ホーム > > ユーザーレビュー・評価 学生のカード利用者

学生のカード利用者のレビュー・評価

フライトはカードを渡すだけでチェックインできます。ANA VISAワイドカード

ANAカード

2014年12月に自宅でネットを通してANA VISA WIDE CARDを作りました。作った理由は友人や家族から便利だと聞いたからです。またよく東京からANAの飛行機で実家に帰ったり、旅行するので効率的にマイルを得るために作りました。

作ってよかった点は、効率的にマイルがためられることと、フライトのときにEチケットをわざわざ印刷しなくても、グランドスタッフの方にクレジットカードを渡すだけでチェックインができることです。私自身がめんどくさがり屋でEチケットを印刷しないことも多かったので、それはすごく助かりました。

ANAカードは私がメインで使っているカードです。1,000円で1ポイント=10マイル貯まる仕組みになっています。年会費は7,830円です。私はこのカードは比較的高級なレストランへ行ったり、大きな買い物をしたときに使っています。

また提携しているお店ではポイントが本来の倍たまるということで、小さな買い物でもそのようなお店ではANAカードを使用しました。毎月の利用額は月によって違いますが、一番少ないときは1万円以下で多いときは22万円ほど使いました。

このカードを作って悪かった点は特にまだありません。貯まったマイルはまだ使っていませんが、今後旅行に行くときに使おうと思っています。

現金で支払ってもポイントが付くお店もありました。エポスカード

エポスカード

2014年5月にOIOI溝の口店でEPOS CARDを作りました。このクレジットカードを作った理由はOIOI溝の口店に頻繁に行っていたことと、年会費無料で、入会すると2000円分のプレゼントをもらえたからです。

作ってよかった点は単純にOIOIでポイントが貯まり、そのポイントをOIOIで使用できるという点です。このカードはほとんどOIOI溝の口店のみで使っていました。利用額は月によって違いますが大体2万円ほどでした。利用している付帯サービスは貯まったポイントの使用と、羽田空港のラウンジのみでした。一度ウェスティンホテルのレストラン優待の広告を見て行こうと思ったのですが、友人と時間が合わなかったので結局行けませんでした。

ポイントの還元率はOIOIで買い物する場合は100円で1ポイントでした。現金で支払ってもポイントが付くお店もあったのでそれは助かりました。貯まったポイントはOIOIで食品や商品を買うときに使用していました。ただし500ポイント以上でないとそのポイントは使えませんでした。

一方悪かった点は得にありません。年会費も無料ですし、私自身クレジットカードに求めるものは、ポイントを貯めてそれを利用するのみなので特に不満はありませんでした。ただ、今は引っ越しをしてOIOIがないエリアに住んでいるためポイントをもう使うことができないためこのカードの持ち腐れをしている点はもったいないと思います。

買い物をすると同時にTポイントが貯まるので一石二鳥です。Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードを作成したきっかけは、ネットでTポイントについて調べたことでした。当時の僕はTポイントがなんなのか分からなくて、もちろんTポイントカードも持っていませんでした。ある時あるサイトでクレジットにTポイントの機能が付いていたYahoo!JAPANカードを見つけたんです。

クレジットカードのデザインはシンプルで黒と赤の2種類でした。僕はブラックのデザインが格好いいなと思いました。キャンペーンが開催されていてキャンペーンの内容が魅力的でした。Tポイントが2,000ポイント貰えたんです。

クレジットカードでやりたい事がありました。それは趣味の海外旅行でクレジットカードを使う事です。現金を持参するのも良いですが、盗難やスリが怖いのでYahoo!JAPANカードにしました。

