ANAのフライトマイルは、国際線のANA便にご搭乗いただくことでも、提携航空会社の国際線にご搭乗いただくことでもためることができますが、ここでは、ANA国際線にご搭乗の場合のマイルについてお話をさせていただきたいと思います。

 ANA国際線の場合は、航空券のクラス及び積算対象航空券のブッキングクラスによってマイルの積算率が変わってきます。航空券のブッキングクラスは航空券に記載されていますので、参考にしていただきたいと思います。

 国際線の航空券の場合は、旅行会社などを通して予約される際に、団体旅行用の航空券を格安航空券としてばら売りしている場合もありますので、正規割引航空券以外をお求めの場合には、ご購入前に一度旅行会社の方にマイルは積算可能かどうか確認されることをおすすめいたします。

 ANA国際線ファーストクラス(普通運賃:積算対象ブッキングクラスF・A)では、積算率は、基本マイレージの150%となります。

 ビジネスクラス(普通運賃及びビジ割運賃:積算対象ブッキングクラスP・C・Z・J・D)では、マイルの積算率は125%となります。

 エコノミークラスでは、積算対象ブッキングクラスによって積算率は3つにわかれます。

 普通運賃、エコ割プレミアム、プレミアムライト運賃(積算対象ブッキングクラス:E・Y)では、マイルの積算率は100%となります。

 ペックス運賃、ANAエコ割運賃など(積算対象ブッキングクラス:B、M、U、H、Q、V、W、S)では、マイル積算率は70%となります。

 割引運賃、包括旅行運賃など(積算対象ブッキングクラス:L、T、K)では、積算率は50%となります。

 ANAの国際線では、ブッキングクラスがO、I、R、X、Nとなっているもの、無償航空券、特典航空券、各種優待割引航空券に関しましてはマイル積算の対象外となります。

 国際線ではアップグレードの際に差額の支払いがない場合(特典などによてアップグレードした場合)、マイルの積算率は、ご購入いただいた航空券のクラスに準じます。また、チャーター便でのご搭乗の場合、対象はANA便のみで、積算率は利用クラスにかかわらず基本マイレージの50%となります。

 基本的に航空券の運賃が高くなればなるほどフライトマイルの積算率も高くなりますが、国際線では、比較的購入しやすい正規割引運賃をご利用でもブッキングクラスによってマイルの積算率が変わってきますので、運賃だけでお選びになられるのではなく、マイル積算率も合わせてご購入の検討をおすすめ致します。


ANAカードの選び方
JCBカード、VISA/マスターカード、VISA Suicaカード、AMEXのどれを選びますか? 効率よくマイルが貯まるANAカード!利用シーン別に徹底調査。


マイルのお得な貯め方・使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
ANAカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加