暗証番号を入力して利用されていた場合、スキミングによって作られたクレジットカードで不正利用された場合、クレジットカード裏面に本人署名がなかった場合、盗難の連絡から一定期間前に利用されていた分など、クレジットカード会社の規約によっては補償されないものもあります。

クレジットカードを不正利用されてしまった場合、もっとも気になることは、不正利用された分の支払いが補償されるのか否かですよね。

クレジットカードの不正利用では、クレジットカード会社による調査を経て支払い代金が補償される場合ももちろんあります。クレジットカード会社によっては、不正利用の調査が終わるまで支払いを停止してもらうことができる場合もありますが、不正利用に関する調査に時間がかかることも多く、一度クレジットカード会社にクレジットカード保持者が代金を支払い、その後補償されることになれば、補償分が返金される形になることも多くなっているようです。それでも、クレジットカード会社側が不正利用の補償をしてくれれば、私たちクレジットカード利用者は助かりますが、補償をされないといったケースもあるようです。

基本的に本人に重大な過失があった場合には、不正利用分の補償がされないことが多くなっていますので、お気を付けいただきたいと思います。

では、クレジットカード名義人本人の過失によって補償がされないケースとはどういう時でしょうか?

暗証番号が漏えいし使われてしまったとき

最近では、クレジットカードを利用する際に、サインの代わりに暗証番号を入力してクレジットカードを利用することが多くなってきています。この暗証番号を入力した上でクレジットカードが不正利用された場合、補償の対象外となるおそれがあります。

クレジットカードの暗証番号は、本来なら他人に知られるはずのない番号ですから、暗証番号に他人に知られてしまうような簡単な番号を設定していた場合などは、本人の過失であると判断されてしまうおそれがあるのです。例えば、暗証番号に、誕生日や電話番号、保険証番号などといった番号を利用されていらっしゃる方は、要注意であると言えます。

不注意によりスキミングされてしまったとき

クレジットカードをスキミングされてしまい、不正利用されてしまった場合にもスキミングされた側に過失があるとして、不正利用分の補償がされないおそれがあります。スキミングは、スポーツクラブやジム、スパなどの貴重品を入れたロッカーからでもされてしまうおそれがありますので、自分の身体からクレジットカードを離さなければならないような、不必要な場所にはクレジットカードをお持ちにならないことも大切でしょう。

裏面の本人署名欄にサインがなかったとき

クレジットカード裏面の本人署名欄にサインがなかった場合も不正利用を助長したとして補償をしてもらえないおそれがあります。自宅で保管されている普段使われていないクレジットカードにも署名されているか確認することをおすすめ致します。

他にも気をつけておきたいこと

クレジットカードが盗難にあったり、紛失してしまったりした場合には、クレジットカード会社への連絡から遡って60日前(クレジットカード会社によって違う場合があります)までのものは補償してもらうことが多いですが、それ以前のものは補償されないことが多くなっています。また、紛失の10日前までショッピングにお使いになっていた場合などは、どこまでがご本人でどこからが不正利用なのかを判断するまでに時間がかかってしまうこともあります。もしもの場合に備えてクレジットカードのお客様控えは大切に保管していただくことも大切です。

また、インターネットによるショッピングの場合、サインや暗証番号の入力なしで購入できる認証の甘さや利用者の確認の難しさなどから補償対象外となっているクレジットカード会社もあります。インターネットショッピングを中心にクレジットカードの利用・もしくは利用を予定されている方で不正利用を心配されるようであれば、インターネットショッピングに関する補償についても一言記載のあるクレジットカードをお選びになられることをおすすめ致します。


VISAといえば三井住友VISAカード
セキュリティや保険が充実 / 信頼と安心のクレジットカード / 170ヵ国以上3,000万以上の店舗で使える / 電子マネー「iD」対応
今なら初年度年会費無料!もれなく・最大7,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
三井住友VISAカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加