Yahoo!JAPANカードで買い物をすると同時にTポイントが貯まるので一石二鳥です。海外でもTポイントを扱っている店が増えて助かってます。

台湾旅行の時にYahoo!JAPANカードを利用しました。Yahoo!JAPANカードが使える店はかなり限られてますが、安心して台湾旅行を楽しめました。

台湾のダンディホテル – 天母 の3日の宿泊費をネットの予約サイトでYahoo!JAPANカードを使って支払いしました。簡単に支払いが出来るので嬉しいです。台湾のホテルはYahoo!JAPANカードで支払いが可能でしたが、台湾のお店や屋台ではYahoo!JAPANカードで支払う事が不可能なので困ります。いちいち現金を出して支払うのは面倒です。クレジットカードで全ての支払いが出来たら、どんなに楽だろうと思います。

 

マイルを貯めてシンガポール行きの特典航空券に交換しました。JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ

10年程前、ヨーロッパへ海外旅行に行く時にせっかくだからマイルを貯めよう、と思って、JALカード TOKYU POINT ClubQを作りました。

ANAと迷いましたが、JALが加入しているOne Worldの方が使えそうな航空会社が多いかなという感覚の元、JALを選択。JALカードのHPからインターネットで申し込みしました。現在利用しているカードはPASMOオートチャージ機能が付いているJALカード TOKYU POINT ClubQ 普通カード(master)です。

海外旅行は年に1度程度で、仕事で飛行機に乗ることも滅多にないので、ひたすら日々の利用でマイルを貯めています。基本的にクレジットカードで支払える時は必ずこのカードをメインで使っています。洋服、雑貨、日用品の購入、レストランの支払い等。

電車に乗ることが多いのでPASMOオートチャージは貯まりやすいです。毎月50,000円程度は利用しており、多い月は100,000円近くになることもあります。また、JALパックツアーの申し込みでもマイルを貯めることができます。一度だけハワイに行く時に利用しました。

他のクレジットカードも持ってはいますが、JAL普通カードをメインで使う理由はずばりマイルを貯めたいからです。ショッピングマイルは200円で1マイル、毎年初回のJAL搭乗で1,000マイル、その他フライトマイルが10%の還元です。

これまでの貯まったマイルの使い道は、シンガポールへの往復航空券へ交換、PASMOへのチャージ、Amazonギフト券への交換です。電車利用が多い私には、PASMOへのチャージ特典はとてもありがたいです。マイルの有効期限は獲得から36ヶ月なので、最近はある程度貯まったらすぐ交換しています。

全体的にJAL普通カードの機能やマイル加算率には満足しています。1つだけ不満をあげるとすれば、年会費2,160円を払わなければいけないこと。2,160円分以上のマイルは貯められているので、元は取れていますが年に1度2,160円の請求が来ると、「あーそうだった」と思い出しちょっと損した気分になります。

1,000円の利用で1ポイントの還元で貯まったポイントの有効期限はありません。みずほマイレージクラブカードセゾン

みずほマイレージクラブカードセゾン

みずほ銀行のキャッシュカードと一体型になっている一般みずほマイレージクラブカード/セゾンVISAを持っています。

作った理由は取引状況に応じてみずほ銀行ATMやコンビニのATM(月一定回数まで)の時間外手数料が無料になるからです。また、もう一枚持っているクレジットカードがmasterだったので、海外で使う時のことを考えてもう一枚はVISAカードを持っておこうと思い、作りました。

メインのカードはもう一枚の方なので、こちらのカードはクレジットカードの機能としてはほとんど利用していません。利用するのはもう一枚のカードが限度額まで達してしまった時と、海外でmasterだと手数料がかかると言われた時のみ。平均すると1,000円/月程度です。

クレジットカードを毎月利用(額の指定なし)またはみずほ銀行口座の残高100,000円以上で、みずほ銀行の特典が利用できるのですが、後者の方で特典条件をクリアしているので、このカードは毎月は使っていないです。

セゾンカードなので1,000円の利用で1ポイントの還元で、貯まったポイントの有効期限はありません。これは良い点なのですが、ほとんど利用していないのでポツポツ貯まっているのを見ている感じです。

