ANAのマイルを効率よくためていただくためには、クレジット機能が付いたANAカードの利用ははずせません。ANAカードでお支払いをしていただくだけで、ANAのマイルをためていただくことができます。ポイント機能が付いたクレジットカードはたくさんありますが、ANAのマイラーの方や、旅行好きの方には、ANAカードのご利用をおすすめしたいと思います。

 一口にANAカードと言いましても、異なる機能を持つカードがいくつも用意されていますので、その中から最初にご自分のライフスタイルに合うものをお選びいただくことがとても大切です。既にANAカードをお持ちだという方にも、ANAカードの種類の切り替えも踏まえまして、ANAカードの種類についてご検討いただきたいと思います。

 まず、ANAカードには、一般カードとゴールドカードといった大きな枠組みがあります。一般カードの中で最もオーソドックスなカードは、「ANAカード(一般)」になり、国際ブランドも「JCB」、「MasterCard」、「VISA」の中からご自由にお選びいただくことができるようになっています。「ANAカード(一般)」では、電子マネー「Edy」をご利用いただくことができます

 年会費はカードの本会員が2,000円(税抜)、家族会員が1,000円(税抜)となっています。原則としまして18歳以上(学生を除く)で日本国内での支払いが可能であることがお申込み資格となっています。

 「JCB」をお選びの場合、「Oki Dokiポイントプログラム」のご利用となり、「ETCカード」、「QUICPay(クイックペイ)」をご利用いただくことができます。

 「MasterCard」及び「VISA」をお選びの場合、「ワールドプレゼント」のポイントプログラムのご利用となり、「ETCカード」、「三井住友iD(ケータイ)」をご利用いただくことができます。

 それぞれポイントプログラムからマイルへは移行手数料がかかるコースとかからないコースとがあります

 マイルへの移行は1ポイント分から可能で、1,000円のカードのご利用で1ポイントの加算、これを5マイルに移行していただくことができる「5マイルコース」をお選びの場合、マイルの移行手数料は無料となります。しかし、1,000円のカードのご利用で1ポイントの加算、これを10マイルに移行していただくことができる「10マイルコース」をお選びの場合、マイルの移行手数料は有料となります。移行手数料はお選びいただいた国際ブランドによって異なり、「JCB」をご利用の場合は、5,000円(税抜・年度ごと)、「MasterCard」及び「VISA」をご利用の場合は、6,000円(税抜・年度ごと)になりますので、ANAカードの国際ブランド選びの際にはこの点も一度お考えになられることをおすすめいたします。

5マイルコースか10マイルコースかは、年会費、移行手数料、利用金額を考慮して決めるのが鉄則です。

 海外旅行がご趣味だという方の場合は、特にご存知かと思いますが、地域によっては「JCB」ブランドのカードを取り扱っていないショップも多くなっていますので、ご利用になられるご予定の場所に合わせてお選びになられるとよいでしょう。

 また、自動付帯保険は海外旅行保険で最高1,000万円、国内航空損害保険で最高1,000万円となります。ただし、自動付帯保険では、傷害による死亡・後遺障害・救援者費用のみが対象となります。

 ANAカード(一般)では、入会時・継続時にそれぞれ1,000マイルを加算、また搭乗ごとに区間基本マイレージの10パーセントのボーナスマイルを受け取ることもできるようになっていますので、ショッピング等のご利用がない場合でもANAマイレージクラブカードのみをご利用になられるよりも、多くのフライトマイルを受け取っていただくことができるようなっています。


こんなマイルの貯め方や使い方も
マニアだけが知っている JAL・ANAの国内線特典航空券を少ないマイル数でゲットする裏技!


ANAカードの選び方
JCBカード、VISA/マスターカード、VISA Suicaカード、AMEXのどれを選びますか? 効率よくマイルが貯まるANAカード!利用シーン別に徹底調査。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
ANAカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加