デビッドカードはご存知ですか?使い方こそクレジットカードと同じですが、引き落としのシステムが違います。

クレジットカードはカード会社が代金を先に支払い、それを翌月に利用者に請求して口座から引き落とされる仕組みになっていますが、デビットカードは利用者の預・貯金口座からリアルタイムで代金を引き落とす仕組みになっています。日本で利用している人はまだ少ないですが、欧米では主流ともいわれています。

そのデビットカードが、最近になって注目を集めています。

なぜなら、2010年6月に資金業法が12月に割賦販売法が改正され、クレジットカードの利用に大幅な制限がかかったからです。

キャッシング枠とショッピング枠で利用できる金額はカード所有者の年収によって設定されるので、はじめから年収がない専業主婦の方などはクレジットカードを作る上で、とても不利な状況となりました。カード会社によっては、既に会員になっている場合でも、年収証明を出さない場合はキャッシング機能を停止させるところもあるようです。

そういった特別な事情もあるため、デビットカードを持つ方はこれから増えるでしょう。デビットカードは年収の有無や多少に関係なく、預金口座さえあれば確実に持てるカードです。審査もありませんので、主婦の方や学生の方、なんらかの理由でクレジットカードが作れなかった方も気軽に申し込むことができます。

あくまで口座残高の範囲内でしか使えないので、残高がない場合はカードの利用はできません。そのおかげで使いすぎを心配することなくキャッシュレスで決済ができるので、ある意味ありがたいカードともいえます。

そして数あるデビッドカードの中でも、今回紹介する一枚は、楽天から発行されている「楽天銀行デビットカード」です。

以下にその特徴と魅力を紹介します。

このカードはデビットカードであると同時に、楽天銀行キャッシュカードの役割も果たしています。カードの種類はゴールドと通常版のふたつが用意されています。

 
楽天銀行デビットカード(ゴールド)
楽天銀行デビットカード
会費
300円/月(税込)
年払い:3,000円/年(税込)
1,000円/年(税込)
ポイント還元率
0.5%
0.2%
特典
ショッピング保険
 

(2010年7月利用分より)

楽天銀行デビットカードはブランドがVisaなので、世界中のVisa加盟店で24時間・365日利用可能です。また海外ATMサービスもおこなっており、世界170ヶ国以上に設置されているVisaマーク・PLUSマークのあるATMで現地の通貨による預金引出ができます。両替の手間が省けるというのは、海外旅行に頻繁に行かれる方にとって非常に魅力的ではないでしょうか。(円換算レートは、ビザ・インターナショナルサービスアソシエーション(国際提携組織)が定めたレートに2.94%を加えたものになります)

さらに楽天銀行デビッドカードは、利用金額に合わせてポイントも付与されます。付与率ですが、ゴールドは0.5%、通常は0.2%。貯めたポイントは現金に交換でき、すぐにお客さまの口座へ入金されます。1ポイント以上、1ポイント単位で交換できます。

さて、これだけ使いやすい楽天銀行デビッドカードですが、カードを持つためにはまず楽天銀行の口座を持つ必要があります。楽天銀行では、好金利の定期預金、最低水準の振込手数料、多彩な資産運用商品などのサービスが用意されています。

デビットカードに申し込む前に、まずは楽天銀行に口座開設をする必要があります。デビットカードはその性格上、銀行口座とセットになるからです。

審査なしで持てるVISAカード、それがデビットカードです

クレジットカード審査の基礎知識


審査に通るか自信が無いという方にこっそり教えたいのが、知る人ぞ知るこのACマスターカードだ。
アコムマスターカード

年会費無料 / デザインでアコムのカードだとわからない / パート・アルバイトや派遣社員・主婦でもOK / クレジット利用明細が自宅ではなくATMで受け取れる / 返し方(分割)が自由(お金がある時に払える) / 利用明細は送られてこない / 発行が即日可能(郵送は2~3日)

まずアコムのキャッシングサービスに申し込みをして審査を受け、審査通過後はクレジットカードのみ利用すればよい。キャッシングは利用しなくてもかまわない。ネットで事前申込、夜9時迄全国のむじんくんで最短30分のスピード発行。土日もカード発行可能だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
アコムマスターカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加