発行スピードが速く、申し込んだ翌日に受け取りました。セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルを作ったのはポイントサイトのポイント目的でしたが、VISAカードしか持っていなかったのでちょうどいい機会だと思いマスターカードで申し込みをしました。セゾンカードの特徴は何といっても発行スピードが速いことで、店頭受け取りで申し込んだので審査完了メールが来た翌日にはカードを手にすることができました。

セゾンカードは1000円利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイントたまります。ほかのカードに比べてポイント還元率はそんなに高くはありませんが、1ポイントは1円以上の価値(200ポイントでAmazonギフト券1000円分)があるのでデメリットにはならないです。またポイントは永久不滅なので、期限を機に気にせずコツコツと貯めていけるのがいい点だと思います。

私はカード申し込みの際にリボ宣言をしていて、お支払いはどんなに使っても毎月3000円になるのも便利です。大きい額のお買い物をする際にはこちらのカードを利用しています。ただ月3000円だからと言っていくら使ったかを気にせずにいると相当な額になってしまってなかなか返し終わらないので、その点は注意しておかないといけないと思いました。

発行スピード以外にこれといった目立った特徴がないカードなので、サブカードとしてこれからも利用していきたいと思っています

空港にあるANAの売店では提示するだけで割引を受けられます。ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISAワイドゴールドカード

2013年、旅行や出張でANAを利用する機会が多いため作りました。一般的なANAカードと迷いましたが一般カードとはマイル還元率が違う(一般カードで移行手数料無料なのは1,000円で5マイルコース。10マイルコースの場合は移行手数料がかかる)ことを知り、10マイルコースでも移行手数料が無料であるワイドゴールドを選択しました。

他にも毎年カードの継続時にもらえるボーナスマイルも一般カードの2倍付与されるなど、一般カードとは差別化されています。

航空券の決済が主ですが、空港にあるANAの売店では提示するだけで割引を受ける事ができるのでお土産購入など空港で使用する事が多く、別途発行してもらったピタパカード、ETCカードと合わせて月額8万円程決済しています。家族のマイルを合算して使用したい場合は、家族もクレジット機能の付いたANAカードを所有している必要があるとのことで、家族カードも作ってもらいました。

元々クレジット機能の付いていないANAマイレージクラブカードを保有していましたが、そちらからのマイルの引き継ぎも簡単でした。

普段使いには特に不便さも感じませんし、もちろんマイルへ交換する以外のポイントプログラムも用意されていますが、そのあたりは一般的な三井住友カードとほとんど変わりません。普段から飛行機のよく乗る方向けのカードかなといった印象です。

ANA便に乗る時、グランドスタッフにクレジットカードを渡すだけでチェックインできます。ANA VISAワイドカード

ANA VISAワイドカード

2014年12月に自宅でインターネットを通してANA VISAワイドカードを作りました。作った理由は友人や家族から便利だと聞いたからです。またよく東京からANAの飛行機で実家に帰ったり、旅行するので効率的にマイルを得るために作りました。

作ってよかった点は、効率的にマイルがためられることと、フライトのときにEチケットをわざわざ印刷しなくても、グランドスタッフの方にクレジットカードを渡すだけでチェックインができることです。私自身がめんどくさがり屋でEチケットを印刷しないことも多かったので、それはすごく助かりました。

ANAカードは私がメインで使っているカードです。1,000円で1ポイント=10マイル貯まる仕組みになっています。年会費は7,830円です。私はこのカードは比較的高級なレストランへ行ったり、大きな買い物をしたときに使っています。また提携しているお店ではポイントが本来の倍たまるということで、小さな買い物でもそのようなお店ではANAカードを使用しました。

毎月の利用額は月によって違いますが、一番少ないときは1万円以下で多いときは22万円ほど使いました。このカードを作って悪かった点は特にまだありません。貯まったマイルはまだ使っていませんが、今後旅行に行くときに使おうと思っています。

マルイで貯まったポイントをマルイで使っています。エポスカード

maepos

2014年5月にOIOI溝の口店でEPOS CARDを作りました。このクレジットカードを作った理由はOIOI溝の口店に頻繁に行っていたことと、年会費無料で、入会すると2,000円分のプレゼントをもらえたからです。

