ゴールドカードは一般カードよりもランクの高いカードです。サービスや優待が一般カードより多く、そのため年会費も高く、1万円以上するものがほとんどです。しかし、少なからず年会費無料のゴールドカードも存在します。

年会費無料のゴールドカードには二種類あります。ひとつは、一般カードを利用しているうちにカード発行会社からゴールドカードへの切り替えを薦める招待状(インビテーション)が届き、なおかつその後の年会費も無条件でずっと無料になるタイプのもの。もうひとつは、年会費はあるものの会社側の提示する条件を満たせば、ずっと年会費無料で持てるというタイプのものです。

1円もかけずにゴールドカードを手に入れたい!という方は、以下に紹介していく年会費無料ゴールドカードの情報を参考にしてみてください。

招待されると年会費無料になるゴールドカード

エポスゴールドカード

null
エポスカードの上位クラスにあたるカードがこの「エポスゴールドカード」です。エポスカードを使い続け、会社側からゴールドカードへのインビテーションが送られてきた方は、ゴールド年会費が一般カードと同じようにずーーーっと無料になります。招待状が来なくても、入会申し込みをすることはできますが、その場合は年会費5,000円(税抜)です。ただし、ゴールドを作って一年間に50万円以上利用した方は、次年度以降の年会費が無料となります。インビテーションで入会した方は、もちろん前年度の利用額は関係なく年会費はずっと無料なので、一円も年会費を払わずにゴールドのサービスを享受したい人はインビテーションを狙ってください。

エポスゴールドカードのメリットのひとつは、「エポスポイントの有効期限が無期限になる」という点です。一般カードのエポスポイントは2年間という有効期限がありますが、ゴールド会員は期限がないので、失効を気にせずゆったりと貯め続けることができます。また、年間の利用額に応じてボーナスポイントをもらえるのでとてもお得です。年間利用額50万円以上だと500ボーナスポイント(2,500円相当)が特別付与され、年間利用額100万円以上だと2,000ボーナスポイント(10,000円相当)が付与されます。

さらにエポスゴールドカードには海外旅行傷害保険が最高1,000万円まで用意されています。しかも自動付帯です。カードを持っているだけで保険が適用されます。おまけに空港ラウンジサービスも付帯されており、国内空港(成田、羽田、大阪、関西、新千歳、福岡、那覇)と海外空港(ハワイ、韓国)のラウンジを自由に利用することができます。

東京・大阪・神戸の人気のレストラン、カフェ、ダイニング、食事処など、約70店舗でエポスゴールドカードの優待メニューもあり。もちろん通常エポスカードのように、年四回の会員限定10%OFF優待や、クレジット利用で10%優待のサービスも受けることができます。

これだけのサービスがそろったゴールドカードを無料で持てるなんてとても魅力的ですよね。すでにエポスカードを持っている方で「ゴールドの招待状が欲しい!」という方は、エポスカードをこのまま使い続けて、優良会員を狙いましょう。エポスカードを持って2年、年間30~40万円利用でゴールドの招待状が来た、という方も実際にいるので、それほど高いハードルではありません。マルイ以外の利用も含めて基準をクリアすればインビテーションは来ます。

まずはエポスカードの一般カードを作ってインビテーションを狙いましょう。セール期間中はマルイのネット通販マルイウェブチャンネルでも10%OFFになります。500円の追加料金で74種類のデザインから選ぶこともできます。海外旅行保険も自動付帯です。

イオンゴールドカード

null
イオンゴールドカードはイオンカードの上位カードです。イオンゴールドカードを年会費無料で手に入れたい場合、まず通常のイオンカードを使って会社側の定めた年間利用額をクリアする必要があります。これを突破するとイオンゴールドへの招待状が送られる仕組みになっており、自分から入会申し込みをすることはできません。完全招待制のゴールドです。

イオンゴールドカードのメリットは……

・海外旅行障害保険が自動付帯(最高3,000万円)
・ショッピング保険が年間300万円まで付く。
・イオンラウンジサービスを受けられる。
・羽田空港エアポートラウンジサービスを受けられる。

