seven-hikaku

セブンイレブンやイトーヨーカードでお得なクレジットカードといえば「セブンカード」ですが、今年になって「セブンカードプラス」という新しいカードがセブンカードサービスから発行されました。

プラスという言葉が付いたので、名前を見て「従来のセブンカードよりもサービスが増えたに違いない!」と思う方が多いと思いますが、実際、セブンカードプラスはどんな点で既存のセゾンカードよりも優れているでしょうか?また、サービス内容や機能の違いなどはあるのでしょうか?

今回は、「セブンカードとセブンカードプラスの違いが知りたい!どちらを持てばいいのかわからない!」という方の為に、セブンカードとセブンカードプラスの内容や特典を比較して、どういった方にどちらのカードが合っているのか、という点を探求していこうと思います。

セブンカードとセブンカードプラスのどちらも年会費無料。無料になる条件も同じ。

セブンカード、セブンカードプラスともに年会費は500円です。どちらも、前年度にカードを5万円以上利用すれば、次の年の年会費が無料になるという特徴をもっています。

セブンカードとセブンカードプラスは貯まるポイントが違う!

セブンカードで貯まるポイントは「セブンカード/アイワイカードのポイント」、セブンカードプラスで貯まるポイントは「nanacoポイント」です。実は違うんですね。
 セブンカードはアイワイカードのポイントなので、アイワイポイント利用加盟店(イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズ)で、会計の際に「ポイントで支払います」といえば、1ポイント=1円として利用できます。交換手続きなどが必要ありません。「電子マネーnanaco」「アカチャンホンポギフトカード」「ANAマイル交換」等の各種ポイントに交換することもできます。

またセブンカードプラスで貯まるnanacoポイントは、nanacoに交換して1ポイント=1円で現金代わりに使うことができます。交換するには、セブンイレブン、デニーズ、ファミール、イトーヨーカドー、西武・そごう、ヨークマート、ヨークベニマルなどのレジかウンターで「ポイントを電子マネーに交換します」と口頭で伝える必要があります。

基本的なポイント還元率、倍付けになる店舗も同じ!!

tokuten
セブンカードもセブンカードプラスも、基本的な還元率は同じです。どちらもアイワイ系列の加盟店で利用するとポイントが倍になり、それ以外の店では基本0.5%還元となります。どちらのカードも西武、そごう、アリオ、セブンネットショッピングは両カード共に200円ごとに2ポイント付与、セブンイレブン・デニーズ・ファミールでは200円利用につき3ポイント付与になっています。

その他の店舗では、還元率は変わらないものの、その付与額が少し変わります。セブンカードはイトーヨーカドー、ヨークマートでカード払いをすると100円ごとに1.5ポイントが貯まります。しかしセブンカードプラスでは、イトーヨーカドー、ヨークマートでは200円利用につき3ポイント貯まります。

ポイントに関する大きな違いは、セブンカードプラスは「イトーヨーカドーの累計ボーナスポイントが適用されない」という点でしょう。セブンカードには、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズでの年間の合計利用額に応じてボーナスポイントが付与される特典があります。

100万円達成→3,000ボーナスポイント
150万円達成→10,000ボーナスポイント
150万円からは100万円達成毎→10,000ボーナスポイント

このように、セブンカードなら利用累計額によってボーナスポイントがもらえますが、セブンカードプラスは対象外なので貰うことができません。つまり、イトーヨーカドー、ヨークマン、オッシュマンズでの買い物がメインの方で、年間で100万円以上利用しているという方は、セブンカードプラスよりも従来のセブンカードを持ったほうがよいことになります。

ただ、セブンカードプラスには「セブンイレブンで対象商品をクレジット決済で購入するとポイントがアップする」という特典がつけられています。商品は限られますが、10ポイント近く上乗せされる場合もあるので、欲しいものと対象商品が被った場合に力を発揮してくれます。

ANAマイルに交換できる単位が違う!

ana-koukan

セブンカードではANAマイルに交換する場合、3,000ポイントで1,500マイルの換算、3,000ポイント単位での交換となります。交換上限はありません。交換お申込み後、約1~2ヶ月後に加算されます。

セブンカードプラスでnanacoポイントからANAのマイルへ交換する場合は、nanaco会員メニューから申しこめます。nanacoポイント500ポイント以上500ポイント単位で交換でき、レートはnanacoポイント 500ポイント ⇒ ANAのマイル 250マイルです。交換までの期間申込みから約2日です。

レート自体はセブンカードもセブンカードプラスカードも変わりませんね。ただ、交換可能な最小単位はセブンカードプラスのほうが低く、また交換期間も通常のセブンカードが1~2ヶ月かかるところをセブンカードプラスなら1~2日で交換できますので、そういった点ではセブンカードプラスのほうが有利です。

毎月8のつく日 は両カードとも5%割引!

8-tokuten

セブンカードもセブンカードプラスも、毎月8のつく日に開催されるハッピーデー(8、18、28)に全国のイトーヨーカドーおよびネットスーパーでカードを利用すると5%オフになります。また毎月第三土曜日と翌土曜日はオッシュマンズでのカード利用も5%オフになります。

セブンカードとセブンカードプラスどちらを持てば良い?

osusume-seven

セブンカードとセブンカードプラスの違いを簡潔にまとめると以下になります。

●セブンカード、セブンカードプラスともに500円(無料条件は一緒)
●セブンカードプラスならnanaco一体型が持てる(セブンカードは別々)
●セブンカードで貯まるのは「セブン/アイワイポイント」セブンカードプラスは「nanacoポイント」
●セブンカードプラスならnanacoで貯めてnanacoで使える。
●セブンカードのボーナスポイントサービスがセブンカードプラスにはない。
●セブンカードプラスはセブンイレブンでポイント倍増商品を購入するとポイントがアップする。

セブンカードプラスの年会費はセブンカードと同じになりました。どちらも年間5万円利用で無料になります。一方でセブンカードプラスはnanaco一体型で、ポイントをすぐにnanacoとして利用しやすい利便性にも優れています。

ただ、セブンカードプラスにはボーナスポイントがありません。もしイトーヨーカドーで年間100万円以上使う方なら、従来のセブンカードを持ち続けたほうがいいでしょう。

また、セブンカードプラスは今ならキャンペーンを実施しています。これから申しこむならやはり、セブンカードプラスがおすすめです。

 セブンカードプラス

 
セブンカード

セブンカードプラス
初年度年会費 無料
年会費 500円
年会費無料条件 年間でカードを5万円利用すれば翌年無料
ポイントサービス名 セブンカード/アイワイポイント nanacoポイント
ポイントサービス内容 ・通常は200円=1ポイント
・イトーヨーカドーで100円=1.5ポイント付与
・セブンイレブン・デニーズは200円=3ポイント
・そごう、西武で200円ごとに2ポイント付与
・通常は200円=1ポイント
・セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズで200円=3ポイント付与
・そごう、西武で200円ごとに2ポイント付与
国際ブランド VISA、JCB
ポイントレート 1ポイント=1円
家族カード 発行可能
(年会費200円)
申し込み資格 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
ショッピング保険 100万円
ANAマイルへの交換単位 3,000ポイント→1,500マイル 500ポイント→250マイル
セブンイレブンでの対象商品クレジット決済ボーナスポイント
ヨーカドーのボーナスポイント付与

 


セブンカード
毎月8のつく日(8日、18日、28日)は、全国のイトーヨーカドー・エスパおよびネットスーパーで利用すると食料品・衣料品・住まいの品が5%割引


ショッピングがもっと楽しくなるカード選び

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
セブンカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加