポイントを貯めていくだけじゃ勿体ないので、自分がどんな風にポイントを使いたいのか、またどんなふうに使うのが向いているのかを今一度しっかり確認してからカードに申し込むことをおすすめします。今回はリクルートカードの比較対象として、年会費無料かつ1%の還元率をもつ楽天カードとYahoo!JAPANカードをあげています。楽天もYahoo!も還元率では0.2%分リクルートに負けていますが、ポイントが貯まりやすく、なおかつ使い道も豊富でかなり人気のカードです。はたしてリクルートカードはこの二枚に匹敵するほどのパワーを持っているのでしょうか?今回はそのあたりを検証してみたいと思います。

リクルートポイントはポンパレモールで現金の代わりに使える!

mainichi3

リクルートカードを使うとがんがん貯まるリクルートポイントですが、肝心の使い道はどうでしょうか?リクルートポイントは、通販・ショッピングサイトの「ポンパレモール」や宿・ホテルの予約サイト「じゃらんnet」、ヘアサロン&ビューティサロン予約サイトの「Hot Pepper Beauty」、飲食情報サイト「ホットペッパー グルメ」等のリクルート系列のサイトで現金の代わりに利用することができます。これは楽天カードやYahoo!JAPANJCBカードと同じ仕組みですね。どちらのカードも自社で運営しているショッピン風サイトやその系列の店でポイントが現金の代わりに利用できる仕組みになっています。

そこで気になるのが、リクルートポイントの交換先としてもっとも活用の機会が多そうな「ポンパレモール」の充実具合です。楽天カードの「楽天市場」やYahoo!JAPANカードの「Yahoo!ショッピング」に比べると知名度がいまいち低いオンラインモールですが、両者に対抗できるほどの特典、また店舗数は揃っているのでしょうか​?

ポンパレモールの一番の魅力はやはり「いつでも3%還元」という点でしょう。どの商品を購入しても、合計金額がいくらでも必ず最低3%はポイント還元されます。これはポンパレモールの最大の強みですね。またポンパレモールでリクルートカードを使って買い物をすると、モールの還元率にカードの還元率が加算されますから、リクルートカード会員はポンパレモールで常に4.2%還元されることになります!

基本還元率の高さでは楽天市場にもyahoo!ショッピングにも勝っているポンパレモールですが、少し気になるのが「店舗数」です。ポンパレモールは2013年の3月から開始したとあって、まだ店舗数が他のモールに比べると少し物足りない感じがします。500店舗以上は揃っていますが、楽天の4万店舗やYahoo!ショッピングの2万店舗にはまだまだ遠く及びません。よって、欲しい商品がみつからない場合も懸念されますが、しかし月日の経過に比例して店舗数も着々と増えていますし、今後両モールにひけを取らないほどの商品数を実現してくれるでしょう。

楽天トラベルにひけを取らないじゃらんnet!

リクルートカードはリクルート系列のお店で利用するとお得なので、当然トラベルサイトの「じゃらんnet」でもその特典を享受できます。じゃらんnetは、約8万件の宿泊プランで約15,000軒の宿泊施設が予約できるサイトです。 特にレジャー目的においては日本最大級とも言われており、多種多様な旅行ツアーを揃えています。

たとえばリクルートカードでじゃらんnetを利用して旅行費用を支払った場合、リクルートカード決済によるポイント1.2%+リクルートサービス利用によるポイント2% +オンライン事前決済によるポイント1%の合計4.2%が還元されます。楽天トラベルやYahoo!トラベルは基本的に還元率1%、楽天カードやYahoo!JAPANカードで決済した場合でもプラス1%でいずれも2%還元。リクルートカード&じゃらんnetでの組み合わせよりも還元率は低くなります。もちろん予約するツアーが特別なポイント倍付けをおこなっていた場合、この限りではありませんが、それでも常に4.2%で旅行の予約ができるリクルートカード×じゃらんnetは他のトラベルサイトに比べてかなりお得だといえるでしょう。

たとえば東京~沖縄の一泊二日でANA航空券代とホテル代がセットになった5万円弱の宿泊パックを予約した場合、楽天カードを使って楽天トラベルで決済した場合は2%分の楽天スーパーポイント1,000ポイントが貰えることになりますが、リクルートカードとじゃらんnetなら4.2%分の2,100ポイントが付与されることになります。同じ値段のツアーでも常に倍近いポイント数をもらえるので、圧倒的にじゃらんで予約をしたほうがお得ということがわかりますね。

リクルートカードをメインにして楽天やYahoo!をサブとして使う!

tsukaiwake

リクルートカードがポイントを貯めるうえでかなり有利なカードだということは解りましたが、しかし同時にリクルートポイントの弱点も判明しました。それは「リクルートポイントは他社のポイントやマイルに一切移行できない」という点です。楽天ポイントやYahoo!ポイントは移行先が豊富に用意されていますが、リクルートポイントにはそれがないので、リクルート系列のお店でポイントを回して完結するということになります。つまりリクルート系列のサービスを頻繁に利用している方には抜群に向いているカードだと言えますね。

しかし実際、ポンパレモールだけでなく楽天市場やYahoo!ショッピングなどを利用する場合もあると思います。そう考えると、ベストな方法はやはり、リクルートカードと楽天カード(あるいはyahoo!JAPANカードなど)を2枚持って、状況によって使い分けることだと言えます。リクルートカードも楽天カードも年会費無料なので、両方持ったとしてもお財布はまったく痛みません。たとえば楽天市場は楽天感謝デーなどでポイントを倍付けにしている日があります。そういう日は楽天市場で楽天カードを使って買い物をし、それ以外の買い物はすべてリクルートカードで決済すると、とても効率よく両方のポイントを貯めることができるでしょう。

年会費無料で還元率の高いカードを探している方には、リクルートカードも楽天カードもこの上なくおすすめのカードです。

 
楽天カード

リクルートカード

Yahoo!JAPAN カード
年会費 永年無料
審査 18歳以上で電話連絡可能な方なら誰でも
カード利用ポイント カード利用100円毎に1ポイント付与 カード利用100円毎に1.2ポイント付与 カード利用100円毎に1ポイント付与
楽天市場利用時 100円=2ポイント付与 100円=2.2ポイント付与 100円=2ポイント付与
ポンパレモール利用時 100円=4ポイント付与 100円=4.2ポイント付与 100円=4ポイント付与
yahoo!ショッピング利用時 100円=2ポイント付与 100円=2.2ポイント付与 100円=3ポイント付与
国際ブランド JCB、VISA、Master JCB、VISA JCB、VISA、Master
Edyチャージポイント付与
nanacoチャージポイント付与
海外旅行傷害保険 最高2,000万円利用付帯
国内旅行傷害保険 最高1,000万円利用付帯
ショッピング保険
盗難保険
 
楽天カード

リクルートカード

Yahoo!JAPAN カード

楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!


ショッピングがもっと楽しくなるカード選び

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加