2017年10月、JCBの「オリジナルシリーズ」に新たに加わり、募集がスタートした「JCBプラチナ」。しかしJCBには「JCBザ・クラス(THE CLASS)」という最高峰のプラチナカードが存在します。

「JCBプラチナ」と「JCBザ・クラス(THE CLASS)」、その違いのひとつは年会費。JCBザ・クラスの50,000円(税別)に対し、JCBプラチナは25,000円(税別)。単純に年会費だけを比べるとJCBプラチナの方が持ちやすいカードと言えます。

両カードの違いは年会費だけではありません。付帯サービスにも違いがありますので、この記事で詳しく紹介していきます。

基本還元率、ポイントの貯まり方は同じ!

クレジットカードの比較基準のひとつが還元率です。JCBザ・クラスとJCBプラチナ、年会費の違う2つのカードですが、実は基本還元率はまったく同じです。1,000円の利用で1ポイント、利用額の0.5%相当のOki Dokiポイントが貯まります。

どちらも年間合計利用額に応じてポイント還元率がアップする「JCB STAR MEMBERS」の対象です。基本還元率からポイントの貯まり方まで、この2つのカードはまったく同じなのです。

クレジットカードのフェイス(券面)ですが、JCBザ・クラスにはバックにペガサスが印刷されていて、特別間を醸し出しています。

コンシェルジュデスクの名称や電話番号はそれぞれ違う

ゴールドカードにはない、プラチナ以上のカードならではの付帯サービスに「コンシェルジュデスク」があります。ホテルや交通手段、イベントのチケット手配など、さまざまな場面でカード所有者をサポートしてくれるサービスです。「コンシェルジュデスク」サービスはJCBザ・クラスとJCBプラチナ両カードに付帯していますが、名称が違います。

JCBザ・クラスのコンシェルジュデスクは「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」。JCBプラチナのコンシェルジュデスクは「プラチナ・コンシェルジュデスク」です。いずれも24時間365日、利用できます。

ただ、名称や電話番号は違うのですが、サービスの違いは明らかになっていません。利用者からは「実質的に同じなのではないか?」という声も聞かれます。

家族カードの無料枚数は大きく違う

家族にもカードを渡したい場合に重要なのが、家族カードの年会費です。JCBプラチナの場合、家族カード1枚までは無料ですが、2枚目からは1枚につき年会費が3,000円かかります。

一方のJCBザ・クラスは、家族カード8枚まで年会費無料です。よほど大家族でない限り、追加の年会費は必要ありません。

なおJCBプラチナの、家族カード8枚の合計年会費は21,000円。本人カードの年会費25,000円と合わせれば、JCBザ・クラスの年会費50,000円とほぼ変わりません。

JCBプラチナにはない、JCBザ・クラスならではのディズニー関連特典

JCBはディズニーのオフィシャルスポンサーです。よってJCBカードは、ディズニー関連のサービスが充実しています。たとえば貯まったポイントを、ディズニーのキャラクターグッズやパークチケットなどと交換することが可能です。またクリスマス時期に開催される貸し切りイベント「JCBマジカル」にも、抽選で参加できます。

JCBザ・クラスの場合は、1年に1度だけスターツアーズとニモ&フレンズのJCBラウンジでの優先搭乗サービスがあります。またメンバーズセレクションという、年1回会員にプレゼントされるカタログギフトがあります。

メンバーズセレクションでは、4人分のパークチケットや2人分のパークチケット&ギフト券1万円分を選べます。

このほかカタログギフトでは、ディズニーランドの会員専用ラウンジ「クラブ33」で食事ができる権の抽選に申し込めます。これらはJCBプラチナにはないJCBザ・クラス独自の魅力です。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・航空機遅延補償の内容は同じ

出張や旅行の多い方にとってありがたいのが、旅行傷害保険や航空機遅延補償。いざという時に頼りになる付帯サービスですが、これらに関してはJCBザ・クラスとJCBプラチナの間に違いはありません。

いずれも最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯。ケガや病気の治療費用も限度額200万円程度のカードが多い中、1,000万円に設定されています。もちろん、本人だけでなく家族会員にも適用されます。

また国内旅行損害保険も、死亡時には最高1億円の補償が受けられるなど、プラチナカードにふさわしい内容です。

プライオリティ・パスは、同伴者に差がつく

旅行傷害保険と同様、海外に行く機会が多い方が気になるサービスが、空港のラウンジサービスです。JCBザ・クラスにもJCBプラチナにも、回数制限なくいつでも無料で空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が付帯しています。

ただし同伴者も利用する場合には、注意が必要です。
JCBザ・クラスでは同伴者1名まで無料となるのに対し、JCBプラチナの場合、本人以外は別料金がかかります。
※プライオリティ・パスは、別途申し込みが必要です。

ダイニング関連のサービスはどちらも充実

JCBザ・クラスとJCBプラチナは「ダイニング30」が利用できます。コンシェルジュに予約を頼む、あるいは自分で対象店舗にダイニング30を利用すると伝えることで、全員分の食事代金を30%オフになるサービスです。

JCBザ・クラスにあって、JCBプラチナにないサービスとは?

