世の中にクレジットカードは山ほどありますが、なかでもテレビでCMをよく見かけるのが「楽天カード」です。楽天カードは年会費無料で、つねに還元率1%でポイントが貯まりやすく、18歳以上の方なら気軽に申し込めるカードです。しかし楽天カード以外にも、還元率1%以上のクレジットカードは存在します。

ここのところ注目を集めているのはJCBから発行されている「JCB CARD W」です。JCBのプロパーカードであるオリジナルシリーズの一つですが、他のオリジナルシリーズと違い「申し込みに18~39歳以下という年齢制限がある※」「年会費が条件無しでずっと無料」というふたつの特徴があります(※39歳を過ぎてそのまま利用し続けることもできます)。年会費無料で還元率1%は JCB CARD W と楽天カードでよく似たスペックです。

ではこの2枚のカード、どちらを持つのがよいでしょうか?

「どちらのカードが向いているのか?」知りたい方の参考になるよう両カードを細かく比べてみました。

JCB CARD W は Amazon で2%還元が可能

JCB CARD WはAmazonでの利用に強いカードです。

Amazonでの買い物を楽天カードで決済しても、貯まる楽天スーパーポイントは1%です。

しかしJCB CARD Wは、Amazonの利用分に対してポイントが2%貯まります。通常ポイント0.5%、JCB CARD Wのボーナスポイントが0.5%、さらにJCB専用のポイントモール「Oki Doki ランド」を経由してAmazonにアクセスすることでプラス1% 付与されるのでトータルで2%になります。

たとえば1万円の商品をAmazonでカード払いで購入したとします。還元率1%の楽天カード決済だと1万円分に対して100円相当のポイントですが、JCB CARD Wは2%還元で、200円相当のポイントが貯まります。

Amazonで買い物をする方はこの1%の差が大きいので、特に還元率が重要になってきます。Amazonでの買い物が多い方は、JCB CARD Wを活用したほうがいいです。

またJCB CARD Wは、Amazonだけではなくセブン-イレブンやイトーヨーカドーなどに対するポイント還元率が2%なのも強みです。

 JCB CARD W

2018年3月31日まで還元率2%以上の大盤振る舞い!

楽天市場でポイント4%以上還元される楽天カード

楽天カードを最も本領を発揮するのは、やはり「楽天市場」です。

楽天カードには楽天市場での利用分に対するボーナスポイントを付与しており、最低でも4%還元です。エントリー不要で、全会員・全ショップが対象となり、最大8倍の楽天スーパーポイント付与を受けられるキャンペーンをいつも行っています。

5つのポイントアップ条件を組み合わせることによって還元率がアップしていくのですが、.楽天市場でのお買い物で1倍、楽天カード利用で3倍、楽天アプリを利用して当月1回以上の買い物で1倍、楽天プレミアムカードか楽天ゴールドカード利用で1倍、楽天モバイル利用で1倍、楽天ブックスでの当月1回以上のお買い物で1倍という内訳になっています。最大で8倍になります。

このスーパーポイントアッププログラムは、楽天市場のすべての販売商品に適用されます。さらに付与ポイントが最大10倍になるショップもあります。

Amazonではなく楽天市場をメインで使っている方にはやはり楽天カードがうってつけです。

楽天スーパーポイントを運用して増やす!

楽天カードを利用していなくても、あるいはカードを持っていなくても、楽天市場の利用で貯まる楽天スーパーポイントは、運用して増やすことができます。ポイントの使い道に「投資信託」が選べるからです。

楽天スーパーポイントは、楽天が提供するさまざまなサービスで共通して貯まる・使えるポイントです。国内最大級のネットショッピングサイト「楽天市場」の利用で、ポイントがもらえます。その楽天スーパーポイントを利用した投資は「100円(100ポイント)から」の少額からOK。100円以上1円単位の売買が可能です。(※「期間限定ポイント」を投資に使うことはできません)

ポイントの投資(ポイント運用)は「これから投資信託をはじめてみたい!」という方や、投資初心者に向いているサービスです。まず、投資に使うのが「お金ではなくポイント」というところがミソ。

もちろん運用でポイントが減る可能性もありますが、それによるお財布へのダメージがありません。

クレジットカードのポイントは「貯めて使う」から「貯めて増やす」時代に!