作ってよかった点は単純にOIOIでポイントが貯まり、そのポイントをOIOIで使用できるという点です。このカードはほとんどOIOI溝の口店のみで使っていました。利用額は月によって違いますが大体2万円ほどでした。利用している付帯サービスは貯まったポイントの使用と、羽田空港のラウンジのみでした。一度ウェスティンホテルのレストラン優待の広告を見て行こうと思ったのですが、友人と時間が合わなかったので結局行けませんでした。

ポイントの還元率はOIOIで買い物する場合は100円で1ポイントでした。現金で支払ってもポイントが付くお店もあったのでそれは助かりました。貯まったポイントはOIOIで食品や商品を買うときに使用していました。ただし500ポイント以上でないとそのポイントは使えませんでした。

一方悪かった点は得にありません。年会費も無料ですし、私自身クレジットカードに求めるものは、ポイントを貯めてそれを利用するのみなので特に不満はありませんでした。ただ、今は引っ越しをしてOIOIがないエリアに住んでいるためポイントをもう使うことができないためこのカードの持ち腐れをしている点はもったいないと思います。

大学生になり一人暮らし生活に変わったのを機に自分専用のクレジットカードを作りました。三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

2015年2月、大学生になり一人暮らし生活に変わったのを機に自分専用のクレジットカードを作ろうと、インターネットで学生が作りやすい使いやすいクレジットカードを探した。三井住友カード デビュープラスの口コミが非常に良く、年に一度でも買い物をすれば年会費が無料になる、20歳以上であれば親の同意書無しでも最低利用限度額が10万円ということからこれにしようと決めた

種類は対応店の多いVISAにした。カード会社の対応は迅速で3週間ほどで手続きが完了しカードが手元に届いた。デザインはホワイトを基調に、落ち着いたネイビー色の英語でMITSUI SUMITOMO CARD そして、その下にDebut Plusと筆記体で書かれておりシンプルかつエレガンスで洗練された大人の印象を受ける

カードは主にアマゾンや楽天といったインターネットショッピング、またATMが周りにない時にの緊急時に用いており、平均の月々の利用額は1万円である。

VPASSというウェブサイトで前日までに利用した額を確認することができるのでいちいちレシートをメモしたり、計算する必要が無く非常に便利である。

また買い物したポイントもこの三井住友カード デビュープラスなら2倍たまるのでたくさん買い物をするユーザーにはお得なカードである。貯まったポイントは景品交換、マイレージや電子マネーへの変換、現金変換、おサイフケータイへの変換と選択肢が多いことも非常に便利だ。私は主にWAON等の電子マネーにポイントを変換し近所のスーパーマーケット等で買い物時に利用をしている。

この三井住友カード デビュープラスは18歳から25歳までの方が利用できるようになっているが、25歳を過ぎればプライムゴールドカードへ、30歳以上でゴールドカードへとランクアップすることができる。後から作り直す必要が無いため、25歳を過ぎた後もこのカードを使い続けていく予定である。このことから今25歳以下の方特に学生の方でクレジットカードを持ちたいと考えている方には非常におすすめの1枚である。

一番ポイントの使い道が多そうなカードを選びました。楽天カード

DSC_0410私が普段利用しているクレジットカードは、「楽天カード」です。

大学に進学する頃に作りました。ネット環境があればすぐに作ることが出来るという利点から、ウェブサイトで申し込みました。

私がクレジットカードを作ろうと思ったきっかけは、お金の自己管理に機微になろうとしたからです。意外に思われるかもしれませんが、クレジットカードを使い始めてから日々の管理に気を遣うようになりました。私の場合、これがこのカードを作って良かった点とも言えます。

