知恵を絞り、手間暇かけて貯めたマイル。

気がついたら有効期限が切れて失効していた、なんてことはありませんか?

また、ヨーロッパビジネスクラス往復を狙っていたものの、有効期限が迫ってきたため、国内やアジア往復旅行券で妥協した、なんて経験はないでしょうか

そこで、今日はマイラーにとって重要な要素の一つ、「有効期限」というテーマに取り組んでみたいと思います。

マイルの有効期限は、航空会社によって異なります。

中には有効期限の無いデルタ航空や、利用のたびに有効期限が延長されるユナイテッド航空などもありますが、多くの航空会社はマイルに期限を設けています。

例えばJALやANAは、どちらも搭乗日の36か月後の月末にマイルが失効してしまいます。3年間の間にどれだけポイントを貯め、使えるかが、カギとなります。

マイルの寿命を延長する術

マイルを獲得する方法は、いろいろありますが、ここでは大きく二つに分けます。ひとつはフライトで貯めるマイル。もうひとつは、クレジットカードのポイントを交換することで貯めるマイルです。

先ほどのANAとJALも、フライトで得たマイルには、自動的に3年という期限が生まれてしまいます。しかしクレジットカードによるマイル獲得では、ポイントをマイルに交換した時点から航空会社の有効期限が発生します。

つまり、もしクレジットカードのポイントに有効期限がなければ、できるだけポイントの状態で保管し、マイルが必要になった時、必要な分だけ移行して使うことでマイルの寿命を延長させることができます。

クレジットカードのポイントの有効期限

これを実践するには、ポイントに有効期限がないクレジットカードを選ぶことが前提となります。

そのうえで、以下のポイントが判断材料になってきます。

1.マイルとの交換比率
2.マイルの交換先あなたが望む航空会社が含まれているか
3.マイル交換の際の制限下限、上限など
4.マイル交換手数料
5.年会費

それでは、ポイントの期限がないカードをピックアップして、見てみましょう。

JALやANAを含む36社ものマイルに交換できる

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード(以下SPGアメックス)で貯まるスターポイントは、航空会社36社のマイルに交換が可能です。その中には、多くの人が貯めているJALマイルも含まれています。(2017年7月現在)

JALはこういった交換プログラムにあまり参加してしないので、JALマイラーにとっては、有難い仕組みです。

これだけ多くの航空会社のマイルと交換できるということは、どのような価値があるのでしょうか。

たとえば、長い時間をかけて貯めてきたマイルの有効期限が迫ってきて、あと少しマイルがあれば航空券に換えられる、という時、スターポイントから必要な分だけマイルを移行すれば、期限切れでマイルを無駄にすることがなくなります。

特に、複数の航空会社でマイレージを貯めている方にとってはマイルが分散してしまい、使うことなく有効期限が切れるなんてことが多いと思います。

また、その時々、行きたい場所に応じてその路線に強い航空会社のマイレージにポイント移行し、航空券を買うという使い方も可能です。

また、ある航空会社ではブラックアウトでチケットが取れなくても、別の航空会社で予約がとれるなんていうこともあります。このように、マイル交換先が多いということは、使い勝手の良さにつながってきます。

SPGアメックスの高いマイレージ交換比率

いかに多くの航空会社のマイレージと交換できても、交換比率が悪ければ元も子もありません。SPGアメックスの良い点は、ほとんどの航空会社のマイルとという比率で交換できる点にあります。

さらに嬉しいことに、一度に20,000スターポイントをマイルに交換すると、5,000ポイントのボーナスがもらえます。カード利用100円でスターポイント。2,000,000円の利用で20,000スターポイント。それをマイルに交換すると、25,000マイルになり、還元率は1.25%。

JALカードの還元率が1%のため、SPG AMEXはJALカードよりもJALマイルが貯まるカードと言えます。

なお、交換比率が1:1でないのは、ニュージーランド航空65:1、ユナイテッド航空2:1、ゴル航空2:1。これらのマイレージを貯めている方は、メリットが少ないので注意が必要です。

スターポイントのマイルへの最小交換単位は?

スターポイントをマイルに移行する際、最小移行単位があります。プリファードゲスト会員だと最小移行単位は2,500スターポイントですが、SPGアメックスに入会してゴールドプリファードゲスト会員になると1,500スターポイントと少なくて済みます。

最少移行単位が少ないということは、細かい移動ができ、ポイントを無駄なく使える事になります。

なお、この最小移行単位以上であれば、1ポイント単位で移行することができ、使い勝手が非常に良いといえます。

移行手数料が無料

マイルに移行するたびに手数料を取られていては、還元率が高くてもメリットが減ってしまいます。

SPGアメックスの良いところは、マイルに変える際に手数料が掛からないということ。おかげでこまめにマイルを移行することができます。

移行上限がゆるい

スターポイントをマイルに交換する場合、24時間の枠内に移行できるポイントに上限があります(79,999ポイント)。

現実的には、ボーナスがもらえるのが20,000ポイント毎なので、60,000ポイントボーナス15,000ポイントの計75,000ポイント75,000マイルが、1日に効率的に移行できるポイントとなります。

これだけ移行できれば、問題ないと思いますし、24時間を過ぎればまた移行できるので、制限を理解したうえで事前に対応すれば、大きな制約にはならないでしょう。

参考までに。ソラチカカードのポイントをANAのマイルに移行する場合、毎月20,000ポイントが上限となっています。

スターポイントは実質有効期限なし

ポイントの獲得や交換・移行がある限り、スターポイントの有効期限は延長されていきます。だから、SPGアメックスを毎月少しでも使い続けていれば、スターポイントに実質有効期限はありません。

ここまで挙げてきたマイルへの交換しやすさなどと併せて考えると、このメリットで一気に使い勝手が広がり、SPGアメックスをもつ意味が生まれてきます。

多くのマイレージプログラムには、有効期限が存在します。

たとえば、JALやANAであれば、約3年。そのあとは、ANAコインに変えたりすることで期限の延命は図れますが、その際に価値が目減りしていってしまいます。

生活の中での支払いをSPGアメックスにまとめることで、スターポイントで貯めておき、必要な時に必要な分だけ、必要な航空会社のマイルに交換すればいいのです。

SPGアメックスは、マイレージを管理するための冷凍庫のような役割を担ってくれるのです。使う直前まで冷凍保存しておき、使うタイミングで使いたい分だけ解凍する。そうすることで、長い期間をかけてマイルを貯めることができ、マイレージでヨーロッパビジネスクラスの旅なんてことが可能になります。

まとめ


SPGアメックスを1枚もつことで、様々なマイレージを無駄なく使うことが可能となります。

カード継続の度にもらえる無料宿泊券や、提携ホテルでの優遇とあわせれば、31,000円という年会費を払ってもなお、マイラーにとっては価値のある1枚といえるカードです。

 スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード


スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG AMEX)
入会で自動的にSPGゴールド会員 / 貯めたスターポイントで宿泊 / スターポイントは有利にマイルに移行可能 / 有効期限がないスターポイント / 継続で毎年無料宿泊特典


マイルのお得な貯め方・使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加