「ビックカメラ」では、現金で買い物をするだけで、 10%のポイント還元が受けられます。これだけでも十分な高還元率ですが、実は支払い方法をちょっと工夫するだけで、還元ポイントを増やすことができます。今回はビックカメラで、よりお得に買い物を楽しむための、支払いのコツを紹介します。

ビックカメラで一番お得な支払い方法は?

ビックカメラでは、現金払いで 10%(100円につき1ポイント)のポイントが還元されます。それに対し一般的なクレジットカードで支払いを行った場合、ポイント還元率は8%と少し下がってしまいます。唯一の例外が、ビックカメラとJR東日本系列「ビューカード」が提携したクレジットカード、「ビックカメラSuicaカード」です。「ビックカメラSuicaカード」を使えば、現金払いと同じ10%のポイントを獲得できます。

しかし実はビックカメラでは、クレジット払いや現金払いよりも多くのポイントを貯める方法が存在します。

ビックカメラではSuicaよりnanacoのほうがお得!11.5%以上のポイント還元

「ビックカメラSuicaカード」には、Suica機能が付いています。このカードはSuicaへのチャージを行うことで、1.5%のポイント還元を受けることができます。つまりクレジット機能を使わず、「ビックカメラSuicaカード」のSuicaに必要金額をチャージして、Suicaで支払えば、合計11.5%のポイントが還元されるのです。(10%のビックポイント+1.5%のビューサンクスポイント)
1万円の買い物をすれば1,150円相当のポイントが返ってきます。

ビックカメラSuicaカードを上回る還元率が出せる?

実は、あるクレジットカードで電子マネー「nanaco」にチャージをして「nanaco」で支払うと、「ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージ∔支払い」を上回る還元率になります。

nanacoを使って支払いを行った場合、基本のポイント還元率は 10%です。ビックカメラでのnanaco支払いであればさらに200円につき1ポイントが還元されるので、還元率は合計10.5%となります。(10%のビックポイント+0.5%のnanacoポイント)

しかし特定のクレジットカードを使いnanacoにチャージすれば、ここからさらに還元率がアップ。「ビックカメラSuicaカード」での還元率11.5 %を上回ります。

nanacoチャージにはリクルートカード!ビックカメラで3重取りが成立する仕組み

nanacoへチャージを行うために、おすすめしたいクレジットカードが「リクルートカード」です。リクルートカードの「どこで使ってもポイント還元率1.2%」という特徴を踏まえると、ビックカメラの利用でポイントが貯まる仕組みは以下のようになります。

  ポイント還元率(貯まるポイントの種類)
リクルートカードを使い、電子マネー「nanaco」をチャージ 1.2%(リクルートポイント)
ビックカメラでの買い物で、ビックポイントが貯まる 10%(ビックポイント)
ビックカメラでの買い物で、nanacoポイントが貯まる 0.5%(nanacoポイント)

この場合、ポイント還元率は合計11.7%。わずかですが、「ビックカメラSuicaカード」を上回ります。さらに、「ビックカメラSuicaカード」は2年目以降に477円の年会費(初年度または年に1度以上の利用で無料)が必要なのに対し、「リクルートカード」は年会費永年無料です。

このことから、ビックカメラでの買い物には「ビックSuicaカード」よりも、「リクルートカードを使ってチャージしたnanacoでの支払い」がお得だとわかります。

楽天市場でポイントを使いたいならカードのnanaco払いがおすすめ

ビックカメラではリクルートカードでチャージしたnanacoでの支払いが一番ポイント還元率が高くなりますが、楽天カードでも11.5%分のポイントが貯まります。0.2%分下がりますが、それでも差はわずかです。

楽天カードはJCBブランドのみ、nanacoのチャージに楽天スーパーポイントを付与しています。100円=1ポイント付与なのでチャージ時の還元率は1%です。楽天市場でクレジット決済すると還元率が2%になったり、貯まった楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として楽天系列のお店で利用することができます。もし楽天市場やその系列をよく利用している方なら、貯まったポイントを効率よく消化できるので、楽天カードも視野に入れておくといいでしょう。

 楽天カード

Tポイントを貯めてYahoo!ショッピングで使いたい人はYahoo!JAPANカードがおすすめ

Yahoo!カードもJCBブランドのみ、nanacoのチャージにTポイントを付与しています。楽天カードと同じように、ビックカメラでnanaco払いをすると11.5%還元です。100円=1ポイント付与、チャージ時の還元率は1%です。直接Tポイントが貯まり、Tポイント加盟店で使え、使い道は自由自在。Tカード一体型なのでお財布に入れてもかさばりません。