悪かった点というのは、カード自体では今のところ特にありません。ただ、カードの利用明細確認をするのにウェブサイトを使わなくてはならないのですが、そのサイトの構造がわかりにくいということが挙げられます。また、リボ払いに関する手続きが煩雑で、調べながらでないと進めることができないといったこともあります。

私は主に、大きな買物をするときにカードを使っています。楽天カードはポイント還元率が高いので、そのような使い方が適していると考えたからです。先日もiPodを購入しました。

付帯サービスとして、私は楽天Edyを使っています。プリペイド式なので、その場でちょっとだけ使いたいときに重宝します。小さな買い物は楽天Edy、大きな買い物はクレジットというように使い分けています。

クレジットに求めるものはずばり、「ポイント還元率」です。今どき年会費無料というところが多くなり、当たり前になっているので、私はあまり重点をおいていません。そのため、一番ポイントの使い道が多そうな楽天カードを選びました。

紹介でカード作ると割引券がもらえてお得。PARCOカード

名古屋PARCOにて3年ほど前にこのカードを作りました。

作った理由としては、私自身がPARCOのお店でアルバイトしていて、誰かからの紹介でこのカード作ると割引券がもらえてお得だとアルバイト先の上司から聞いたので、このカードを作りました。

このカードを作って良かった点は、全国のPARCOでのお買い物がお得だということです。年に何度かPARCOカードでお買い物をすると5~15%ほど割引されて、お買い物できてしまう点は非常に便利でお得だと思います。更に、PARCOでの年間利用金額が10万円を超えるとSクラス会員という通常会員よりお得な会員にランクアップできるのでその点もお得だと思います。服屋さんやホテルでの利用で年間だいたい数千円ぐらいは使っていると思います。

このカードは利用金額ごとに永久不滅ポイントが貯まっていき、一定のポイントになるとお買物券やギフト券への交換やネットショッピングを楽しむことができます。更に、PARCO劇場での公演のチケットを先行で入手出来たりするサービスや宝くじを購入できたりすることもお得な点だと思います。このサービスは、全国のPARCOがある地域にお住まいの方にはとてもおススメだと思います。

名鉄百貨店、飲食店、服屋さん、ホテルなどの一回のお買い物金額が 5000円以上になるときに使っています。MICARD

名鉄百貨店にて3年ほど前にこのカードを作りました。作った理由としては、アルバイト先のお店で店長に作ったほうがいいと言われて、当時は作ると割引券がもらえたので、当時のアルバイト先の名鉄百貨店でエムアイカードを作りました。

このカードを作って良かった点は、このカードを使っての名鉄百貨店でのお買い物が現金で支払うよりも安くお得になったことです。悪かった点は、お得になるがゆえにお買い物をし過ぎてしまってカードの限度額ギリギリになることが多かった点です。

主に名鉄百貨店、飲食店、服屋さん、ホテルなどの一回のお買い物金額が5000円以上になるときに使っています。毎月だいたい1万円ぐらいは使っていると思います。

このカードは利用金額ごとにポイントが溜まっていき、一定のポイントになると名鉄百貨店で使える商品券に交換することができます。

このサービスは名鉄百貨店を利用する人にとってはあり難いサービスだと思いますが、その反面、年会費が2年目から3150円かかるので、名鉄百貨店をあまり利用されない方にはおススメできないかもしれません。

名古屋に住んでいて、名古屋駅によくいかれる方や、名古屋によく旅行で来られる方にはおススメかもしれません。

ドコモの携帯電話をお持ちの方にはとてもお得ですのでおススメできます。DCMXカード

ドコモショップにて2年ほど前にDCMXカードを作りました。

作った理由としては、ドコモショップの店員さんにスマートフォンを契約する際に作ったほうがいいと言われて、当時は作るとスマートフォンの購入金額が割引されるそうで、お得だと思い、このカードを作りました。

このカードを作って良かった点は、毎月の携帯代の引き落としがこのカードで決済されるためドコモポイントが通常のカードを使わない引き落としよりも多く貯まることです。普通に引き落としされて貯まるポイントの数倍多く貯まります。