ゴルフが趣味の方にとって、入っていると安心なのがゴルファー保険。プレー中や練習中に自分が怪我をした時、あるいは他人に怪我をさせたり他人の物を壊したりした時の、治療や弁償による出費を補償してくれるサービスです。こちらはJCBザ・クラスのみに付帯しており、JCBプラチナにはありません。

そのほか、JCBザ・クラスにあってJCBプラチナにないサービスは、メンバーズセレクション(ディズニーチケットやギフト券などを年1回プレゼントしてくれるサービス)、ディズニーリゾートでのラウンジ優先利用が挙げられます。

JCBザ・クラス JCBプラチナ
年会費 50,000円(税別) 25,000円(税別)
家族カード年会費 8枚まで無料 1枚まで無料
2枚目から3,000円(税別)
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯) 最高1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯) 最高1億円(自動付帯)
プライオリティ・パス 同伴者1名まで無料 同伴者 別料金
空港ラウンジ
メンバーズセレクション
ディズニーリゾートJCBラウンジ
ゴルファー保険
ザ・クラス ダイニング※
グルメ・ベネフィット
ダイニング30
コンシェルジュデスク
ポイント還元率 0.5%~ 0.5%~
ポイント有効期限 5年 5年

※ザ・クラス ダイニングは2018年3月31日の利用分をもって終了。ザ・クラス・コンシェルジュデスクでご要望に合わせたレストランの紹介・予約を承るとのこと。

JALユーザーにはJAL・JCBカード プラチナも魅力あり

JCBのプラチナカードを2枚紹介しましたが、それとは別に、普段からよくJALを利用している方には「JAL・JCBカード プラチナ」をおすすめします。これは、JCBプラチナにJAL利用者向けのサービスが付帯しているカードで、年会費は31,000円(税別)。ポイントの代わりに100円利用で1マイルが貯まります。

通常のJCBプラチナよりも若干年会費は高いですが、入会搭乗ボーナス5,000マイルに毎年初回搭乗ボーナス2,000マイル、さらに搭乗ごとのボーナスがフライトマイルに25%プラスされます。JALユーザーにはかなりメリットが多いカードです。

JALグループの航空券や機内販売など、対象商品購入で通常のショッピングマイルに加えて、100円=2マイル加算となるほか、JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用も可能。

JCBプラチナと同じく、プラチナ・コンシェルジュデスクが24時間365日利用できます。グルメ・ベネフィット、JCBプレミアムステイプランなどのサービスもついています。

カード付帯保険は、海外・国内旅行傷害保険がそれぞれ最高1億円、ショッピングガード保険は国内・海外で年間最高500万円(1事故につき自己負担額3,000円)となっています。

空港ラウンジサービスもあり、国内主要空港とホノルル国際空港内で、年中無休・無料でラウンジが利用できます。同伴者1名まで無料です。プライオリティ・パスも無料で申込できます。

JAL・JCBカード プラチナは、割引対象の空港免税店で10%の割引もあり、会員誌「アゴラ」やJALオリジナルカレンダーの送付など、JAL独自の特典も付いてきます。JCBプラチナを考えていて、出張や旅行などでJALを利用することが多く、マイルを貯めたい方は、こちらも検討してみてください。

JAL・JCBカード

JCBザ・クラスは利用実績が必要だがJCBプラチナならすぐに申し込める!

JCBザ・クラスへの入会は基本的にJCBゴールド、JCBゴールド ザ・プレミア、JCBプラチナを保有している方への招待制(インビテーション)です。つまり招待がなければ申し込むことができません。

サービス内容についてはこれまで書いてきた通り、ザ・クラスとの間に若干の差があるものの、そこまで大きな違いはありません。メンバーズセレクションやディズニー関連の優待が必要なければ、JCBプラチナで充分でしょう。年会費はJCBザ・クラスの半額です。

とはいえJCBザ・クラスは、JCBブランド最高峰のカードです。JCBに選ばれた者だけが手にすることができる特別なカード。所有することに価値を感じられることもまた事実です。

これからJCBザ・クラスを目指す方はJCBでの利用実績が必要です。JCBゴールドからJCBゴールド ザ・プレミアを経て、実績を積み上げていくのも一つの方法ですが、JCBプラチナを使い倒すのが一番の近道です。

JCB THE CLASS (ザ・クラス)のインビテーションを取得する条件とは?
漆黒の美しい輝きJCBザ・クラスジェーシービーが発行するクレジットカードで最上級に位置し、その風格あるカードデザインと充実したサービスに誰もが憧れる「JCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)」。しかしこの ザ・クラス は誰でも手に入れられるものではなく、上級カードであ...

JCBプラチナで十分だと感じられるのであれば、JCBザ・クラスは必要ありません。JCBザ・クラスと共通のサービスが多いJCBプラチナ、JCBザ・クラスのお試し版といえるかもしれません。JCBプラチナの申し込み対象は「25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」。条件に合えば招待がなくても申し込むことができます。

JCBプラチナ


日本を代表するJCBカード
海外利用ポイント2倍。スターバックスでポイント5倍。39歳以下限定、年会費無料の JCB CARD W やシックなWEB限定デザインカードが人気。

JCBカード使いこなしノウハウ


今週の人気記事TOP5

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加