以上の四点になります。海外旅行傷害保険がカードを持っているだけで適用になる自動付帯という点がうれしいですね。国内旅行傷害保険も付帯されますが、こちらは利用付帯なので、旅行費をイオンゴールドで支払った場合のみ適用となります。ショッピング保険もたっぷり300万円まで補償してくれるので、商品にトラブルがあった時も安心です。

なおゴールド会員は「イオンラウンジ」を利用できます。イオンラウンジは全国のイオンに設置されている会員用のリラックススペースで、買い物で足が疲れたときなどにふらっと立ち寄って小休止ができる便利な場所です。トップバリュの試供品が無料で飲めるドリンクサービスや、新聞・雑誌が自由に読めたり、設置されているPCでイオンのホームページを閲覧できたりします。2名まで同伴可能です。

さらにゴールド会員は羽田空港のラウンジサービスを利用できます。使えるラウンジは羽田空港第一旅客ターミナル内のエアポートラウンジ中央&北&南と、羽田空港第二旅客ターミナル内エアポートラウンジ南&北&北ピアです。

イオンカードからイオンゴールドカードを狙うか、イオンカードセレクトからイオンゴールドカードセレクトを狙うか、ゴールドへの道は二通りあります。

セブンカード ゴールド

null
セブンカードのゴールドカードも、前の二枚と同じくインビテーション制カードです。会員自ら申し込みをすることはできません。まずは通常のセブンカードを手に入れて、そのカードを使ってある条件を満たすことによりカード会社からインビテーションが送られてきます。

セブンカードはイトーヨーカドーやエスパ、セブン-イレブン、デニーズ、西武、そごうなどでより多くポイントを貯めることができます。たとえばイトーヨーカドー、エスパ、ヨークマート、ロビンソン、オッシュマンズなどのポイント加盟店でセブンカード(アイワイカードも含む)を利用すると、200円(税込)につき3ポイントが付与されます。

またこれらのお店で優待割引を受けることができます。毎月8のつく日(8日、18日、28日)は全国のイトーヨーカドー・エスパおよびネットスーパーで食料品・衣料品・住まいの品がカード利用で5%割引。さらに毎月第3日曜日は全国のオッシュマンズでカードを利用すると、カード利用代金引落しの際、お買上げ金額が5%割引になります。

ここまでは通常のセブンカードと同じ特典内容ですがゴールドカードには二つのメリットがあります。、

一つはショッピングガード保険が付くことです。国内でセブンカード(ゴールド)で購入された品物が、破損や盗難などにあった場合、購入日より90日間、年間100万円まで、その損害を限度額の範囲内で補償されます(自己負担1事故5千円)。なお、海外でのショッピングガード保険については、セブンカードの通常のサービスとして提供されます。

もう一つは一般カードにある年会費無料条件(年間5万円利用で無料)がなくなり永年無料になることです。こちらはゴールドカードの条件をクリアしている人にはあまり関係ないかもしれません。

ちなみにセブンカードゴールドのインビテーションを手に入れるための条件は、セブンカードの一般カードを年間100万円以上利用することです。一ヶ月に8万4千円ほどの利用があれば、1年間で100万円の壁をクリアできます。普段使いのほか、公共料金などもセブンカード払いにしておけば、わりと簡単に越えられるラインでしょう。

セブンカードの一般カードからインビテーションを狙いましょう。ただしゴールドはJCBブランドのみです。

【年会費無料ゴールドカード比較表】

カード名 イオンゴールドカード エポスゴールドカード セブンカード ゴールド
年会費(招待時) 永久無料 永久無料 永久無料
年会費(申し込み時) 招待制のみ。 5,000円+税。前年度50万円以上利用で次年度年会費無料。 招待制のみ。
国際ブランド VISA VISA JCB
ショッピング保険 最高300万円 なし 年間100万円
海外旅行傷害保険 最高3,000万円
(自動付帯)
最高1,000万円
(自動付帯)

なし

国内旅行傷害保険 最高3,000万円
(利用付帯)
なし なし
空港ラウンジ 羽田空港に有 国内7空港、海外2空港 なし
ラウンジサービス 全国のイオン店舗にあるイオンラウンジが利用できます。 なし なし

