観光や仕事で中国に頻繁に行く!という方におすすめのクレジットカードがあります。

銀聯(ぎんれん)カード』という名前のカードで、あまり耳なじみがないかもしれませんが、実はこの銀聯カード、中国では随一の利便性を誇ります。

なぜならこの銀聯カードは、中国発祥のブランドだけあって、中国における加盟店の数がなんとVISAやMasterといったブランドの約3倍も多いんです!日経トレンディ調べのデータだと、VISAやMasterブランドの加盟店が約20万店舗、対する銀聯カードは、74万店舗もの加盟店をもっています。

銀聯カードは中国人だけではなく、日本人にもかなり利用価値があります。多数のクレジットカードブランドを受け付けている大都会以外、たとえばローカルスーパーなどでちょっとした買い物のときにも利用でき、利便性に優れています。

中国に仕事や旅行にいく際、ほとんどの方が都市部に行かれるので問題ないかとは思われますが、それでもちょっとローカルなスーパーや、都市部から外れた土地に行くと、VISAやMaster が使えない、という状況に出くわすでしょう。

アメックスやダイナースといったリッチなイメージのあるブランドはとくに対応している店が少ないようです。

しかし、銀聯カードはそういったローカルな場所でも加盟店を多く持っているので、たとえVISAやMasterが使えなくても、銀聯カードさえ持っていれば決済が難なくできる可能性があります。

中国では現金よりカードの方が安全?

カードが使えないなら現金をたくさん持っていけばいいんじゃないの?と考える方もいると思いますが、中国ではむしろカードよりも現金を持ちあるくことのほうが怖いと言えます。

なぜなら、現金はスリや盗難や紛失にあっても戻ってきませんが、カードなら再発行してもらえるし、不正利用の被害にあった場合、カード会社が補償してくれるからです。

現金をトラブルで失くすのはすべて自己責任、一円も帰ってきませんが、カードならカード会社の盗難保険が付帯されているので、たとえスリや不正使用、スキミングなどにあっても現金よりは安心といえます。

そんなわけでやはり中国では、多額の現金を持ち歩くより、小額の現金+クレジットカードという組み合わせがベストでしょう。

日本のカード会社が発行している銀聯カード

日本では三井住友とMUFGの二社が銀聯カードを発行しています。

どちらもショッピング機能のみで、キャッシング機能はありません。両カードの特徴や違いを説明します。

MUFG発行の銀聯カード

・MUFGゴールドカードの付帯カードとして発行するので年会費が1,905円(税抜)かかる。
・新規発行に手数料1,000円(税抜)かかり、有効期限は5年。
・海外旅行傷害保険が2,000万円分付帯。
・海外銀聯加盟店の利用分はポイント2倍
・海外アシスタントサービス「ハローデスク」付帯。
・ショッピング保険付帯(最大100万円)。
・国内渡航便遅延保険付帯(最高2万円まで)。

MUFGの銀聯カードは、MUFGゴールドの付属カードとして発行されるので、カードの特典内容もMUFGゴールドの内容をそのまま引き継いでいます。

そのため海外旅行向けの保険がたくさん付帯されています。

年会費も1,905円(税抜)とゴールドにしては格安ですし、銀聯カードと一緒に持っておいても損はないカードです。

ただすでに海外旅行関係の保険が充実したクレジットカードを持っているのでMUFGゴールドカードはいらない、という方には、銀聯カード単体で発行してくれる、三井住友の銀聯カードに申し込むことをおすすめします。

MUFG発行の銀聯カード

三井住友発行の銀聯カード

・年会費無料。ただし新規発行時には手数料として2,000円(税抜)かかる。
・有効期限は5年まで。更新時には1,000円(税抜)。
・券面が可愛い(中国のシンボルともいえるパンダがモチーフ)

三井住友の銀聯カードには、海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯されていません。

いろいろと特典の多いMUFGと違い、こちらは中国での買い物にだけ使う専用カードです。

銀聯カードだけが欲しく、MUFGゴールドを不要と感じる方はこちらを選んだほうがいいでしょう。

三井住友発行の銀聯カード

中国に行かない人にとってはまったく関係のないカードですが、日本でも銀聯カードが使える場所は着々と増えています。

最近ではファミリーマートなどのコンビニも銀聯カードの対応を始めており、今後もますます対応加盟店は増えていくことでしょう。

中国に旅行&仕事に行かれるときには、VISAやMasterと一緒に銀聯カードもお財布に入れておくと、ぐっと利便性が増すと思われます。

Alipay(支付宝)が外国人でも決済に使えるミニプログラム「Tour Pass」を提供開始しました。Tour Pass は、クレジットカードやデビットカードから中国元をチャージして、中国国内のAlipay加盟店で決済に使うことができます。「Tour Pass」というミニプログラムにより、上...

中国必携の銀聯カード
中国ではVISA/Masterの3倍多い加盟店 / 全世界200万加盟店 / 旅行や出張で便利に使える / 中国で最もよく使われるカード


友だち追加便利で得するキャッシュレスの最新情報を発信する「LINE@」はじめました! (タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

今週の人気記事TOP10

Comments

クレジットカード開発秘話

  • インタビュー 第29回 ダイナースクラブカード
  • インタビュー 第27回 JCBオリジナルシリーズ
  • インタビュー 第26回 JCB法人カード
  • インタビュー 第13回 JALカード

ほかでは読めない専門家コラム

  • 世界初のクレジットカード。その歴史を紐解く <クレジットカード温故知新>
  • キャッシュレス決済を推進するためにはユーザーのメリットより加盟店のメリットを考えるべき
  • Money20/20のPayment Raceから見えた世界のキャッシュレス決済の姿
  • 1回払いは手数料がかからないのにポイントがもらえるのはなぜ?

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!