誰もが毎日通うと言っても過言ではないほど身近で便利な存在、コンビニ。そのコンビニで商品の精算を済ませるとき、現金よりも電子マネーあるいはクレジットカードを使ったほうがお得、という事実はご存知でしょうか?

とくに利用に値するのはSuicaです。Suicaといっても普通のSuicaではなく、クレジット機能と定期券機能とSuica機能のすべてが揃うビュー・スイカを利用することをおすすめします。

なぜなら、ビュー・スイカは、Suicaへのチャージでサンクスポイントが3倍になる、という特徴があります。通常なら1,000円=2ポイントのところを、チャージなら1,000円=6ポイント。金額にして15円相当、還元率は1.5%にもなります。もちろんチャージだけではなく、定期券や切符の購入でもポイントは3倍になります。なので、「ビュー・スイカ」カードから Suica にチャージして、コンビニで使うのが正解です。

Suicaが使えるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップがあります。それでは、コンビニ別に利用シーンを見ていきましょう。

コンビニによってはポイントの二重取りも可能です。

セブンイレブンの場合

セブンイレブンには nanaco という独自の電子マネーがあります。しかし、nanaco の還元率は100円=1ポイント(1%)。つまり、還元率1.5%のビュー・スイカでチャージしたSuicaで支払ったほうがお得といえます。

しかし、セブンでは、nanaco 利用者のみに商品を割引額で提供するサービスを頻繁に行っています。そういうサービスを利用したい、というセブンフリークの方は、nanaco を持っておくのもいいかもしれません。

ファミリーマートの場合

ファミマでは、「Tカード」とビュー・スイカを利用してポイントを二重取りすることができます。

Tカードは買い物時に提示するだけで200円=1ポイント(還元率0.5%)が付与されるので、まずTカードを出してTポイントをGET、そのあとビュー・スイカのSuica機能で支払いを済ませます。これで合計還元率2%となり、Tポイントとビューサンクスポイントの二重取りが成立です。

ローソンの場合

ローソンでは「ポンタカード」とビュー・スイカを利用してポイントを二重取りします。

ポンタカードは会計時に提示するだけで100円=1ポイント付与。なので、ポンタカード提示+ビュー・スイカ(電子マネーSuica)で支払う、という方法がベストとなります。ポンタ1%+ビュー・スイカ1.5%で還元率は計2.5%になります。

サンクスの場合

サンクスでは楽天スーパーポイントが貯まる「+K(プラスケイ)」というポイントカードの提示とビュー・スイカでチャージしたSuica払いでポイントの二重取りができます。

+K(プラスケイ)は、サークルK・サンクスでのお買い物時に100円(税抜)につき1ポイント付与。毎週火曜日はポイント2倍、100円(税抜)につき2ポイント付与となります。1ポイント1円換算で還元率1~2%、合計で還元率は2.5~3.5%になります。

ミニストップの場合

ミニストップでは「WAON」という電子マネーが使えます。200円ごとに1ポイント付与で還元率0.5%。

ビュー・スイカに付帯しているSuica機能を使って精算したほうがお得です。ビュー・スイカはSuicaチャージに対する還元率が通常の3倍になるので、還元率1.5%でポイントを貰うことができます。

大手コンビニは全店 Suica 対応になりました

コンビニ名
Suica対応地域
セブンイレブン
全店舗で利用可能。
ファミリーマート
全店舗で利用可能。
ローソン
全店舗で利用可能。
サンクス
全店舗で利用可能。
ミニストップ
全店舗で利用可能。

 


「ビュー・スイカ」カード
Suica チャージで1.5%のポイント付与 / 500円のデポジット不要でSuicaが作れる / 貯めたポイントはSuicaチャージに変換可 / オートチャージ(Suica・PASMOエリア)にすれば改札で足止めナシ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
「ビュー・スイカ」カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加