edy-tsukaikata-matome

利用者も多く、耳にしたり目にしたりする機会も多い「楽天Edy」。既にカードタイプを利用している人、おサイフケータイで持ち歩いている人も沢山いると思いますが、Edyを使ったことのある方もない方も、いま一度「楽天Edyの持つメリット」や「お得な使い方」について確認してみてはいかがでしょう。意外な特典や、あまり知られていない使い方に驚くかもしれません。

Edyのチャージは家でも外でもできる!

Edyはオンライン対応なので、パソコンや携帯で場所も時間も関係なくいつでもチャージ可能です。またEdyはカードの種類を問わずクレジットチャージ出来るのも特徴です。パソコンでのチャージには非接触ICカードを読み書き出来る「パソリ」というUSB対応のリーダーか、もしくは「FeliCaポート」をあらかじめ内蔵したパソコンが必要です。そして携帯でのチャージにはオサイフケータイ対応携帯電話が必要。登録出来るクレジットカードは三菱UFJニコスやクレディセゾン、三井住友カードなどがありますが、チャージポイント付与の対象外になるカードが多いので注意しましょう。

Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードはどれ?


Edyの一番の魅力はチャージでポイントが付与されることですが、ポイントがつくクレジットカードは限られています。またEdyチャージは可能でもチャージ時にポイントがつくものとつかないものと分かれています。Edyを利用しているorこれから利用したいと考えている人は、極力Edyチャージでポイントが付与されるクレジットカードを紐付けさせましょう。2014年現時点でEdyチャージ時にポイントが付与されるクレジットカードをいくつか紹介していきます。

たとえば年会費無料カードだと、リクルートカードが最強です。リクルートカードはEdyチャージ時に1.2%満額付与なうえ、そこにEdyで支払った時にもらえる『Edyでポイント』が加われば、Edyの還元率は合計で1.7%にもなります!年会費無料でこれは本当に凄いですね。

その他にもEdyチャージでポイント満額付与されるカードは存在しますので、気になる方はこちらの「Edyチャージでポイント貯まるクレジットカード特集」をご覧下さい!

楽天Edyもらえるモール経由でポイント三重取り!

楽天カードを持っていなくても、会員登録さえすれば誰でも使える「楽天edyもらえるモール」というモールが存在します。ネットショッピングをするときに一度このモールを経由して他のショッピングサイトに飛んで買い物をすれば、カードポイントとは別にモールのポイントをダブルで貰うことができます。たとえば楽天市場なら還元率1.2%に設定されているので、還元率1%のカードで決済した場合、モールポイント1.2%+クレカポイント1%+楽天市場ポイント1%で合計3.2%ものポイントが貰えることになります。ちなみに楽天Edyもらえるモールで獲得したポイントは全て楽天Edyにチャージして現金として使うことができるのでとてもお得です。Edy利用者でなおかつネットでよくお買い物をする方は、必ずこの楽天Edyもらえるモールを経由することを忘れないように!なお詳しいモールの使い方、実際に筆者が利用してみた体験記はこちらに書いてあります!

コンビニでは、クレジットカードとEdyの二つをうまく活用しよう

コンビニでもEdyを使ってポイントをお得に貰える技が存在します。覚えておくと便利ですね。

たとえばローソンではレジでまずポンタカードを提示、そのあとEdyで決済しましょう。ポンタカード提示ポイント(100円で1ポイント)、チャージポイントクレジット対象カードのクレジットポイント(ポイント付与率は利用するカードにより異なる)、来店ポイント(1ポイント)、Edy利用ポイント(200円で1ポイント)でポイントの四重取りが成立します。ファミリーマートには来店ポイントはありませんが、Tポイントカードを先に提示してEdy決済すればポイント三重取りができます。

ヨドバシでもEdy活躍!カード払いでも還元率10%のまま!