それと、電子マネーのIDにも登録したので、現金がない時でもこのカードさえあれば簡単にお買い物できてしまう点は非常に便利だと思います。
IDは主にコンビニ、ドラックストア、書店等でお使いいただけます。毎月の利用金額は携帯代とIDの利用金額の合算でだいたい2万円ぐらいは使っている
と思います。

このカードは利用金額ごとにドコモポイントが貯まっていき、一定のポイントになるとドコモショップでのお買い物やネットショッピングでの
お買い物を楽しむことができます。このサービスは、ドコモの携帯電話をお持ちの方にはとてもお得ですのでおススメできると思います。

さくらJCBカードをネット通販用として作ったらポイントが溜まり想像以上にお得!

さくらJCBカードを作ったのは、インターネット通販サイトでの支払いのためでした。インターネット通販をする度に毎回、代金引換料金300円を支払っていましたが、クレジットカードを作ればその代金が浮くと聞いて作りました。

クレジットカードはインターネットのHPから申し込んで作りました。さくらJCBカードを作って、インターネット通販サイトでの使用が便利になりました。ただ、クレジットカードを使うと、「OKIDOKIランド」というポイントサイトにポイントが溜まるシステムになっていたのですが、クレジットカードが送付されてきた時には、その説明が上手くされておらず、ポイントの存在に気づいたのはかなり後になってからでした。もっとわかりやすい形で説明文をつけて欲しかったです。

私は、クレジットカードは、インターネット通販サイトで使えればいいというくらい認識で使っていましたので、ポイントが溜まるのは、想像以上に得でした。ポイントサイトを通過すると、有名インターネット通販サイトであるAMAZONのポイントが2倍になるのもお得でした。溜めたポイントはAMAZONの買い物のときに、割引として使っています。

さくらJCBカードは審査が厳しくなく、簡単に作れるJCBカードなので、インターネット通販サイトに便利でした。

これは無理かなと思ったときに審査が通ったのがJCBのプロパーカードでした

あれは、20歳前後の時でした、アルバイトもあまりしてなく、現金もなくて、けど遊びたいそんな気持ちがずっとありました。なんとか楽してお金を使いたいと考えていた私は、クレジットカードを作ってみようと思いました。

アルバイトもしてないのに、いろいろと携帯やwi-fiや新聞など固定費のかかるものを多く契約していたので、未払いが多くなかなかカード会社の審査に手こずりました。一気に何社も応募したともあって、なかなか審査がおりなかったのも、覚えています。もう、これは無理かなと思ったときに、審査が通ったのがJCBのプロパーカードでした。とても嬉しかったですね。

作った日に、いきなり10万円のパソコンを買ってしました笑。馬鹿です。

分割で買ったのですが、それが失敗でしたね。毎月毎月、分割の支払いにかなり困りました。いきなり返済も考えずにカードを使ってしまいました。支払日に引き落とせなかったら、カードは止まるし、家にも手紙がくるし冷や汗モノでしたね。

カードのいいポイントとしては、
・現金がなくても、買い物ができるのでいざって時に安心ができる。
・自分の使った額がはっきりわかるので、お金の管理をしやすい。
などがありますが、僕にとっては完全に裏目にでましたね。笑

結局、アホみたいにポンポンカードを使っていたので、支払いに困り、リボ払いになり、金銭感覚がなくなり、どんどんカードに依存していくようになりました。

コンビニなどでの、小口決済でも簡単にカードを使っていくようになり、いつもすぐに限度額がいっぱいになってしまいました。さすがに、このままではまずいと思い、なんとかしようと試みましたが、なかなかカードの癖は向けなかったですね。

荒治療としてカードのサービスを停止して、返済に一生懸命になり、一年がかりでなんとか返済はできました。もっとうまく使えば、ポイントを貯めて、そのポイントで旅行したり買い物できたんじゃないかと思います。カードのブランドももっとはじめから選べたらよかったなと思います。うまく使えば、幸せに付き合えると思います。しかし、カードに使われるとどんどん自分を負のスパイラスに追い込んでしまうと私は、思います。

