アメリカン・エキスプレスのプロパーカードに「アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)」と「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」があります。グリーンは年会費12,000円(税抜)、ゴールドは29,000円(税抜)。年会費に差があるように、ゴールドのほうがカードとしてのステータス性は高いわけですが、具体的にどのような点がグリーンよりも勝っているのでしょうか?両者のサービスの違いを比べてみました。

グリーンとゴールドのサービスの大きな違い

海外旅行傷害保険の補償額。ゴールドは自動付帯。

グリーンは海外旅行損害保険が最高5,000万円です しかし利用付帯なので、カードで旅行費の一部を支払わなければ適用されません。そのかわりゴールドはカードを利用せずとも最高5,000万円まで自動付帯されます。カードを利用すれば1億円まで補償額がアップします。

ゴールドのみのサービス タクシー送迎サービス

海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MKグループ)の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定の場所と空港との間の送迎を格安の定額料金にて提供してくれるサービスのことです。

ゴールドのみのサービス キャンセル・プロテクション

ゴールドには「キャンセルプロテクション」という保険が付帯します。急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償するサービスです。これはグリーンにはありません。

メンバーシップトラベルサービスはゴールド専用デスク

ゴールドの場合は、メンバーシップトラベルサービスゴールドデスクになります。デスクが違います。例えば、グリーンは土曜日は使えませんが、ゴールドは使えます。

会員誌「IMPRESSION GOLD」

ゴールド・カード会員に上質で新たな発見をもたらす“トラベル&エンターテイメント”をテーマとした会員誌 「IMPRESSION GOLD」をウェブサイトにて閲覧できます。国内外の旅の情報、さまざまなイベントに関する特集記事をはじめ、ホテルやレストランなど加盟店のご優待情報 など、ゴールド・カード会員にふさわしい情報が満載です。

これを見てわかるように、アメックスのグリーンとゴールドには、実はそれほど大きなサービス内容の差はありません。大きな違いは上記くらいです。グリーンの年会費は12,000円(税抜)、ゴールドは29,000円(税抜)なので、17,000円ほどゴールドのほうが高いということになります。

プラチナを目指すならゴールドから

それほど年会費に差があるのにサービスの差はこれだけ?と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、もっとも大きな差は「ステータス」です。アメリカン・エキスプレスのカードは日本で初めてゴールドカードを作った会社です。そのアメックスのゴールドを持つ、ということそのものに価値を見出す方に「ゴールド」は向いているといえます。

また、アメックスの上位カードにはプラチナとセンチュリオンが控えています。どちらもインビテーション(アメックスからの招待)が必要なカードです。上位カードを目指すのであれば、ゴールドで利用実績を作り、インビテーションを待つことになります

純粋にコストパフォーマンスの高さを追及するのであれば、ゴールドではなくグリーンで十分かもしれません。キャンセルプロテクションや送迎タクシーサービスはありませんが、海外旅行関連の主要なサービスはゴールドとほぼ変わらず充実しています。プラチナのインビテーションは目指さない、ゴールドだけに提供されている特典が特に必要ないなら、グリーンで十分ではないでしょうか。


アメリカン・エキスプレス・カード
旅行に行くならこのカード。最上級のサービスはアメリカン・エキスプレス。


【サイト限定】<アメリカン・エキスプレス・カード> (グリーン) 今なら初年度年会費無料キャンペーン実施中!

【サイト限定】<アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード> (ゴールド) 今なら初年度年会費無料キャンペーン実施中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

特徴・機能別クレジットカード

  • 高還元率!お得なカードはこれだ!
アメリカン・エキスプレス・カード
公式サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加