ヨドバシでお買い物をすると還元率10%分のポイントが付きますが、クレジットカードで支払った場合は還元率が8%に下がる仕組みになっています。しかし実は、クレジットカードで支払っても還元率10%のままポイントを得る方法が存在します。

それは事前にチャージしておいたEdyを使ってヨドバシで決済をすることです。Edyチャージポイントと同時に、現金と同じビックポイント&ヨドバシポイントを10%分もらえます。つまり合計で10%+チャージポイントとなります。ヨドバシでお買い物をするときはEdyを利用しましょう!(チャージ上限5万円までの範囲内の場合ですが)

ランニング時に便利?実は腕に巻くEdyもあるんです!

null
Edyはカードと携帯だけではありません。腕に巻きつけて持ち歩けるリストバンドタイプのEdyも存在します。何も荷物を持ちたくないときやランニング時などに便利なタイプですね。お財布を持つ必要もなく、手ぶらで簡単にEdy決済できます。
Edy を身に着け手ぶらで外出!

iPhoneでもEdyオートチャージできる?最新の楽天Edyリーダー!

iPhoneはおサイフケータイが使えませんが、工夫することによっておサイフケータイと同じようにEdyを使うことができます。パソリというワイヤレスのEdyリーダー(カードサイズでとても軽いので持ち歩きも苦じゃありません!)と組み合わせることによって、いつでもどこでもEdyを自由にチャージできます。iPhone側で設定しておけば設定額より残金が少なくなると自動でチャージしてくれる機能も付いています。「iPhoneだからオートチャージは諦めるしかないか・・・」と嘆いている方はパソリを試してみてはいかがでしょうか?実際に筆者も楽天Edyリーダーを購入し、iPhoneでおサイフケータイ気分を味わっています。詳しいパソリの使い方、楽天Edyリーダーの体験レビューはこちらで紹介しています。

楽天カードでのEdyチャージはキャンペーン期間内を狙おう

rakuten-edy-c

楽天カードを使って楽天Edyにクレジットチャージすると、100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。つまり2万円チャージすれば100円分のポイントが貰えるわけですね。現金でチャージするよりもずっとお得です。

また楽天カードは頻繁にEdyチャージ分に楽天スーパーポイントを更に加算するキャンペーンを行っています。いま現在、2015年1月31日までの期間限定で「500万ポイント山分けプレゼント」というキャンペーンを行っており、この期間中にエントリーしたうえで楽天カードでEdyチャージをすると、楽天スーパーポイントが500万ポイント山分けでプレゼントされます。利用前のエントリーが必須となっているので、忘れずにこちらで登録しておきましょう。

なお楽天カードはEdy付きで発行すると315円の発行料が必要となります。

Edyを使わない理由って?

実際のところ、Edyを使わない人も沢山います。電子マネーの利用でポイントを貯めている場合、やはりポイントを分散させないためにもメインとして使う電子マネーをひとつ決めて、そのひとつを集中的に使う方のほうが多いでしょう。特に通勤通学で電車をよく使う方などは、EdyじゃなくSuicaやPASMOをメイン利用しているケースが多いように感じます。

では、楽天EdyがSuicaに勝っている点とはあるでしょうか?

・楽天Edyの方が使える店が多い。
Suicaと比べると、楽天Edyのほうが使える店は多いです。マクドナルドなどは、Edyは使えてもSuicaが使えません。

・楽天edyはチャージ上限が5万円まで。
Suicaはチャージ上限が2万円までで、ちょっと足りないと思うときがありますが、楽天Edyのチャージ上限は5万円です。2万円以上の家電を購入したいときなどにはSuicaよりもEdy決済をしたほうが便利ですね。

大きな点ではこのふたつです。Suicaだけでもいいんじゃないの?と考える方もいると思いますが、Edyは使えても交通系は使えないお店もまだまだありますので、そこでよく買い物されるならEdyを持っていても差し支えないということです。ライフスタイルに合わせて、うまき電子マネーを使い分けていきましょう。


リクルートカード
「リクルートカード」は年会費無料カードで業界最高水準の還元率1.2% / nanacoチャージでも1.2%還元 / 「じゃらん」の旅行代にポイントが使える / 100ポイント単位でPontaポイントに交換可能! / Pontaポイントとの相互交換開始でPontaポイント貯める最有力カードに浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
リクルートカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加