年10万円以上の買い物で翌年一年間ずっと5%オフのSクラスカードがもらえます。PARCOカード

私がPARCOカードを作った理由は、PARCOで買い物をすることが多い人にとって、とてもお得なクレジットカードであると勧められたからです。PARCOカードを作った当初は、年会費も無料だし持っていて特に損はないかなというくらいの気持ちでしたが、今ではとても重宝していて、良く使うクレジットカードの一つとなっています。

PARCOカードの最大の利点は、時々行われるPARCOのバーゲンでクレジット払いをすることで、安く買い物ができるということです。値引きの率はそのときのバーゲンや店舗によって異なると思いますが、先日私がした買い物では、支払い時に5%オフ、請求時にさらに5%オフされるということでした。さらに、年に10万円以上PARCOで買い物をすれば、来年一年間ずっと5%オフになる、Sクラスのカードがもらえます。

また、買い物以外でも、PARCOにあるギャラリーの入場料が無料になるというような特典も利用したことがあります。さらに、PARCOカードはセゾンカードでもあるので、セゾンカードと同様、永久不滅ポイントが貯まりますし、毎月5日と20日には、西友、リヴィン、サニーにおいてクレジット払いで買い物をすれば5%オフになります。私の場合、近所の西友で5日と20日以外にも不定期に5%オフが行われているので、そのときはPARCOカードで支払いをするようにしています。

シダックスはエポスカードの提示でルーム料金や食事が安くなります。

私がエポスカードを作ったのは、マルイでの買い物のためというのが最大の理由です。年4回、「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンが開催され、その間のマルイでの買い物が10%オフされます。さらに、この割引はマルイの通信販売というような店舗以外での買い物でも適用されるためとても便利です。

私の場合、実家の近くにマルイがあるため、実家に帰った時にはマルイをよく利用するのですが、現在住んでいる場所の近くにはマルイがありません。実家に帰る用事はないけれども、ちょうど欲しいものがあるときにキャンペーンが開催されたときなどは、よくマルイの通信販売で買い物をします。

また、マルイ以外でも優待が受けられる店が多く存在するのも魅力的です。私はよくシダックスを利用するのですが、エポスカードを提示すればルーム料金が安くなったり、食事メニューが安くなったりします。また、電子マネーの楽天Edyを使う人にとってもエポスカードは便利な存在となっています。少し前まではクレジットカードでEdyのチャージを行ったときにポイントが貯まるカードが多かったのですが、最近では一部のカードでしかチャージでポイントが貯まらなくなってしまいました。

エポスカードはその数少ないカードの一枚であり、1000円のチャージにつき1エポスポイント貯まります。もちろんEdyを使用したときのポイントも貯まるので、ポイントが二重取りできてとてもお得です。

最大の特徴は自分の誕生日の月はポイントが5倍になるということ!ライフカード

私がライフカードを作った理由は、ライフカードが採用しているサンクスプレゼントのポイント制度が魅力的だったからです。最大の特徴は自分の誕生日の月はポイントが5倍になるということでしょう。そのため、私の場合はメインカードとしてというよりはサブのクレジットカードとしてライフカードを作りました。

誕生日の月は何かと出費が多く、自分へのプレゼントとして大きな買い物もしたいので、そのようなときはライフカードを使うようにしています。年会費も無料ですし、誕生日の月だけの使用という用途が可能になっています。また、LIFE-Web Deskに登録すれば、請求額や利用可能額も簡単に見ることができますし、リボ払いへの変更やその他の申請も簡単に行うことができるのも便利です。

さらに、LIFE-Web Desk会員専用サービスとしてL-Mallというのがあり、L-Mall経由で買い物をするとサンクスプレゼントのポイントが最大25倍たまります。よくインターネットで買い物をする人や、L-Mallに登録されている店を利用する人は、L-Mall経由で買い物をすればとてもお得にポイントを貯めることができます。私の場合、無印良品のネットストアやアマゾンをよく利用するので、そこで買い物をするときにはL-Mall経由で買い物をするようにしています。

