creco01

2015年11月に「CRECO(クレコ)」というスマホアプリがリリースされています。複数のクレジットカードを利用している方にとって CRECOはとても便利なアプリです。そしてCRECOは無料で利用できるだけでなく、さまざまな商品や割引券と交換できるCRECOポイントを貯めることもできるのです。

そこで今回は、クレジットカード利用履歴の管理アプリであるCRECOについて解説をします。

無料アプリ「CRECO」はどんなアプリ?

creco02

クレジットカードの利用明細を確認できる

アイ・ティ・リアライズ株式会社は、「CRECO」というiPhone向けの新しいアプリを2015年11月5日にリリースしました。CRECOというアプリ名は、Credit Card Record(クレジットカード履歴)を短縮した造語。その名の通り、CRECOではクレジットカードの利用明細を確認することができます。そしてCRECOは、パスワードを登録するだけで利用できる無料のアプリです。

WebマイページのログインID・パスワードを入力してクレジットカードを登録

CRECOでは、「カード管理」画面からクレジットカード情報を登録することができます。そして登録したクレジットカードの利用明細や各日の利用状況を、いつでも確認することも可能です。なおクレジットカードの情報は、各クレジットカードのWebマイページのログインIDやパスワードを入力する形で登録することになります。

複数のクレジットカードの利用明細を、一画面でチェックできる

多くのクレジットカード会社では、Webマイページ上で毎月の利用明細を確認できるようになっています。しかし、複数のクレジットカードを利用している場合には各クレジットカードのWebマイページにログインしてそれぞれの明細をチェックしなければなりません。そして、当然ログインIDやパスワードも異なりますから、利用明細の確認には手間がかかりがちになります。
一方でCRECOでは、登録したクレジットカードの利用明細を「請求書」画面から一括して確認できます。CRECOの「請求書」画面では、複数のクレジットカードの利用明細をタブの切り替えだけで簡単に閲覧できるのです。もちろん明細ごとにログインIDやパスワードを入力しなおす必要も無いので、複数のクレジットカードの利用明細を確認する場合でも手間がかかりません。

CRECOなら利用明細の金額に応じてポイントを貯められる

creco03

1,000円毎にCRECOポイント1ポイントが付与される

そしてCRECOでは、クレジットカードの利用明細金額にしたがって1,000円ごとに1ポイントが貯まります。もちろんこのポイントは、各クレジットカード会社が付与するポイントとは別に発生します。そのためCRECOでクレジットカードを管理すれば、クレジットカードの利用によるポイント還元率を少しだけ高めることができるのです。

クレジットカードを新たに登録すれば30ポイントをゲットできる

CRECOポイントが付与されるのは、利用明細の金額にしたがって発生する明細取得ポイントだけではありません。新規でクレジットカード情報を登録する度に、30ポイントが付与されます。

CRECOの気になる情報セキュリティ対策

creco04

クレジットカード情報は、重要な個人情報として確実に管理されなければなりません。そしてCRECOは、クレジットカード情報を取り扱うというサービス上、情報セキュリティ対策も万全を期しています。CRECOでは、クレジットカード情報をスマートフォン上だけに保存するシステムを取り入れています。つまり、いわゆるクラウド型のサービスではありません。そのため、インターネット経由で情報が流出する恐れは低いと言えるでしょう。また、データを暗号化して保存することでさらに情報セキュリティ上の安全性を高めています。

CRECOは、パスコード認証かTouch IDによる認証を経なければ利用できません。そしてこの認証は、アプリを起動する度に毎回行う必要があります。そのため端末の紛失や盗難が発生した場合でも、CRECOからすぐにクレジットカード情報を盗み取られてしまう可能性は低いでしょう。ただしアプリ起動時の認証は、「設定」画面で「パスコード省略」をONにすることで省略することもできます。

CRECOに登録できるクレジットカードの種類

creco05

サービス開始当初、CRECOに登録できるクレジットカードはJCBカード、イオンカード、楽天カードの3種類のみでした。しかし現在では、アメリカン・エキスプレスカード、三井住友VISAカード、DCカード、オリコカードをはじめ256種類ものクレジットカードに対応しています。そして対応カードは、今後も追加されていく予定です。なお記事執筆時点では、アプラスカード、エポスカード、MUFGカード、ビューカード、ポケットカードが「最新追加カード」として紹介されています。

貯まったCRECOポイントの使い道は?