Yahoo!ショッピングでのYahoo!JAPANカード会員に対するポイントサービスはかなり充実しており、Yahoo!ショッピングにおいてはつねに還元率が3%、ショップによっては20倍以上が当たり前の店も多いTポイント増殖にもってこいのカードです。Amazonなどと値段を比べた結果、価格はamazonの方が高くても、yahoo!ショッピングで貰える倍増ポイントを差し引いたらYahoo!ショッピングの方がお得になった…というケースもめずらしくありません。Yahoo!ショッピングをよく利用している方なら、一枚お財布の中に入れておいても損はないカードです。

 Yahoo! JAPANカード

◆電子マネーを使い「ビックカメラ」で買い物をした場合の比較◆

  ビックカメラSuicaカード
リクルートカード
楽天カード(JCB)
Yahoo!JAPANカード(JCB)
年会費 477円(税別)
※初年度または年に1度以上の利用で無料
無料
利用する電子マネー Suica nanaco
ビックポイント還元率 10%(ビックポイント)
電子マネーのチャージ時に
おけるポイント還元率
1.5%
(ビューサンクスポイント)
1.2%
(リクルートポイント)
1%(楽天スーパーポイント) 1%(Tポイント)
電子マネーでの支払い時に
おけるポイント還元率
なし 0.5%
(nanacoポイント)
合計ポイント還元率 11.5%
(10%のビックポイント
+1.5%のビューサンクスポイント)
11.7%
(10%のビックポイント
+1.2%のリクルートポイント+0.5%のnanacoポイント)
11.5%
(10%のビックポイント
+1%の楽天スーパーポイント+0.5%のnanacoポイント)
11.5%
(10%のビックポイント
+1%のTポイント+0.5%のnanacoポイント)

ちなみに「リクルートカード」という名前ではありますが、就職活動中の方を対象としたカードではありません。学生および、本人または配偶者に安定した収入がある18歳以上の方であれば申込み可能です。

注意:リクルートカードにnanacoは付いていません。可能なのは「nanacoへのチャージ」のみなので、11.7%のポイント還元を受けるには、事前にnanacoカードを手に入れておく必要があります。nanacoカードはセブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭カウンターで、すぐに受け取ることができます。(発行料300円)

nanacoはチャージ上限額が5万円。家電も購入しやすい!

nanacoで支払うメリットは、チャージ上限額の高さにあります。Suicaのチャージ上限額は2万円ですが、nanacoの上限額は5万円ですので、比較的高額な電化製品でも購入しやすいと言えます。価格が5万円を超える商品を購入する場合、5万円分はnanacoで、残りを現金やクレジットカードで支払うことも可能です。「リクルートカードでのnanacoチャージ+nanaco支払い」で上限額5万円をすべて使い、ビックカメラで支払いを行った場合、合計還元ポイントは5.850円相当です。

ポイントで浮いたお金を使って、またお買い物ができそうですね。

なお、nanacoは「セブンイレブン」「イトーヨーカドー」などの他、「西武・そごう」や「デニーズ」などで利用できます。

リクルートカードはnanacoチャージだけではなく、日常のメインカードとしても最適

いつでもどこでも1.2%ポイント還元のリクルートカードは、ビックカメラでの利用はもちろん、日常のメインカードとしても最適です。
ポイントの貯まりやすさで人気の高い楽天カードの還元率が「1.0%」であることを考えると、リクルートカードの還元率の高さがわかります。

また、リクルートカードで貯まるリクルートポイントはpontaポイントに交換できます。コンビニのローソン、ケンタッキー・フライド・チキン、ゲオなどpontaポイントが使えるお店で1ポイント1円としてお買い物時に利用できます。
注意:ローソンで、リクルートポイントを使うことはできません。リクルートカードのインターネット会員サービス「Ponta Web」でリクルートポイントをPontaポイントに交換する必要があります。

 リクルートカード

まとめ

ビックカメラで買い物をするなら、「リクルートカードor楽天カードorYahoo!JAPANカードを使ってnanacoチャージ+nanacoでの支払い」で、最高11.7%のポイント還元を受けられる!ということを覚えておいてください。

クレジットカードと電子マネーnanacoを上手に使って、お得にポイントライフを送りましょう!


リクルートカード
「リクルートカード」は年会費無料カードで業界最高水準の還元率1.2% / nanacoチャージでも Edy チャージでも 1.2%還元 / 「じゃらん」の旅行代にポイントが使える / 100ポイント単位でPontaポイントに交換可能! / Pontaポイントとの相互交換開始でPontaポイント貯める最有力カードに浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
リクルートカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加