ホーム > 三井住友カード > カード会社インタビュー 三井住友カード

第4回 三井住友VISAカード エブリプラス

三井住友VISAカードのリボ払い専用カード「エブリプラス」が今、注目を集めています。ポイントがいつでも3倍、年会費無料というのが大きな魅力で、これまでリボ払いの経験がなかった人にも浸透しています。クレジットカードDB編集部では、三井住友カードの東京本社で、エブリプラスの開発担当者にお話を伺いました。

<三井住友カード株式会社 ファイナンス事業部シニアスタッフ 松隈宏司氏、大阪個人営業部 神原明日香氏 取材日:2012年4月 (取材・構成:クレジットカードDB編集長 大澤日出男)>

いつでもポイント3倍

---三井住友VISAカードのリボ払い専用カード「エブリプラス」は、発行を始めて間もないですね。

松隈 「今年の2月10日からスタートしました。」

---どんな特徴がありますか?

松隈 「エブリプラスは、「年会費無料・ポイント3倍」というコンセプトで、発行させていただいております。リボ専用カードはすでに他社さんも出されていますが、「新しいことをしたい」という思いから、弊社としてできることを検討した結果、「ポイント3倍」ということになりました。「ポイントで訴求するカードを出したかった」ということです。」

---確かに、ポイント2倍というのはありますが、3倍っていうのは珍しいですね。

松隈 「はい。他社さんも含めてポイント3倍というカードは見かけないないですね。三井住友VISAカードでは「マイ・ペイすリボ」というリボ払いサービスを行っているのですが、こちらの場合、ポイントは2倍です。エブリプラスのポイントを3倍にすることについては、社内でいろいろ議論がありましたが、最終的には「新しいことをやってみよう」ということになりました。特定のお店だけでポイントをプラスにするのではなく、加盟店の業者をしぼらずにどこでご利用いただいても3倍にすることにこだわりました。」

---「いつでもどこでも3倍」ということですね。

松隈 「はい。厳密にいえば、ポイント3倍になるのは、リボ払いの金利手数料が発生する月、という条件があります。」

---ポイント「3倍」というと、三井住友VISAカードの通常のポイント還元率が0.5%なので、エブリプラスは還元率1.5%ということになりますね。

松隈 「そうですね。」

---「ポイント3倍」にしたのは、ポイントにこだわられるお客様が多かったからですか。

松隈 「はい。クレジットカードで訴求できる、または目を引くのは、やはりポイントだと思いました。」

年会費が永久無料

---エブリプラスは、年会費が永久無料ですね。

松隈 「当社としては、カードを長くご愛顧いただきたい、気軽に持っていただきたいという思いがあります。年会費がかかると、入会の敷居が高くなってしまいます。一度エブリプラスを試していただき、本当に使えると思ったら継続して持っていただきたい、という考え方です。

---想定されているユーザー層や年齢層を教えてください。

松隈 「エブリプラスは、若年層、いわゆる20代、30代くらいの方をターゲットにして発行しています。しかし実際には、予想以上に30代、40代の方もご入会いただいております。これは、三井住友VISAカードのブランド力や知名度によるものではないかと思います。」

---エブリプラスの利用額の上限はいくらですか。

松隈 「入会時は80万円です。これは、お客さまの与信審査によって異なります。下限は10万円になります。」

計画的に返済できる「ウィズアウト方式」

---エブリプラスの支払方法は、「ウィズアウト方式」というタイプだそうですね。

松隈 「エブリプラスで採用しているウィズアウト方式とは、簡単に言えば、元金を定額で返済していく方法です。

たとえば、毎月の返済を「5,000円コース」で設定していただいたら、5,000円は必ず残高から引かせていただきます。それに加えて、手数料を別途お支払いいただきます。結果として5,000円プラス1,000円なり2,000円、つまり合計で7,000円なり8,000円をお支払いいただくことになります。

リボ払いには、もう一つウィズイン方式というのがあり、こちらは、たとえば「5,000円コース」だったら5,000円だけを支払い、手数料は上乗せしないという方式です。