creco06

利用明細額1,000円ごとに1ポイントが付与されるCRECOには、「チケットショップ」という機能も組み込まれています。この「チケットショップ」では、貯まったCRECOポイントを「チケット」と交換することができます。さらにこの「チケット」は、さまざまな商品などと交換可能です。つまり貯まったCRECOポイントは、チケットを介してさまざまな商品と交換できるということです。なお、CRECOポイント5,000ポイント以上から交換することができます。

CRECOポイントと交換できる商品の例は以下です。

商品名 交換に必要なCRECOポイント数
ASUS Android タブレット 5,000 Pt
東芝 液晶テレビREGZA
PORTER 3Wayバッグ
CHANEL ピアス
ストウブ 2点セット
オリンパスカメラPENLite 5,000 Pt
CELINEクラッチポーチ
SEIKO メンズ腕時計
Orrefors グラス4点セット
Dyson 空気清浄機 5,000 Pt
デロンギ コーヒーマシン

また上記のような商品の他にも、商品券や宿泊施設の割引クーポンと交換できるチケットも提供されています。

商品名 交換に必要なCRECOポイント数
キッザニアギフト券5万円分 5,000 Pt
一休.com宿泊割引クーポン(5万円分割引)
TDL年間パスポート 10,000 Pt

上記の交換商品があったのですが数量限定・期間限定でした。予定数量が終了した今、交換できる商品はありません。

CRECOで貯めたCRECOポイントは「チケット」だけでなくPeXポイントへと交換可能です

PeXポイントとは、ポイント交換サイトであるPeXで利用することのできるポイントのこと。PeXポイントに交換することで、PeXのサイトでnanacoポイント、Tポイント、ANAマイレージ、Web Moneyなどと交換することができます。またPeXポイントへ交換できる最低ポイント数は、CRECOポイント500ポイント以上からです。またCRECOポイントとPeXポイントの交換レートは、「CRECO 500ポイント→PeX5,000ポイント」です。

PeXポイントは1ポイント当たり0.1円相当です。そのためCRECOポイントとPeXポイントの交換レートから、PeXポイントを経由した場合の CRECOポイントの還元率は0.1%となります。

CRECOポイントはPeXポイントギフトの他に、Amazonギフト券、nanacoギフト、楽天EdyギフトID、NET CASH、Vプリカに交換可能です。

CRECOを利用する際に注意すべきこと

creco07

利用明細で獲得できるCRECOポイントは月に1,000ポイントまで

CRECOポイントの付与には、上限が定められています。利用明細の取得によるポイント上限は月1,000ポイントまでとなっています。ちなみに、1,000ポイントを貯めるにはひと月当たり1,000,000円の利用明細額に達する必要があります。

CRECOポイントが付与されるのは、初めてCRECOをインストールした月以降

CRECOポイントは、CRECOを初めてインストールした月以降の利用明細についてポイントが付与されます。したがって、インストールをした月以前の利用明細分についてはポイントの付与は発生しません。

ただし利用明細の確認自体は、インストールをした月以前のものについても可能です。

CRECOポイントは有効期限がある

CRECOポイントには、有効期限が設定されています。CRECOポイントの有効期限は、「オファーを利用してポイント付与されてから1年間」となっています。つまり利用明細で獲得したポイントは、オファーを利用しない限り1年で失効します。

有効期限を経過してしまった場合には、すべてのポイントが失効となり使用できなくなります。なおポイントの獲得日や使用日については、CRECOアプリの「メニュー」から「ポイント」を開くことで確認できます。

複数の端末への多重登録はできない

CRECOでは、クレジットカードの利用額に応じてCRECOポイントが付与されます。そのため、異なる端末のCRECOアプリに同じクレジットカード情報を登録することはできません。また同じ端末のCRECOアプリに、同じクレジットカード情報を登録することもできません。いずれも、CRECOポイントの二重取りにつながってしまうからです。

また、こうしたCRECOポイントの二重取りにつながる行為が発覚した場合には「いかなる理由があろうとも蓄積された全ポイントが没収となる」旨がCRECOアプリのFAQページに明記されています。

キャッシング利用では、CRECOポイントが付与されない

多くのクレジットカードでは、キャッシングサービスを利用することも可能ですが、キャッシング利用でCRECOポイントは付与されません。キャッシング、金融機関への入出金、年会費などはポイント対象外です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加