海外旅行傷害保険最高3,000万円自動付帯、ショッピング保険や国内空港ラウンジサービスなどが付帯している点から、サービス的にはイオンゴールドカードが一番バランスがとれていると言えます。

年間100万円利用で年会費無料になるゴールドカード

null

NTTグループカードゴールドは、NTTグループカードの上位にあたるカードです。年会費は5,000円(税抜)で、18歳以上で安定した収入を持っている方なら、誰でも申し込むことができます。さて、このNTTグループカードゴールド、実はある条件を満たすことにより年会費を無料にすることができます。それは、前年度にNTTグループゴールドカードを100万円利用することです。この条件さえクリアすれば、次の年の年会費が無料になり、さらに年間ショッピング利用額が150万円以上に到達した場合、本会員に加えて家族会員1枚分の次の年の年会費も無料になります。

NTTグループカードゴールドが通常のNTTグループカードよりも優れた点は、

●海外旅行傷害保険付き(最高5,000万円が自動付帯)
●国内旅行傷害保険付き(最高5,000万円が利用付帯)
●ショッピング補償保険(年間300万円まで補償)
●海外アシスタンスサービス
●国内主要空港・ハワイでのゴールド会員専用ラウンジ
●荷物を空港から優待価格で配送できる。

となります。海外関連のサービスが充実していますね。海外アシスタントサービスは、海外旅行出発前の各種チケット手配や、出発後の緊急時の案内など、海外旅行全般の問題をアシストしてくれます。また海外でのカード紛失・盗難の場合の緊急再発行にも対応してくれます。

さらにゴールドでは、国内主要空港、ハワイ・ホノルルでの「ゴールド会員専用ラウンジ」を利用することができます。帰国したゴールドカード会員の荷物を、空港から自宅まで優待価格(500円)で届けることも可能です。(対象空港は成田空港・関西国際空港・中部国際空港・羽田空港国際線ターミナル)

またNTTグループカードゴールドには、他のカードではあまり見かけないちょっと特殊な制度がひとつ付いています。それは、「債務免除制度」といって、カード会員が思いがけない事故等で万が一死亡した場合、次回以降のカード請求を免除する、という制度です。

なおNTTグループカードは、携帯電話、また家の固定電話にNTTを利用している方に非常におすすめのカードです。月々のカード利用金額に応じて、NTTの固定電話、携帯電話、プロバイダー料金(NTTが指定しているWAKWAK、@nifty、BIGLOBE)などの合計金額から一定割合の金額がキャッシュバックされるという仕組みになっています。キャッシュバック率は月々の利用額に応じて変わり、カード利用額が多いほどキャッシュバック率も高くなるという仕組みです。月々の支払いが2万円以上で、なおかつNTTグループの利用料を毎月15,000円近く払っている方は、持っておいても損はないでしょう。

 NTTグループカードゴールド

年会費無料ゴールドを手に入れたいなら通常カードで実績を積もう!

年会費無料のゴールドカードは以上の3枚です。ほぼ流通系で、どれも通常カードで実績を積んだ方のみに招待状が送られてくる、という仕組みになっています。1円もかけずに手に入れられるゴールドカードはなかなかありませんので、これらのゴールドが欲しい方は、まずは通常のイオンカードかエポスカード、セブンカードを手に入れることからはじめましょう。すでに現在エポスカードやイオンカードやセブンカードを持っている方は、まずはそちらのカードをメイン使い用のカードとして利用し、生活費や公共料金などを集約して払うようにして、優良会員だと認められるようにしましょう。

 エポスカード イオンカード セブンカード

また、初年度年会費無料キャンペーンを実施しているゴールドカードを作れば、ゴールドカードのフルサービスを一年間無料で試すことができます。一年間使ってみて満足できなければ解約すればいいだけです。ぜひ使い倒してみてください。今なら年会費29,000円(税別)のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがキャンペーン中です。

アメリカン・エキスプレス

 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


イオンカードは、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンターでよく買い物をする主婦の方にぴったりのクレジットカードです。

プライスレスなサービスを満喫できるプレミアムカード

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
イオンカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加