当社がこのウィズイン方式ではなく、ウィズアウト方式を選んだ理由は、計画的にリボ払いサービスをご利用いただきたいからです。ウィズアウト方式なら、「返済期間が長すぎて、いつまでたっても減らない」という状態を避けやすくなりますし、返済期間も短くすることができます。」

神原 「ウィズアウト方式は、お客様が最終的に支払う手数料も減ります。お客様にとっては、返済が早く済んで手数料も少なくてすむ、というメリットがあり、当社にとっても(カード利用と返済の)回転が速くなる、という利点があります。」

---ウィズイン方式の方が、カード会社の手数料収入は増えますが…

松隈 「そうですね。手数料だけを考えればそうです。弊社も当然収益をあげなければならないので、何度かウィズイン方式も検討には上がりました。ただ、やはりショッピングについては、計画的に返済してもらう方がいいのではないかということで、今でもウィズアウト方式を採用しています。」

手数料は翌月の支払日まで「ゼロ」

---エブリプラスは、いつから手数料が発生するのですか。

松隈 「エブリプラスは、カードでお買い物をしていただいた日の翌月の決済日(カード利用額の支払日)までは手数料が発生しません。つまり、翌月の決済日までに、普通のカード払いと同じように一括で返済していただければ、手数料が全くかからないのです。手数料が発生するのは、あくまで決済日の翌日以降になります。」

---手数料が発生するタイミングが遅いので、その分お得だということになりますね。

松隈 「そうですね。「26日決済」などという言葉をよく聞かれると思いますが、カードをご利用いただくと、その月の月末に一回締めさせていただきます。そして、その分は翌月の26日に引き落としさせていただきます。通常のリボ払いの場合は、月末の締め日までは手数料はかからないのですが、翌月の1日からは手数料が発生します。ところが、三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」をご選択いただくと、締め日以降も、その翌月のカード支払日までの手数料は発生しませんので、そういった意味ではお得なカードです。」

---「マイ・ペイすリボ」とは、三井住友VISAカード共通のリボ払いサービスですね。

松隈 「そうですね。エブリプラスは、「マイ・ペイすリボ」が基本設定でついているカードということになります。」

キャッシングの金利が最大13%まで下がる

---エブリプラスでは、リボ払いによるキャッシングの金利が通常17%のところ、最大で13%まで下がるそうですね。どうすれば下がるのでしょうか。

松隈 「商品の経緯からご説明しますと、今回の「エブリプラス」という商品の前身には「エブリカード」というカードがありました。エブリプラスは、このエブリカードのコンセプトをそのまま踏襲しています。キャッシングの金利の引き下げもその一つです。

エブリカードのキャッシングの金利引き下げは、「お支払いに延滞がないお客様には、何らかのかたちでお返ししたい」という思いで始めました。利息を少しでもお安くしようという趣旨です。

具体的に言いますと、カード利用の有無を問わず、カード支払日に延滞が1年間なかった場合には、翌年度にキャッシングの利率を1%引き下げさせていただくというサービスです。これを最大で4年間繰り返して、最大で4%まで引き下げできます。

年に1回でも延滞があった場合には、利率は下がりません。また、利率が下がった場合でも、年に2回以上延滞があれば、基準の利率に戻させていただくというお約束です。たとえば、2年間で2%下がって利率が15%になったお客様が、その年2回以上延滞をされた場合は、その翌月には17%に戻ってしまいます。

当社としては、普通にお支払いいただいている、約束をお守りいただいているお客様にはできるだけ還元したい、という思いがあります。」

---利率が最大で13%にまで下がれば、かなりお得だと言えますね。

松隈 「はい。クレジットカードの中では安い金利だと思います。クレジットカードについているキャッシングの利率は、一般的には18%くらいが平均です。」

保険も充実

---ポイントや金利以外に、エブリプラスが他のリボ専用カードと比べて優れている点を教えてください。

松隈 「エブリプラスには、「お買物安心保険」がついています。これは、カードで購入した商品が破損・盗難による損害を、一定期間、100万円を限度に補償するというサービスです。また、このカードだけではありませんが、インターネットでのショッピングの場合でも、パスワードを不正に盗まれた場合に補償する「Vpass ID 安心サービス」がついています。ネットやスマートフォンをよく使われる方に便利なカードなのではないかと思います。」

