クレジットカードの申し込み用紙に虚偽の記載をした場合、規約によって無条件解約となる場合や強制利用停止となる場合もあります。

クレジットカードの申し込み用紙には、本名、住所、連絡先、勤務先、勤務先住所、年収、引き落とし銀行口座などといった個人情報を数多く記載することになります。

転職して時間があまり経っていない方や引っ越ししてすぐの方など、状況によってクレジットカードの申し込み用紙に本当のことを書きたくないという方もいらっしゃるでしょうし、本当のことを書いてしまったらクレジットカードの審査に通らないのでは?と心配される方もいらっしゃることでしょう。

しかし、クレジットカードは、クレジットカード会社からの信用によって成り立っているものになりますので、虚偽の記載をすることで、クレジットカード会社からの信用を失ってしまう可能性が非常に高くなります。特に複数枚のクレジットカードをお持ちの場合に、過去に申し込みをされたクレジットカードの登録内容と著しく異なる内容の申し込みをされた場合には、怪しまれてしまうことも考えられます。

クレジットカードの規約では、クレジットカードの申し込み時に記載した内容に変更があった場合には速やかにクレジットカード会社に変更をお知らせいただく必要がありますので、経年によって申し込み内容に変更があった場合は登録情報の修正をしていただくことになります。

クレジットカードの申し込み時に審査に落ちてしまうことを考えて虚偽の記載をついしてしまったという方もなかにはいらっしゃるようですが、こうした行動こそがクレジットカード会社からの信用を失う引き金になってしまうとも考えられますので、審査のことを心配されるお気持ちはわかりますが、クレジットカードの申し込み用紙には、事実のみを記載していただきたいと思います。

クレジットカードの申し込み用紙の記載内容はクレジットカード会社がクレジットカードの発行の審査をするために必要な情報になっています。虚偽の記載にもかかわらず、クレジットカードの申し込みができてしまった場合に、クレジットカード会社が虚偽の記載に気付いた場合には、クレジットカードの利用者に通知することなくクレジットカードの利用を停止されたり、場合によっては退会になったりすることもあります。また、こうした虚偽記載を繰り返すなど悪質だと判断された場合には、告訴されてしまうおそれもありますので、安易なお気持ちで虚偽記載をされることがありませんように、お気を付けいただきたいと思います。

クレジットカード審査の基礎知識


審査に通るか自信が無いという方にこっそり教えたいのが、知る人ぞ知るこのACマスターカードだ。
アコムマスターカード

年会費無料 / デザインでアコムのカードだとわからない / パート・アルバイトや派遣社員・主婦でもOK / クレジット利用明細が自宅ではなくATMで受け取れる / 返し方(分割)が自由(お金がある時に払える) / 利用明細は送られてこない / 発行が即日可能(郵送は2~3日)

まずアコムのキャッシングサービスに申し込みをして審査を受け、審査通過後はクレジットカードのみ利用すればよい。キャッシングは利用しなくてもかまわない。ネットで事前申込、夜9時迄全国のむじんくんで最短30分のスピード発行。土日もカード発行可能だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
アコムマスターカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加