暗証番号を入力して利用されていた場合、スキミングによって作られたクレジットカードで不正利用された場合、クレジットカード裏面に本人署名がなかった場合、盗難の連絡から一定期間前に利用されていた分など、クレジットカード会社の規約によって補償されないケースがあります。

クレジットカードには盗難・紛失に対する保険が付いています。クレジットカードを不正利用されてしまった場合、もっとも気になることは、不正利用された分の支払いが補償されるかどうかですよね。

クレジットカードが不正利用された場合、クレジットカード会社による調査を経て、支払い代金が補償される場合があります。クレジットカード会社によっては、不正利用の調査が終わるまで支払いを停止してもらうことができる場合もあります。また、不正利用に関する調査に時間がかかるときでも、一度クレジットカード会社にクレジットカード保有者が代金を支払い、その後補償されることになれば、補償分が返金される形になることもあるようです。それでも、クレジットカード会社側が不正利用の補償をしてくれれば、私たちクレジットカード利用者は助かりますが、補償をされないケースもあるようです。

基本的に本人に重大な過失があった場合は、不正利用分の補償がされません。

では、クレジットカード名義人本人の過失によって補償がされないケースとはどのような時でしょうか?

暗証番号が漏えいし使われてしまったとき

最近では、クレジットカードを利用する際に、サインの代わりに暗証番号を入力してクレジットカードを利用することが多くなっています。暗証番号を入力されてクレジットカードが不正利用された場合、補償の対象外になるおそれがあります。

クレジットカードの暗証番号は、本来なら他人に知られるはずのない番号です。他人に知られてしまうような簡単な番号を設定していた場合などは、暗証番号の管理が適切でない、つまり本人による重大な過失であると判断されてしまいます。暗証番号に誕生日や電話番号など類推が容易な番号を利用することは規約で禁止されています。財布にクレジットカードと一緒に免許証を入れている状態で紛失や盗難に遭ったとすれば、そのような番号は簡単に当てられてしまいます。

キャッシングが補償の対象外なのは、現金を引き出すためにはATMで暗証番号の入力が必要だからです。暗証番号は本人しか知り得ないものであるのが前提です。家族や同居人にも教えてはいけません。覗き見にも注意してください。

不注意によりスキミングされてしまったとき

クレジットカードをスキミングされてしまい、不正利用されてしまった場合もスキミングされた側に過失があるとして、不正利用分が補償されないおそれがあります。スキミングは、スポーツクラブやジム、スパなどの貴重品を入れたロッカーからされてしまうおそれがありますので、自分の身体からクレジットカードを離さなければならないような、不必要な場所にはクレジットカードをお持ちにならないことも大切でしょう。

裏面の本人署名欄にサインがなかったとき

クレジットカード裏面の本人署名欄にサインがなかった場合も不正利用を助長したとして補償されない可能性が高いです。クレジットカードが届いたらすぐにサインしてください。自宅で保管されている普段使われていないクレジットカードにも署名されているか確認することをおすすめします。

他にも気をつけておきたいこと

クレジットカードが盗難にあったり、紛失してしまったりした場合には、クレジットカード会社への連絡から遡って60日前(日数はクレジットカード会社によります)までのものは補償してもらえることが多いですが、それ以前のものは補償されないことがあります。また、紛失の10日前までショッピングにお使いになっていた場合などは、どこまでがご本人でどこからが不正利用なのかを判断するまでに時間がかかることもあります。もしもの場合に備えてクレジットカードのお客様控えは大切に保管していただくことも大切です。

また、インターネットによるショッピングの場合、サインや暗証番号の入力なしで購入できる認証の甘さや利用者の確認の難しさなどから補償対象外となるクレジットカードもあります。インターネットショッピングを中心にクレジットカードの利用・もしくは利用を予定されている方で不正利用を心配されるようであれば、インターネットショッピングに関する補償が付帯するクレジットカードをお選びになられることをおすすめします。


Orico Card THE POINT
電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載した便利な一枚! / 年会費無料 / いつでもどこでもポイント1%還元! / 入会後6ヶ月間はなんとポイントが2倍(2%)! / オリコモールを経由しての買い物でプラス0.5%分の特別加算

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments


特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード

このエントリーをはてなブックマークに追加