電子マネーを活用するうえで、クレジット決済によるチャージはポイントを得るためにも欠かせません。しかしクレジットカードでチャージする、といっても、実際どこでどうやればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。駅の券売機などで行う現金チャージと比べると、クレジットチャージは若干わかりづらい面があります。電子マネーの種類によってもチャージの仕方は異なりますので、以下にひとつずつ解説します。

この記事の内容(もくじ)

Suica

通常のSuicaはクレジットチャージができません。クレジットチャージにはJR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」と一体になったSuica、またはおサイフケータイ対応携帯電話で利用する「モバイルSuica」が必要です。ビュースイカカードやルミネカード、JALカードスイカ、ビックカメラSuicaカードなどに代表されるSuica付きビューカードでのクレジットチャージは、JR東日本の駅に設置されているATMコーナー「VIEW ALTTE」かビューマークの有るカード販売機で行うことが可能です。また、Suica付きビューカードの場合、改札機にタッチするだけで自動的にチャージできるオートチャージサービスなども有ります。

モバイルSuica

モバイルSuicaは携帯電話の通信機能を利用してチャージできます。つまりSuicaの残額が少なくなったらいつでもどこでもチャージが出来るわけです。ビューカードはもちろん、JCB、VISA、マスターカード、アメックス、ダイナーズクラブのブランドが付いているカード、国内の大半のカードをチャージ用に登録することができます。

しかしビューカードで登録すると無料ですが、それ意外のカードで登録すると年間1,000円かかります。ビューカードはSuicaへのチャージだとポイントが通常の3倍、還元率は1.5%なので、大半の方はビューカードで登録する方が得でしょう。もしモバイルSuicaを利用するのであれば、チャージ専用のサブカードとしてビューカードを持っておくのもひとつの手です。またJCBや三井住友カードなどカード会社によっては、モバイルSuicaへのチャージをポイント付与の対象外にしている場合がありますので、注意しましょう。

PASMO

PASMOの場合、クレジットチャージはオートチャージしかできません。
オートチャージを利用するには、駅などに置いてある申込書に必要事項を記入し、郵送して申込みます。対象となるPASMOの種類にはあまり制約はありませんが、登録出来るクレジットカードは東急カードや小田急、東京メトロなど交通事業者系のカードに限られているので、これも注意が必要です。

Edy

Edyはオンライン対応なので、パソコンや携帯で場所も時間も関係なくいつでもチャージ可能です。またEdyはカードの種類を問わずクレジットチャージ出来るのも特徴です。パソコンでのチャージには非接触ICカードを読み書き出来る「パソリ」というUSB対応のリーダー/ライターか、もしくは「FeliCaポート」をあらかじめ内蔵したパソコンが必要です。
そして携帯でのチャージにはオサイフケータイ対応携帯電話が必要。登録出来るクレジットカードは三菱UFJニコスやクレディセゾン、三井住友カードなどがありますが、チャージポイント付与の対象外になるカードが多いので注意。

WAON

WAONはクレジットチャージではポイントが付かないカードです。
けれどJALとの提携カード「JMBWAON」のみ、JALカードからのチャージでマイルが加算されます。対象となるのはJALカードの中でも、JAL・VISAカード、JAL・MasterCard、JALカードTOP&ClubQのみ。実際のクレジットチャージは、ジャスコなどに設置してある「WAONステーション」「WAONチャージャー」で行ってください。またレジでの支払い後の残高が設定金額を下回ると、自動的に設定額をチャージしてくれるオートチャージサービスも用意されています。


「ビュー・スイカ」カード
Suica チャージで1.5%のポイント付与 / 500円のデポジット不要でSuicaが作れる / 貯めたポイントはSuicaチャージに変換可 / オートチャージにすれば改札で足止めナシ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
「ビュー・スイカ」カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加