ANAカードには、VISA、MasterCard、JCB以外の国際ブランドである「アメリカン・エキスプレス」を利用した「ANAアメリカン・エキスプレスカード(一般)」も用意されています。

 「ANAアメリカン・エキスプレスカード(一般)」では、原則としまして20歳以上で定職をお持ちであることがお申込み資格となっています。年会費は本会員が7,000円(税抜)、家族会員が2,500円(税抜)となっています。

 ポイントプログラムは「ANA・アメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード」となり、100円につき1ポイントを1マイル(1000ポイント=1000マイル)に移行していただくことができるようになっています。また、ANAグループをご利用の際には、ポイントが1.5倍の加算となりますので、ANAグループをよくお使いになられるという方に特におすすめいたします。

 ポイントからマイルへの移行手数料は有料となり、年間6,000円(税抜)で、自動更新となっています。マイルへの移行は1,000ポイント=1,000マイル分からとなります。

 また、「ETCカード」及び「Edy」のご利用いただくこともできます。

 自動付帯保険は、代金を「ANAアメリカン・エキスプレスカード」でお支払いいただいた場合に限り、海外旅行損害保険で最高3,000万円、国内旅行損害保険(国内航空損害もこちらで補償)で最高2,000万円となりますが、いろいろと条件がありますので、ご入会前後によくご確認されることをおすすめいたします。また、海外旅行損害保険の補償は傷害死亡・後遺障害のみの補償となり、国内旅行損害保険に関しましても条件があります。

 ANAアメリカン・エキスプレスカード(一般)もANAカード(一般)同様、入会時・継続時にそれぞれ1,000マイルを加算、また搭乗ごとに区間基本マイレージの10パーセントのボーナスマイルも受け取ることができるようになっています。ANAグループご利用でのポイントが1.5倍となりますので、普通のショッピングでのご利用だけではなく、ANAグループをよく利用されるという方にはこちらのANAカードをおすすめいたします。


こんなマイルの貯め方や使い方も
マニアだけが知っている JAL・ANAの国内線特典航空券を少ないマイル数でゲットする裏技!


ANAカードの選び方
JCBカード、VISA/マスターカード、VISA Suicaカード、AMEXのどれを選びますか? 効率よくマイルが貯まるANAカード!利用シーン別に徹底調査。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
ANAカード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加