一番重宝しているのはカード利用お知らせメール。安心感があります!楽天カード

私が楽天カードを作った理由は、インターネットで買い物をすることが多く、特に楽天での買い物の機会が多いからです。当時は楽天カードを作ることで楽天ポイントがもらえたため、お得だと思い作りました。今でも新規入会でポイントがもらえるキャンペーンはやっているようです。しかし、最大の魅力は還元率だと思います。還元率0.5%のクレジットカードが多いですが、楽天カードは常に1%の還元率なので、かなりお得だと思います。

1%の還元率でもお得ですが、楽天で行われるキャンペーン次第ではこの還元率をさらに上げることも可能です。楽天ではユニークなキャンペーンがたくさん行われているので、それらをチェックする楽しみもあります。

また、クレジット払いで貯まったポイントは楽天での買い物で使うことができるので、楽天でよく買い物をする人にとってはとても便利な制度となっています。さらに、ポイント制度以外にも便利な機能があります。

私が一番重宝しているのは、カード利用お知らせメールの機能です。楽天カードで支払いがされると、登録してあるメールアドレスにメールが届きます。この機能によって不正利用を早期発見できますし、利用されてしまったらメールが届くということで、安心感があります。


特選クレジットカード

楽天カード

楽天カード 年会費無料 / いつでもどこでも100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場でのお買い物は最強の還元率2~7% / 貯めたポイントは1ポイントから使える

JCBカード

JCBカード JCBカードは多彩な機能とサービスを兼ね備えた、日本発の国際ブランドカード。オンライン入会で初年度年会費無料 / 海外利用でポイント2倍 / スタバでポイント5倍、セブンで3倍!

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT 電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載した便利な一枚! / 年会費無料 / いつでもどこでもポイント1%還元! / 入会後6ヶ月間はなんとポイントが2倍(2%)! / オリコモールを経由しての買い物でプラス0.5%分の特別加算

イオンカード

イオンカード すべて年会費無料 / 電子マネー「WAON」との相性もバツグン / イオンで豪華特典 / 割引&ポイント倍増のオンパレード / ETCカードも無料 / WEB限定キャンペーン実施中

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード 空港ラウンジ / 手荷物無料宅配サービス / 海外用携帯電話レンタル割引など旅行に行くならアメリカン・エキスプレス。【初年度年会費無料キャンペーン実施中!】

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード 信頼と安心のブランド / 初年度年会費無料 / VISAと言えば三井住友カード / 安心の海外旅行傷害保険付き / 最大10,000円分プレゼントキャンペーン!

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 入会で自動的にSPGゴールド会員 / 継続で無料宿泊特典 / スターポイントは有利にマイルに移行可能 JAL・ANAもOK / 最高1億円の海外旅行傷害保険付帯 / 手荷物無料宅配サービスが復路で利用可能

VIASOカード

VIASOカード 年会費無料 / VIASO eショップ利用で最大10%のポイント還元 / 貯まったポイントは1ポイント1円で自動キャッシュバック / ETC、携帯料金、プロバイダー料金はポイント2倍 / 最高100万円のショッピング保険

MUFGカード

MUFGカード 年会費1,905円(税別)で持てるゴールド / 初年度年会費無料 / 海外旅行傷害保険自動付帯 / 最短翌営業日発行 / ショッピング保険付帯 / 今ならキャンペーン実施中

Luxury Card

ラグジュアリーカード ステンレス製の金属カード / 24時間対応のコンシェルジュ・サービス / 最高1億円の国内海外旅行傷害保険 / 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジ / 国際線手荷物宅配無料 / 有名レストラン、カフェー、ワインバーなどで各種優待

特徴・機能別クレジットカード

  • ポイントためるなら楽天カード
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加