sezon-pvsg

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」に近いスペックを持つカードとして「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」があります。どちらも優待サービスを沢山持っているカードですが、その違いを見てみましょう。

プラチナビジネスとゴールドの大きな違いは以下のサービスです。

《プラチナビジネスでは無料だがセゾンゴールドアメックスでは有料のサービス》

  • プライオリティパス
     (年会費優遇されるがプレステージ会員になるには10,000円+税が必要)

  • セゾンマイルクラブ
     (ゴールドは年会費4,000円+税 が必要、プラチナビジネスは無料登録可。)

このふたつのサービスの有無で大きくカードの価値が変わってきます。ゴールドアメックスの年会費は10,000円(税抜)ですが、別途プライオリティパスのプレステージ会員になれば10,000円が加算され、プラチナビジネスと同じ20,000円(税抜)になりますし、さらにセゾンマイルクラブに登録すれば年会費4,000円(税抜)を払うことになり、最終的に24,000円(税抜)を一年間に負担することになります。これなら、圧倒的にプラチナビジネスをもったほうがお得ですね。しかもプラチナビジネスは年間200万円利用すれば年会費半額にできるので、プラチナビジネスのサービスをすべて保持しながら年会費をゴールドと同額の10,000円(税抜)まで下げることができます。つまり、プライオリティパスの利用価値のある方、もしくは年間で確実に200万利用する予定がある方なら、ゴールドではなくプラチナビジネスを選んだほうが良い、ということになります。

ただ、年間利用額が200万円を超えない方で、なおかつプライオリティパスは必要なく、JALマイルを効率的に貯められればいいという方は、プラチナビジネスではなくセゾンマイルクラブに登録したゴールド(年会費+マイルクラブ登録費で14,000円+税)という選択もありでしょう。

以下は、プラチナ・ビジネスとゴールドのサービスの比較表です。

永久不滅ポイントの国内利用での付与率が、セゾンアメックスプラチナビジネスが1,000円利用=1ポイント付与に対し、セゾンアメックスゴールドが1,000円利用=1.5ポイント付与と優れています。この差をどう考えるかですが、還元率にすれば0.25%、100万円利用につきわずか2,500円相当の差です。ポイントより必要なサービスがどちらにあるかで判断してください。

 
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 20,000円+税(ただし年間200万円利用で次の年は10,000円+税) 10,000円+税
ポイント 1,000円利用=1ポイント付与(海外利用は2ポイント) 1,000円利用=1.5ポイント付与(海外利用は2ポイント)
セゾンマイルクラブ 無料登録 有料登録(4,000円+税)
プライオリティパス 無料でプレステージ会員 優待料金(年10,000円+税)でプレステージ会員
携帯電話レンタルサービス
国内空港ラウンジサービス
海外旅行傷害保険 最高1億円自動付帯 最高5,000万円自動付帯
国内旅行傷害保険 最高5,000万円自動付帯 最高5,000万円自動付帯
オンラインプロテクション
ショッピング・プロテクション 最高300万円 最高200万円
手荷物無料宅配サービス 帰国時のみ
ハイヤー送迎
セゾン弁護士紹介サービス
スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド
オントレ
Dramatic Time!
ビジネスサービス
コナミスポーツクラブ
リージャス ビジネスラウンジサービス
ハーツ No.1 クラブゴールド
ヘアサロン「Ash」優待
アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス

 

 セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

JALカードとセゾンアメックスの2枚使いでJALマイルを徹底的に貯める!

nimai

セゾンマイルクラブに加入するとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードも)は1,000円利用=11.25マイルで貯まるので、メインカードとして使うに相応しい一枚です。しかしプラチナビジネスだけでは、「搭乗ボーナスマイル」や「フライトボーナスマイル」を貰うことができません。出張時や旅行時に飛行機を利用した場合に発生するそれらのボーナスマイルを取りこぼすことなく獲得するためにも、プラチナビジネスとは別に「JALカード」を持つことをおすすめします。

JALカードがあれば、飛行機に毎年初回搭乗するごとに搭乗ボーナスマイルが1,000~5,000マイル付与されますし、10~25%の区間マイルを貰うことができます。JALグループでの優待特典(JAL機内販売が10%割引、国内空港売店「BLUE SKY」で5%OFF、成田空港免税店割引)といったプラチナビジネスにはない特典もあるので、JALを利用するさいには非常に役立つカードです。

つまり、日常のお買い物や生活費はメインカードのプラチナビジネスで支払い1,000円=11.25マイルで貯め、旅行や出張で飛行機を利用するさいにJALカードを使う、といった、セゾンプラチナビジネス&JALカードの使い分け戦法が、もっとも効率的かつ確実にJALマイルを貯める方法だといえます。

JALカード お申込みの前に必見!カード比較

 セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

インタビュー 第2回

セゾンプラチナビジネスアメックスはJALマイルとポイントが二重で貯まる!
年間200万円利用すれば半額!プラチナカードがなんと年会費10,000円!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加