SBIカード

SBIカード発行のクレジットカード。

SBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードは2017年7月31日をもって、SBIカードPlusは2012年8月31日をもって申込み受付を終了しました。

SBIカード 注目記事ピックアップ

SBIカードユーザーレビュー

SBIポイントの現金への還元率が1.2倍になります。SBIレギュラーカード

SBIカード

31歳の男性会社員です。なぜSBIレギュラーカードを選んだか?ですがそれは私自身がSBI証券で投資信託を使った資産形成を行っているからです。

SBI証券には投信マイレージサービスという仕組みがあります。これは、投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが獲得できるというものです。
このカードを持っているだけで獲得したSBIポイントの現金への還元率が1.2倍になります。そのためだけにこのカードを作成しています。

ポイントの使用はもちろん現金への還元一択!換金した現金は無駄遣いなどに充てず、全て投資しています。

このカードは日々の買い物、家賃・保険の支払いに充てています。月の平均使用額は8万程度です。1,000円で10ポイント貯まるので、一ヶ月で800ポイントほどのポイントが付加されています。10,000ポイント貯まった時点で現金に交換して再投資しています。このカードがあるので10,000ポイント→12,000円で交換できております。

ポイント還元率のみ見れば、もっといいカードはあるかも知れません。しかしポイントプログラムは運用会社の胸先三寸で決まる程度のものと私は認識しています。ポイントプログラムに振り回されてカードをころころ変えてしまっては本末転倒かなと思っています。ですので、このカードを使い続けるつもりです。

SBIレギュラーカードは最近まで無料だったのですが、今は年間10万以上使わないと972円の年会費がかかるようになってしまいました。そこが唯一不満なところです。

リボ払い残金を登録している口座から随時返済ができます。SBIカード

いろいろなお店に限らず、インターネットサイトや銀行を通じて作ることができるクレジットカード。クレジットカードによっては、いろいろな特徴がありすぎて、何を選んでいいのかわからない人も多いはずです。私もそのひとりでした。クレジットカードは持ちたいのだけど、それ以上の付加価値がついているものがほしい。

旅行が好きとか飛行機に乗る機会が多い人は、航空会社のマイレージサービスが充実しているカード、特定のお店で買い物をする人は、そのお店での優遇があるカードみたいな感じです。そんな特定な理由がない私にとって、一番のメリットはというと、ポイント還元率ではないでしょうか。ポイントといいつつも、キャッシュバックが可能であればなおさらですよね。そんな私が選んだのは、SBIカード。

私がSBIカードを持ち始めたのは今から3年位前です。当時私が調べた中では最も還元率が高いカードで、1%という還元率でした。100円に付き1円の計算です。毎月に支払う携帯代と公共料金で3万円ほどは使っていましたので、月に300円。1年間で考えると、4000円近くのキャッシュバックが可能となります。なお、年会費も無料なのがありがたい。

また、SBIカードでは、オンラインチェックというサービスがあり、登録している口座から随時返済ができます。リボ払いで残った残金を一括で返済したい、今月はちょっと多く支払いたい、という人には打ってつけのサービスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加