健康第一という言葉があります。実際その通りで、病気や不慮のケガ等は予測できるものではなく、罹ってしまった場合はどうしても医療費を出費しなければなりません。そして、マイラーの方は医療費を払うなら、やはりカードで支払ってマイルを手に入れたほうがいい…という考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?まあ、あまり気持ちの良いマイルゲット法ではありませんが、転んでもタダじゃ起きない、という粘着的な精神で望んでこそマイルの道は開くのかもしれません。

現在、医療費そのものにマイルが付くサービスは日本の航空会社では行われていません。なので、単純にカード払いでマイルを貯めることしかできません。通常、カード支払いが出来る商店などはレジのところにカードのステッカーが貼ってあるものですが、病院ではそう言った掲示をあまり見られないようです。病院側にしてみれば利用手数料が発生するので、なるべく現金で支払ってもらいたいのが本音といったところでしょうか。

しかし、医療費にマイルがつかなくても、航空会社と提携している病院で人間ドックを受ければマイルが付与されるサービスが存在します。自分の体の健康状態を調べて、なおかつマイルを得られるので、まさに身体をはったマイルGET法とでもいいましょう。

ANAでは「MEDICALマイル」というサイトが用意されており、そこを通して検索すると日本全国80以上の提携医療施設でマイル付き人間ドッグが受けられることがわかります。値段は、リーズナブルに4万円から。高性能の医療機器を使い、もっと精密な検査をすれば40万円近く値段もあがます。たとえば東京のとある提携病院では、ANA人間ドック半日コース61,950円で 1,000マイル付与、ANA人間ドック通院2日コース87,150円で1.000マイル付与、ANA PET-CTコース147,000円で500マイル付与、ANA グランドコース(がん総合+脳ドック249,000円で2,000マイル付与でサービスを展開しています。

獲得マイル数は値段に応じてかわり、その幅は500~3,000マイル。さらにクレジットカード払いが可能なら、ダブルでマイルが獲得できます。

申し込み方法も簡単で、公式サイトに表記されている電話番号に電話すれば、希望内容、希望病院での人間ドッグの予約をすぐに取ってくれます。受付時間は平日の9:30~17:30で、休みは土・日・祝日・ 8月12日~16日・12月29日~1月5日です。

JALにも、ANAと同じように提携医療施設で人間ドッグを受けられるシステムがあります。しかしこちらの場合、診察料をJALカードで支払えば100円=2マイルといったサービスだけで、人間ドックでマイルが貰えるといったサービスは行っていません。


ANAカードの選び方
JCBカード、VISA/マスターカード、VISA Suicaカード、AMEXのどれを選びますか? 効率よくマイルが貯まるANAカード!利用シーン別に徹底調査。


マイルのお得な貯め方・使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
ANAカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加