---エブリプラスは、ネットのお客さんを重視されているそうですね。

松隈 「そうです。「ネットをよく使われるお客様に使っていただきたい」という思いがあり、エブリプラスについては紙の申込書での受付ではなく、インターネットでのお申込みに限定させていただいております。その分コストも抑えられ、お客さまへの特典に還元しています。」

リボの賢い使い方

---エブリプラスを利用するうえでの注意点や賢い利用方法を教えてください。

松隈 「エブリプラスは、原則的にリボ払いをコンセプトにした商品です。そのため、便利な部分もあるのですが、当然、手数料が発生する商品でもありますので、お客さまの状況に応じて返済していただきたいと思います。例えば、ボーナスが出た場合に多く返済するなどです。当社は「増額返済」「繰り上げ返済」など計画的な返済方法をいくらでもご用意しておりますので、そうした制度を充分にご活用していただきたいと思います。」

---リボ払いを普段使わない人もいると思います。リボ払いはどのような時に便利ですか。

松隈 「リボを普通に使われないという方で、リボを使うニーズが発生する場面としては、例えば、結婚式が立て込んでしまっただとかでカードのお支払いがピンチな場合や、どうしても欲しい高額な商品があった場合とかに便利です。キャッシングの場合では、「どうしても子供を予備校に入れないといけない」といった教育資金が必要なときなどが考えられます。」

---今のような経済状況では、リボを使う人も増えているのでしょうね。

松隈 「もともと日本のリボ利用率はアメリカ等と比べて大分低いため、そういう意味では若干上がり基調ですし、もう少し伸びを期待できるのではないかと思います。」

---どうしても借金というものに対してマイナスイメージを持つ人は多いですね。

松隈 「「借金は嫌だ」とおっしゃるお客さまも多いのは事実です。ただ、リボ払いは自己投資や本当に必要な時に役立つと思います。そして、返せる余裕があるときはすぐに返済するようにすれば、とても便利な商品だと思います。」

今やリボの顔!人気キャラ「ウリボー」

---三井住友VISAカードのリボ払いのキャラクター「ウリボー」が誕生した経緯を教えてください。

松隈 「ウリボーの名前は、イノシシの子どもの「ウリ坊」とリボ払いの「リボ」をかけたものです。リボ払いに少しでも親しみを持ってもらいたいというのが、ウリボーを作った狙いです。ウリボーが誕生したのは、亥年(イノシシドシ)の2007年です。弊社のリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」のサービスはもっと前からあったのですが、リボ払いを少しでも認知してもらいたいとの思いから、イメージキャラクターを作った次第です。」

神原 「ちなみにウリボーは、「リボ」という言葉しかしゃべれません。」

---ウリボーはどのように活用されていますか。

松隈 「テレビCMはもちろんのこと、三井住友VISAカードの会員誌やダイレクトメールなどで、リボ払いの啓発をするときに登場してもらっています。その他、リボ払いのキャンペーンをやるときにも活躍しています。」

---反響はいかがですか。

松隈 「反響はあります。特にお子様に受けがいいようです。お子様をお持ちのお母さんから「ウリボーを欲しい」という声を聞きます。大分認知されているようで、リボ払いそのものを浸透させるのに役立っていると思います。」

(文中敬称略)

三井住友VISAカード エブリプラス 詳細はこちら

三井住友VISAカード

ホーム > 三井住友カード > カード会社インタビュー 三井住友カード

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード会社直撃インタビュー

2億6千万枚のクレカライフ

  • ユーザーインタビュー 旅行作家 中山茂大さん
  • ユーザーインタビュー 写真家 柴田秀一郎さん
  • ユーザーインタビュー サイクリスト 舘浩道さん

特徴・機能別クレジットカード

  • スピード発行のクレジットカード。お急ぎの方へ!最短即日発行のカードも
  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
三井住友VISAカードエブリプラス
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加