r-nanaco-edy

リクルートカードは年会費無料で常に1.2%還元という高還元率カードです。それだけでも充分魅力的ですが、さらにその魅力を倍増させる素晴らしい特長があります。それは、nanacoチャージとEdyチャージにおけるチャージ利用分にもポイントを満額付与している、という点です。

最近はちょっとしたお買い物に、現金ではなく電子マネーを使う人が増えてきました。小銭を出す手間も省けますし、クレジットカードと紐付けしてある電子マネーならポイントも貯まるので、メリットを考えれば当たり前の選択ですね。ですがポイントを効率よく貰う為には、電子マネーと紐付けするカード選びが重要です。中にはチャージ分にはポイントを付与しないと注意書きを添えているクレジットカードも少なくありません。

しかし、リクルートカードは、nanacoチャージ分に対して1.2%分のポイント還元をおこなっています。しかもそこにnanacoポイントの1%加算されるので、還元率の合計はなんと2.2%です!

▼ nanacoチャージでポイントが付与されるカード
カード名 年会費 還元率
リクルートカード 無料 1.2%
Yahoo! JAPANカード
(JCBブランドのみ)
無料 1%
ファミマTカード 無料 0.5%
セブンカードプラス 500円+税(初年度無料)
※年間5万円以上利用で次年度無料
0.5%
Tカードプラス 500円+税(初年度無料)
※年間5万円以上利用で次年度無料
0.5%
(JMB)ローソンPontaVISAカード 無料 0.5%
ライフカード 無料 0.25%
漢方スタイルクラブカード 1,500円+税(初年度無料) 0.25%

※(P-one WIZなど)ポケットカードの電子マネーチャージ利用分の1%OFF特典およびポケット・ポイント特典は2016年11月6日利用分をもって終了しました
※リーダーズカード・漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードの新規入会受付は現在停止しています。
※楽天カードは2017年10月31日利用分をもってnanacoチャージでのポイント付与を終了しました。

年会費無料カードでnanacoチャージ最強カードはリクルートカードです。1円もかけずにチャージ用の還元率が高いカードを持ちたい!という方には、リクルートカードはもっともおすすめの一枚です!

Edyチャージもリクルートカード1.2%還元!

リクルートカードはnanacoだけではなく、Edyチャージ分に対するポイント付与もおこなっています。0.5%還元のカードが多い中で、1.2%還元は非常に飛びぬけた数字です。なおEdyチャージに対応しているのはVISAブランドのみです。JCBブランドを選ぶとEdyチャージはポイント対象外となるので注意してください(nanacoチャージでポイントは付与されます)。

▼ Edyチャージでポイントが付与されるカード
カード名 年会費 還元率
リクルートカード(VISAブランドのみ) 永年無料 1.2%
シティリワードワールドカード 12,000円+税 1.2%
NTTグループカード 永年無料 0.71%
NEXCO中日本プレミアムドライバーズカード 1,750円+税 0.5%
エポスカード 永年無料 0.5%
ライフカード 永年無料 0.33%

 

シティリワードワールドカードもEdyチャージに対応しており、そのチャージによるポイント還元率はリクルートカードと同じ1.2%です。しかしリワードワールドカードの年会費は12,000円(税抜)です。対してリクルートカードは年会費完全無料です。まあ、年会費があるぶん、シティリワードワールドカードには相応のサービス(空港ラウンジ利用無料や手荷物無料宅配など)が付帯されているので、海外旅行に頻繁に行く方などにはリワードもおすすめなのですが、とにかくお金を一切かけずにEdyチャージポイント付与専用のクレジットカードを持ちたい!という方には、やはりリクルートカードになりますね。

(※リーダーズカード・漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードの新規入会受付は現在停止しています)

 リクルートカード


リクルートカード
「リクルートカード」は年会費無料カードで業界最高水準の還元率1.2% / nanacoチャージでも Edy チャージでも 1.2%還元 / 「じゃらん」の旅行代にポイントが使える / 100ポイント単位でPontaポイントに交換可能! / Pontaポイントとの相互交換開始でPontaポイント貯める最有力カードに浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
リクルートカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加