クレジットカード会社や申込者の状況によって異なりますが、再申し込みをされることで可能性がある場合もあります。ただし、他のクレジットカードであっても、延滞などの事故歴がある場合は、発行は難しくなると考えられます。

一度審査に落ちてしまったクレジットカードがどうしても欲しいという場合に、審査に落ちてしまわれた後、すぐに同じクレジットカードに再申し込みをされることはおすすめできません。クレジットカードに申し込みをされますと、クレジットカードの申し込み履歴が、CICなどの信用情報機関およびクレジットカード会社の履歴に残ることになります。この履歴は少なくとも半年ほどは残ることになりますし、クレジットカード会社によってはさらに長期間こうした情報を保持している場合もあります。

クレジットカードに再申し込みをされる前に、まずは、冷静に状況把握をされることからはじめましょう。

今回申し込みをされたクレジットカードをどうしても欲しい理由がある場合、インターネット上からなどのオンラインでの申し込みをされた場合には、クレジットカード会社に電話連絡をされて、欲しい理由をお話になってみられることで、再審査をしてもらうことができる可能性があります。インターネットからの申し込みの場合、機械的に自動的にはじかれてしまった可能性がありますので、再審査をしてもらうことで審査に通る可能性があります。ただし、今回申し込みをされたクレジットカードへの申し込みが初めてであった場合に限りますので、既に何度も同じクレジットカードに申し込みをされたことがある場合には、電話はお掛けにならない方がよいでしょう。

電話をかけるほどではないという場合や、既に何度か申し込みをされたことがあるという場合、再度同じクレジットカードに申し込みをされる際には、少なくとも半年から1年の期間をあけてから再申し込みをされることをおすすめ致します。

その場合でも、1回目に申し込みをされた時と、申込用紙へ記載される内容にあまりにも違いがない場合には、今回も審査に落ちてしまわれる可能性が高いと考えられます。少しでもクレジットカードの審査に通るように状況をかえておかれることもとても大切です。

例えば、現在、複数枚のクレジットカードを所持されている方の場合、本当に必要なクレジットカードを残して他のクレジットカードを解約されたり、個々のクレジットカードの利用限度額を下げたりされることで、与信枠を広げておかれることをおすすめしたいと思います。クレジットカードを解約される際には、銀行系のクレジットカードやなかなか審査に通りにくいと言われているクレジットカードなどはできるだけ手元におかれるとともに、今回申し込みをされる予定のクレジットカードの発行会社が提供しているクレジットカードをお持ちの場合にはお手元に残されるようにされるとよいでしょう。

また、電話番号などを携帯電話ではなく、固定電話で記載されることも大切ですし、転職後や引越後あまり時間が経っていないという方の場合は、しばらくの間、実績作りをされたから再度申し込みをされることをおすすめ致します。

なお、個人の信用情報は全銀協やCICといった信用情報機関に開示を求めることができます。
クレジットカードの審査について

実録!楽天カード、申し込みからカードが届くまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加