JCB CARD Wはスタバでポイント3倍!楽天カードは楽天カフェで飲み物が半額!

スターバックスによく行く方に絶対に覚えておいてほしいのが、「JCB CARD Wならスターバックスで3%ポイント還元される」ことです。

この3%還元は1回につき利用額1,000円以上の支払いに限られます。しかし毎回1,000円以上利用しなくてもスタバで常に3%還元でコーヒーを飲む方法があります。それは、JCB CARD Wを使ってチャージしたスターバックスカードで会計を済ませる方法です。これなら、1回の利用合計額が1,000円未満でも、3%還元の恩恵を受けられます。

スターバックスカードは一枚のカードに1,000円から30,000円まで、好きな金額を繰り返し入金できるプリペイドカードです。スタバ店頭で「スターバックカードをください」と言えばもらえます。初回は1,000円以上のチャージが必要です。スタバに通っている方ならすでに持っているかもしれませんが、このチャージを現金ではなくJCB CARD Wで行うことで、ポイントを多くもらえる利点があることを覚えておいてください。

一方、楽天カードはスタバでのポイント優遇はありませんが、楽天カフェで楽天カードを使うと、メニュー内の一部のドリンクが半額になる、会員限定のとてもお得なサービスを行っています。筆者も楽天カード会員なのでたまに楽天カフェに行くのですが、コーヒーや紅茶だけではなくロイヤルミルクティーや豆乳ラテ、キャラメルモカなどの人気メニューも半額になるのがとてもありがたく、通りがかりにふらっと寄ってしまいます。430円のドリンクが215円で飲めるのはかなりお得なので、楽天カフェが近くにあるなら忘れずに楽天カードを持っていきたいですね。(今のところ楽天カフェがあるのは渋谷・二子玉川の二箇所です)

 楽天カード

ポイントを無理なくたくさん貯める使い分け戦法!

 

楽天カード

JCB CARD W
年会費 無料
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB JCB
申し込み資格 18歳以上の方 18~39歳以下の方
ポイントサービス名 楽天スーパーポイント Oki Dokiポイント
基本還元率 1%
セブン-イレブン 1% 2%
Amazon 1% 2%(Oki Doki ランド経由)
イトーヨーカドー 1% 2%
スターバックス 1% 3%
楽天市場 常に4%以上 2%
海外旅行障害保険 最高2,000万円(利用付帯)

 

さて、とてもよく似たスペックの「楽天カード」と「JCB CARD W」を比較してきましたが、それぞれ魅力的なポイントアップサービス、優待が付いており、どちらも年会費無料なので、メリットばかりのカードです。「楽天カード」と「JCB CARD W」どちらも持ってうまく使い分ければ、得することはあっても、損することはないでしょう。

たとえば、

●Amazonやスタバ、セブン-イレブン、イトーヨーカドーを利用するときはJCB CARD W
●楽天市場や楽天カフェを利用するときは楽天カード

このように、お店によって有利な方を選べば、ポイントを無理なくたくさん貯めることができます。

買いたい商品のお値段が楽天市場よりもAmazonの方が安かったり、楽天市場の方が安かったり。また海外でVISAは使えるけどJCBは使えなかったり。そんなときでも、楽天カードをVISA、Mastercardから選べば、JCBとVISA/Mastercard、2つの国際ブランドを持てることにもなります。 二枚のカードを持てばいいとこ取りができますよ

 JCB CARD W
 楽天カード


楽天カードは顧客満足度 No.1!
年会費無料 / 100円で1ポイントたまる(1ポイント1円相当) / 楽天市場のお買い物はいつでもポイント2% / ためたポイントは1ポイントから使える


今なら最大5,000ポイントプレゼント!

JCBカード使いこなしノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
楽天カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加