JCB EIT(エイト)カードが人気になった最大の理由はなんでしょうか?

それは、他でもない「常にショッピング利用額のポイント還元率1%」というメリットがあるからでしょう。他社のクレジットカードではあまり見られないことです。一般的にカードのポイント還元率は1倍=0.5%と設定しているところが大多数です。しかしJCB EITでは、これが常に2倍の1%。特にキャンペーンへの登録や特殊な申し込みも必要なく、通常の買い物でエイトカードを利用すれば無条件で2倍になります。

これだけではなく、JCB EITでは公共料金の支払いでもポイントがつねに2倍(1%)になります。

たとえば水道料金や電気代などをふくめた公共料金を毎月5万円支払うと、1年間で通常は600ポイント貯まりますが、これが2倍になると1,200ポイント貯まることになります。金額にして6,000円相当のポイントです。

公共料金をカード支払いに切り替えるだけで、これだけのポイントを得ることができるんです。かならず支払わなければいけないものだからこそ、こういったカードの特典を利用してうまく節約したいところですね。

ちなみにエイトカードは年会費無料です。にもかかわらず、最高2,000万円まで補償する海外旅行傷害保険が自動付帯しています。最近のクレジットカード会社は年会費無料カードの場合、海外旅行傷害保険などを廃止にしてしまうケースが増えているので、これはとても貴重です。

海外旅行保険が付いているクレジットカード お申込みの前に必見!カード比較613枚
海外旅行保険が付いているクレジットカードのラインナップです。申し込む前に特長を比較すれば、あなたにピッタリの海外旅行保険が付いているクレジットカードが見つかります。おトクな特典をお見逃しなく!キャンペーン情報も今すぐチェック。

なお、エイトカードはリボ払い専用カードです。リボ払いは金利がかかるから使わない、なおかつ40歳未満の方は、年会費無料で還元率いつでも1%の「JCB CARD W」をおすすめします。ただし「JCB CARD W」に付帯する海外旅行保険は、旅行費用をそのクレジットカードで支払った場合のみ保険が適応される利用付帯になります。

JCBオリジナルシリーズ「JCB CARD W / JCB CARD W plus L」「JCBプラチナ」はプロパーカードとして卓越したスペックを引っさげて登場
JCBのプロパーであるJCBオリジナルシリーズに新たなカードが加わりました。「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」「JCBプラチナ」の3枚です。今回は、従来のオリジナルシリーズと新カードは一体なにが違うのか?また、どのような方に向いているのか?そんな疑問点をひとつず...

2011年7月15日 作成
2018年4月15日更新


JCB EIT
年会費無料 / Oki Doki ポイント2倍 / 海外旅行傷害保険自動付帯 / ショッピングガード保険 / インターネットショッピングも安心 / 選べるカードデザイン / WEB明細サービスでエコ / 初回手数料無料のリボ払い

JCBカード使いこなしノウハウ


今週の人気記事TOP5

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
JCB EIT
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加